Parfum Satori

香水のまめ知識の最近のブログ記事

極東から見たオリエンタル・タイプとは Orientaltype

20160802地球儀.jpg


Q:あなたの感じる東洋の世界と、西洋で考えるオリエンタルの違い、そしてその香調の受け止め方はどのようなものですか?


A:その視点は西洋の国で捉えられているオリエンタル・東洋の世界とは若干違っているかもしれません。

ヨーロッパの人たちから見て、オリエントは神秘の国だったのでしょう。東の方といっても、中近東から東南アジアまで含めたエリアのイメージが混ざって、一体となったもののようです。

したがって、香水の世界で言うオリエンタル香調の骨格は、東南アジアのスパイス、ウッディや、中近東を思わせる樹脂のバルサミックな甘さ、バニラやアニス調のパウダリースイート。

さらにアニマル、レザーなどの重厚さを出す素材で、エキゾチックを表現したものではないでしょうか。

 

日本は長く鎖国状態にありましたから、ヨーロッパからは一層遠い未知の国であり、西洋で言うオリエンタルの香りには投影されにくかったと思われます。


私が感じるオリエンタルは、もう少し東寄りの極東アジア。同じアジアでも、地理や気候、宗教、文化が違いますのでイメージも異なります。

西洋の香水におけるオリエンタル、「東」の世界の香調は、日本から見れば、むしろ「西」寄りなのです。

 

当然、嗜好も異なりますので、オリエンタル香調との差を感じずにいられません。

四季のある、そして夏には独特の湿度のある気候だからこそ、ドライな香りを好むのです。食文化をみても、その違いは明らかなのではないでしょうか?



(この記事は過去のプレス・インタビューから、回答を編集して掲載しました。)

香水の非常識 Bad manners

夜景1.jpg

神宮前のあるカフェで、もとアシスタントのR子ちゃんと食事をした。

4人掛けのソファ席に2人で座った。店はまだすいている。
席は顔のあたりまでの高さの壁で仕切られていて、私たちが席に着いた時、壁の向こうは誰も座っていなかった。

スパークリングワインを乾杯して前菜を食べ始めた頃、突然、強いニオイが漂ってくる。
二人で顔を見合わせて、「なにこれ・・」と絶句。

ウォータリーなグリーンが、あたかも霧状になって目に見えるかくらいの強さで拡散し、下の方に鋭いアニマリックな臭いが流れ込んでくる。

まるで掃除の行き届かないトイレに、安っぽい芳香剤を撒いて混ざったかのような、本当に耐えがたい悪臭である。

もはや香水をつけすぎた人が発するレベルではない。


『これはなんだ、どこから来るんだろう』
思わずナプキンで鼻と口元を覆う。
連れのR子ちゃんは、
「この店にはよく来ますが、ここのトイレはこんなニオイじゃありませんよ」
という。

見渡すといつの間にか隣のボックスにカップルが座っている。
どうもその男性のほうから臭って来るようである。

私たちは次の皿が来るまで、ヒソヒソとその香りをディスクリプションしながら我慢していたが、ついに堪(たま)らず店の人に頼んで席を変えてもらった。

 

あまりネガティブな話題は書きたくないのだが、本当にひどい目に遭った。
こうゆう人がいるから、「香害(こうがい)」といって問題になったり、香水嫌いの人が出てきたりするのだ、と腹立たしく思う。

寿司屋のカウンターで、香水を過度につけた女性が隣に来た時も非常に不愉快である。

香水が悪いわけではない。
使い方が適正ではない人がいることが問題なのだ。


やれやれと新しい席で食事を続け、最後のデザートを食べる頃になって、またあの香りが通り抜けた。

どうも件の男性が化粧室に行くために前を通り過ぎた模様。
しばらくすると、ニオイを振り撒きながら、やはりあの彼が席に戻っていくのが見えた。

 

同じ匂いを嗅ぎ続けているとだんだん自分では感度が下がり、つけすぎることがある。
一緒にいる彼女は平気なんだろうか?すでに麻痺している?

