カート
ユーザー
お問い合わせ
お買い物ページ
カテゴリー
コンテンツ一覧

全商品

27商品
  • 合歓 -Nemu-
    合歓 -Nemu-
    12,000円(税込13,200円)
    甘酸っぱい青い果実にやわらかなパウダリー感のある合歓の花の香り。ひとときお部屋でやすらぐ時に。
  • ひょうげ -Hyouge-
    ひょうげ -Hyouge-
    12,000円(税込13,200円)
    16世紀の茶人、古田織部の由来を持つこの香りは、ほろ苦い抹茶のグリーンがすっきりとしています。
  • <img class='new_mark_img1' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons55.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />紫の上 -Murasaki no Ue-
    紫の上 -Murasaki no Ue-
    12,000円(税込13,200円)
    上品なフローラルアコードが気持ちを明るく引き立てます。「紫の上」のようにほんのりつけて。
  • 桜 -Sakura-
    桜 -Sakura-
    16,000円(税込17,600円)
    明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化します。
  • 苔清水 -Koke Shimizu-
    苔清水 -Koke Shimizu-
    12,000円(税込13,200円)
    さわやかな柑橘の香りにやわらかい苔と清水の瑞々しい青葉の香り。
  • <img class='new_mark_img1' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons55.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ブラックピオニー -Black Peony-
    ブラックピオニー -Black Peony-
    12,000円(税込13,200円)
    黒い牡丹のように重厚感のあるセクシーアンバー、ウッディ、オリエンタル。
  • <img class='new_mark_img1' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons55.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />夜の梅 -Yoru no Ume-
    夜の梅 -Yoru no Ume-
    12,000円(税込13,200円)
    夜の梅の花の香りが甘く始まり、しだいに匂い袋のようなウッディへ変化。
  • 睡蓮 -Suiren-
    睡蓮 -Suiren-
    12,000円(税込13,200円)
    夏の夜明け、睡蓮の透明感のあるグリーンが柔らかく広がります。
  • MOTHER ROAD 66
    MOTHER ROAD 66
    12,000円(税込13,200円)
    シトラスと南仏のハーブのすっきりした香り。清潔感のあるラストノートです。
  • MUSK BLUE
    MUSK BLUE
    12,000円(税込13,200円)
    ため息のようにセクシーなムスクアンバーの香り。
  • 茶壺型香水さとり 桜柄
    茶壺型香水さとり 桜柄
    100,000円(税込110,000円)
    春の盛りの喜び、散り際の美しさを愛でられ、日本を象徴する「桜」の図柄の茶壷に「さとり」を納めました
  • ギフトラッピング
    ギフトラッピング
    300円(税込330円)
    ギフトラッピング、メッセージカード、お届け先指定ができます。
27商品中 1 - 12表示

香水をお探しの方へ

パルファン サトリのコレクションを、香りの分布図(上下は軽さ、左右は甘さの指標)の上に表しています。
シトラスタイプ、フローラルタイプなど図に重ねられた香水のタイプも参考に、あなたにふさわしい香りをお選びください。

パルファン サトリの匂い立ち

日本の四季は細やかに移ろい、独特の情緒をはぐくみました。
私たちは、季節とともに訪れる繊細な花や緑の香りを慈しみ、雨や雪の匂いまで文化に反映させてきたのです。
そんな美しい日本の情景を香りに織り込んだ、パルファン サトリのコレクションは、そこはかとなく漂う優しいトーンの香りです。

パルファン サトリでは、トップの魅力を大切にするのはもちろんのこと、ミドルからラストにかけてこそ香水の真価があると考えています。
時間とともに香りの物語を心地よく楽しんでいただけるようにデザインしています。