PARFUM SATORI®︎

茶壺型香水さとり

SATORI: The Perfume

香りのイメージ

同じ重さの黄金より価値のある最高の沈香木・伽羅の香り。その香りが一本の道筋となって香炉から立ち上るさまを、女性の凛とした姿勢になぞらえています。
和室では、光のやわらかなほの明るさに立居振舞がより美しく映えます。さらさらとした衣擦れを余韻として、立ち去った後の静寂にその女性の面影を追う・・・そうした日本の美意識をこの香りにこめました。

さとりの意味

さとりは、この香水のデザイナーの名前であると同時に、紀元前5世紀を起源とする仏教の用語でもあります。その意味は「迷妄を払い去って生死を超えた永遠の真理を会得すること。物事の真の意味を知ること」で、「禅」はこの境地にいたるために行われる、13世紀に始まる日本の思想であり哲学なのです。

禅と茶道

16世紀の日本、千利休は茶道と禅と一体化させて修行としての茶道を確立しました。それは単に茶をいれて飲むだけでなく、生きていく目的や考え方、宗教であり、使われる茶道具や茶室に飾る花や書、お香にいたるまで、広い分野にまたがる総合芸術として現在まで続いています。

壷型香水瓶のいわれ

17世紀の日本、お茶は大変貴重なものとして美しい茶壷に大切に収められ、年に一度、京都から江戸の徳川家将軍へ、大名行列のように運ばれ献上されました。
この香水瓶は、日本の伝統的な茶壷のデザインから、パルファンサトリがオリジナルで作成したものです。

紐飾りについて

日本には「封じ結び」というさまざまな紐飾りがあり、伝を授けぬ者には決して解けない様に結ばれていました。それは財宝を保管するための鍵であり、開けずとも中身が判別できるような符牒の役割を果たしていました。
正面、右、左、の紐飾りは「真・行・草」と呼ばれ、これらは美しいだけでなく禅の世界観を表しています。

桐箱について

桐は湿気を通さず、割れや狂いが少なく、耐火性にすぐれているという特徴から、美術品を収納する箱として古くから使われてきました。日本では2000年の歴史があり、骨董界においては箱そのものにも価値があるとされています。

ウコン染布(包み布)

ウコン(ターメリック)には、古来、防虫、防腐効果が確認されています。染料としては平安時代から使われ、インドの僧侶が着用する袈裟もウコンによって染色されています。素材である木綿は、デリケートな漆や焼き物などの表面を傷つけることなく磨くことができ、大切な美術品などを保管するときも、この布で包んで桐の箱に収めるのが慣わしとなっています。

真田紐

戦国武将の真田家が考案したとされるこの紐は、伸びにくく丈夫なので、しっかりと物を縛るのに適しています。主にお茶道具の桐箱の紐・刀の下げ緒・鎧兜着用時の紐・帯締め・帯留め用の紐などに使用されています。家紋の様にそれぞれの決められた柄があるため、紐をみただけで個人や流派などを判定することにも役立っています。

さとり香水と和の容れ物(

さとり香水に込められた思いと重ね、香りに相応しい容れ物として、壷をはじめとする日本の伝統工芸を用いました。

香りについて

香調

辛・苦・甘・酸・鹹(しおからい)の五味を持つといわれる最高の沈香木・伽羅の香。この五味のうち、辛味は肉桂(シナモン)・丁子(クローブ)のスパイシー、苦味は可可阿(カカオ)、甘味を香草蘭(バニラ)でそれぞれ表現。酸と鹹は、苦橙(ベルガモット)と樫の木の苔(オークモス)のシプレーをわずかに使うことで陰翳を深めました。 これらの五味を白檀(サンダルウッド)や乳香(オリバナム)を中心とするウッディでまとめあげ、全体として優しさとあたたかさを醸し出すよう調合。伽羅の香りに象徴される和の世界観を表現しています。

伽羅とは

香道、仏事などで使われる沈香(沈水香木)の中で最高級のものを指します。沈香は、東南アジア原産の沈丁花科の樹木が、傷口を守るために樹脂化した部分で、熱すると独特の芳香を放ちます。日本には6世紀に仏教の伝来とともに入ったとされ、また日本書紀には、淡路島に漂着した巨大な香木が推古天皇に献上されたという記録があり、今も国宝(蘭奢待)として正倉院に納められています。
「さとり」は伽羅をイメージした香水であり、伽羅そのものは原材料に入っておりません。

タイプ

タイプ ウッディ・オリエンタル
トップノート ベルガモット、コリアンダー
ミドルノート シナモン、クローブ、カカオ、バニラ
ラストノート オリバナム、サンダルウッド、オークモス、アガウッド

さとり

種類 パルファン(香水)

この商品を購入する

60ml
価格 100,000円(税別)
主成分 エタノール・香料・水
茶壷サイズ 9cm×7cm
茶壷絵柄 梅・藤・さくら
その他 桐箱・真田紐・黒紙化粧箱

関連情報

  • 携帯用アトマイザー

    携帯に便利なアトマイザーのご紹介です。

  • コレクション

    ブラックラベルやオリジナルフレグランス、アイテム等、パルファン サトリオリジナルの製品をご紹介します。

  • satori

    さとりの香りをオードパルファンで。

一つの香りで3つの絵柄

この茶壷に描かれた3種の柄は、特に日本を代表する花々です。

梅 Ume:Fleur de Prunier

梅は、他に先駆けて咲く春を告げる花として、香りとともに人々を魅了しました。その姿は、貴族の紋章、着物の文様、器物のデザイン、絵画の題材などとして日本文化に広く使われています。

藤 Fuji:Fleur de glycine

紫色の藤は、代表的な日本文学、源氏物語の主題となっている花です。千年前の古都を舞台に繰り広げられた王朝絵巻のなかで、藤はみやびでたおやかな中に、秘めた強さを持つ高貴な花です。

桜 Sakura:Fleur de cerisier

7世紀の万葉の時代から、桜は春の盛りの喜びとともに、散り際の美しさをことのほか愛でられ、日本を象徴する花とされています。

  • box
  • rope
  • handkerchief
  • atomizer