しかし尋常ではないつけ方であるし、香水としてのバランスが酷(ひど)い。
おそらく、この方は日常的に洋服の上から繰り返し付け直しているのではなかろうか。

香水のトップノート、ミドルノートが消えた後も残る、アニマリックなラストノート(残り香)。
その上にさらに何回も香りがかぶさって、ラストのアニマルノートが凝縮し、不快臭に発展したのではないかと推測する。


仮に肌の上なら入浴のつど洗い流されるので、ラストノート(残香)が濃縮されることはあまりないが、ジャケットはクリーニング回数が少ないだろう。
それに、繊維に残った香りはなかなか取れないものだ。

 

本人は香りに鈍感なっているので、着衣の上からさらにたっぷりと香水を振りかける。

結果、トップノートが盛大に拡散し、着衣に蓄積したアニマルノートとあいまって、バランスの崩れた香りになるのである。

 

ウォータリーなグリーンも、ほどよい強さなら爽やかだし、アニマルも僅かであればセクシーだ。
外見は若い爽やかな好青年であるだけに、間違った香りの使い方にはまったく残念な感じ。

 

がんばって魅力的に見せようとするあまり「逆効果」ということがないように、香水のつけすぎには気を付けたいものだ。

「あれ?いい匂いだけど、もうちょっと近くによって香りを嗅いでみたい」と思うくらいのほうが効果的なのである。

 

 

年末年始のお休みのお知らせ➤12/28~1/5まで、サロンをお休みさせていただきます。

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

➤パルファンサトリの香りにご興味のある方にサンプルをお送りしています。 →今月は「satori」

 

香水作りについてMAKING SENTS /IFRA

130111パルファンサトリフレグランスデザインスクール.jpg

 

香水は何でできているのでしょう?
どうやって作られるのでしょう?

多くの人が不思議に思っていることを、やさしく説明したIFRA(イフラ)のビデオがあります。
わかりやすく、面白いと思いました。

➤IFRA 作成のアニメビデオをみる→「香水作りについて」MAKING SCENTS 日本語版

➤IFRA 作成のアニメビデオをみる→「香水の中身について」NO SECRETS 日本語版

 

ムエットについて mouillette ②

121012ムエット白.jpg

この白い細長い紙は、ムエット(匂い紙・scent strip,smelling-strip)といいます。
香料や香水のにおいをかいで評価するための紙です。

 

昨日は、店頭などに並んでいるブランドの広告用ムエットを紹介しましたが、通常ラボで使うムエットは白く、細長い、少し厚いこのような形をしています。

ムエットについて mouillette

121011ムエット1.jpg

香料や香水のにおいをつけて、香りを評価するための紙を、ムエット(匂い紙・scent strip,smelling-strip)といいます。

アトリエで調香するときや教室では、通常白い細長い紙を使いますが、ブランドの店頭にはもっと幅広の、いろいろな形のものがおいてあります。

これらには、香水のイメージを見た目で伝えるため、香水名が書いてあったり、ボトルをかたどったりと、さまざまな情報が盛り込まれています。

夏休自由研究「香水」④イメージ 

Formula.jpg

 

香水のイメージ

 

さて香水はどのようにできているのでしょう?

 

まず香水のイメージを考えます。たとえば「さくら」の香りなら、「花霞」や「儚く淡いピンク」「うすい花びら」といったいくつかのキーワードに置き換えて構成を考えます。たとえば「花霞」や「儚く淡いピンク」「うすい花びら」といったように。

夏休自由研究 「香水」 ③ Materials 

スミレ.jpgローズドメ.jpgジャスミン.jpgスパイス.jpg

 

香水の原料

古い時代、初期のころの香水は「バラやジャスミン、スミレ」などの花、「レモンやオレンジ」のかんきつ類、植物から採った香料を中心にシンプルな組み合わせで作られていました。

また、「白檀」のような木の香りや、「ムスク」などの動物性香料も持続力を高めるために入れられています。

 

 

夏休自由研究 「香水」 ② way of incense

20120829香炉.jpg

 

日本の香り

 

日本には、6世紀の仏教の伝来とともに「沈香木(じんこうぼく・じんすいこうぼく)」が入ってきました。

 

夏休自由研究 「香水」 ① the history of the perfume  

120828グラース香水博物館.jpg

 

夏休みなので、学生の頃を思い出してこんなレポートを書いてみました。 

 

 

PERFUME(パフューム)の語源は、Per Fumum(ペル・フムーム)。「煙(Fumum)を通して(per)」というラテン語から由来しています。

 

スパイスや香草などの貴重な香料を、宗教的な儀式に使用したのがその始まりです。香を火で焚いて、煙が天に昇っていくその一本の道筋に、古代の人々は祈りを託したのでした。

二つの香水を混ぜて使ってもいい?Question

20120626オルガン.jpg

Q. 2種類の香水を、自分で混ぜて使ってもいいのでしょうか?

 

A. 一般にはお勧めできません。

 

一本の香水は、100以上の香料で処方されています。
それらは熟練した調香師によって、心地よい香りになるように、絶妙なバランスで構成されています。

ほんの十万分の一の香料が入ることによって、香りが劇的に変わったりします。
それぞれは完成した香りですので、二つ以上を合わせるとそのバランスが崩れてしまいます。

例えばおいしいからといって、カレーとスキヤキの二つを混ぜ合わせたら、両方が台無しになってしまいますよね?

自分でミックスするように計画された香水セットのような商品は別として、やはり名香はひとつづつ楽しまれる方がよいでしょう。

 

 

パルファンサトリの香りを少しづつお試し戴けます。女性向きの優しい香りA、男性にお勧めのさわやかなB「10本レフィル」香りのマナーブック付き。3150円送料無料 

☆パルファンサトリの香水の知識➤香水と調香のはなし

 

最初の香水を選ぶなら (男性編)

120210ホテル.jpg

 

 

もしあなたが今まで香水をつけたことがなくて、試してみたいと思うなら、シェア・フレグランスと言われる、さっぱりとしたものを選んでみてはいかがでしょう。

 

「シェア・フレグランス」は同じ香りを分かち合える、男女共有できる香水のことで、ユニセックス・フレグランスともいわれます。

女性にも付けられて、あっさりした香りが初めはつけやすいものです。
やわらかくて軽い香りは、そばにいる人にも違和感なく受け入れられ、安心感を与えます。

典型的なメンズ香水のフゼア、シプレ、オリエンタルタイプの海外ブランド香水は日本の気候では重くなりがち。

気負いすぎて量をたくさんつけるのもNGです。余裕を感じさせる大人のつけかたをしてください。

あまり親しくない相手から、いきなりセクシーな香りが強く匂ってきたら相手は引いてしまうかも。

「いいにおい、何の香りだろう?」と思わず近寄ってかいでみたくなるような香りに魅かれるものなのです。

 

香水の匂い立ち④ラストノート(Last Note)

1200203サンダルウッド.jpg

「匂い立ち」とは、「時間が経つにつれて香りが変化すること」です。

 

トップ・ノートからつづいたミドル・ノートが終わると、残香(ざんこう)、残り香(のこりが)とも呼ばれるラストノートになります。

この部分は、蒸発の遅い(沸点の高い芳香分子)でできている香料で構成されます。

 

香水の匂い立ち③ミドルノート(Middle  NOTE)

1200201しゃくやく.jpg

 

「匂い立ち」とは、「時間が経つにつれて香りが変化すること」です。

トップノート(TOP NOTE)に続いて、ミドルノートと呼ばれる香りが始まります。
30分ほどして、香りが落ち着いてきた頃からの香りです。


香水の匂い立ち②トップノート(TOP  NOTE)

120131夏ミカン.jpg

 

「匂い立ち」とは、「時間が経つにつれて香りが変化すること」です。

 

一番初めに匂い立つ香り、これをトップノート(TOP NOTE)と言います。
香りの第一印象になります。

香水の匂い立ち①香りの変化

 

20120626オルガン.jpg 

 

香水の「匂い立ち」とは時間の経過に伴って香りが変わっていくことです

 

デパートなどで香水を試すとき、初めつけたときは「爽やかでいいと思ったのに、後になって違う香りになった」という経験をした方は多いでしょう。

 

 

香水類は単一の成分からなるのではなく、たくさんのにおいの粒(芳香分子)から成り立っています。

 

香水の選び方④お店で選ぶとき

 20120113オルガン.jpg 

香水が欲しい、でもどれにしたらいいかしら・・・。

香りの選び方にはちょっとしたコツがあります。

香りになれていないかたは3本以上を一度に試すと、嗅覚疲労を起こして香りのタイプがわからなくなり、買った後で後悔することもあります。

 

男性用香水の選び方③女性から贈るなら-2

120111聖書.jpg

 

男性に気の利いたものを贈るのは難しいものです。

おしゃれな男性ならばなおさら。
ネクタイや装身具は好みがあるものなので、「もらってうれしいけど・・・つけられなくてちょっと困った」という意見もよく聞きます。


でも香水に関しては、男性より女性のほうにやや勝ち目があります。

もうすでに、「絶対にこれ!」と香水を決めている人を攻略するのはちょっとハードルが高そうですが、まだつけていない男性ならお勧めしてみるとすんなり受け入れてくれそうです。

「香水なんて・・」と無関心なようで、本当は男性はかなり興味があるはず。
初めはソフトな香りのものから試してもらってはいかがでしょう。

 

そして、とっておきの言葉は「あなたっていいにおい・・・」

だれでも褒められればうれしいものですが、自分の匂いをほめられるとぐっと親密な感じがするものです。

特に異性の間では、匂いを評価するほうが、容姿や性格よりずっとインパクトがあります。
二人の距離がきっと縮まることでしょう。(これは男性も使える言葉です)

もちろんプレゼントする相手との距離感は注意が必要。
あまり親しくない人にフルボトルの香水を贈ると、「この人は僕のことが好きなんだろうか?」と勘違いされることもありそうです。


 

やっぱり香水は、身近な人や、特別な人のために選んであげましょう。

(そしてお父さんにも・・・忘れないで!)


男性用香水の選び方②女性から贈るなら-1

ダンス.jpg 

女性から男性にはどんな香水を贈ったらよいのでしょう?

答えはズバリ、「あなたの好きな香り」
一緒にいる男性が、自分の好きな香りだったら居心地がよくなりますよね?

ほとんどの男性は、女性のお勧め香水には従順なものです。(なぜなら香水をつけたい動機は、女性によく思われたいというのが大きな要素だからです)

男性用・メンズ香水の選び方①紳士の嗜み(たしなみ)

| コメント(1)

騎馬隊.jpg 

近年、男性の間で「身だしなみを整えたい」「体臭が気になる」ので、香水をつけてみたいという方が増えています。

しかし香水について興味はあるものの、「どんな香水をつけたらいいのかわからない」というお悩みもよくうかがいます。

そうはいっても、ブティックなどで女性店員に聞くのは「ちょっと照れくさい・・・」ということで、いきおい男性ファッション誌といったメディアの香水情報を読んだり、売上ランキング上位の香水から選びがち。

実際にはそうした情報は、「有名人が付けている」とか「流行りのモテ香水」といったあいまいな基準で書かれた内容がほとんどで、専門家からみると理論的に正しくない情報もあります。

「ちょっと知識のある素人の評価はもっとも危険」というのはどの世界でも同じなのです。

 

さて、デパートや香水専門店で売られている男性用・メンズ香水は圧倒的に海外ブランドが占めています。
しかし、海外ブランドの香水は欧米男性の体臭に合わせて調香されていますので、日本の方にはパワーがありすぎ、匂いだけが目立って浮いてしまいがちです。

男性が香水をつける動機のひとつには女性からの評価を得たいということがあります。つまり「モテ香水」は男性にとって多かれ少なかれ興味のあるポイントです。

ここに誤解があって、メンズ香水というと、「男らしさ」のあるものをイメージしがちですが、女性からはあまり嗜好性が高くありません。

「マッチョな香水」や「セクシーな香り」というのは一歩親しくなった間柄や、一部の女性には効果があるかもしれませんが、日本の多くの女性はもっと穏やかな香りに安心感を覚えます。

清潔感のある香り、たとえば洗いたてのワイシャツから漂ってくるようなパリッとした香りも好印象ですね。


逆にオフィスなどで昼間から強い香水の匂いを振りまくのは考えもので、女性たちの間では、給湯室(古い~)でひんしゅくを買っているかもしれません。
不潔な香りと同じくらい、強すぎる匂いは評価を下げてしまいます。

 

まだ、雑誌で流行りの香水と取り上げられているものをおつけになりたいですか?
女性は、「流行りの香水をつけているから素敵」とは思っていません。その方にふさわしく、似合っているから魅力的だと感じるのです。

セクシーな香水だからモテるのではなく、一緒にいる人に包容力を感じさせること・・・。男女を問わず、頼りがいのある相手と思われる、香水はそのためのひとつのツールなのです。

 

オー・ド・トワレとオー・デ・コロンの呼び方

111122マーキュリー香水.jpg

オー・デ・コロン(Eau de Cologne )、オー・ド・トワレ(Eau de toilette) オー・ド・パルファン(Eau de Parfum)の呼び方。

この、真ん中の「de」は「デ」と「ド」の中間のような音だが、
どういうわけか、カタカナで表記すると習慣的にこういう発音になる。

 

Q.芍薬(しゃくやく)の香水を探しています Peony

  110728シャクヤクのブーケ.jpg

質問→ 芍薬(しゃくやく)の香水を探しています Peony

香水が嫌いになるとき

110715カンヌ映画祭3.jpg

 
その香水が嫌いになる理由。

なぜ、グラースが香料の産地として有名なのですか?

| コメント(2)

100714グラース.jpg

Q>なぜフランスで香水が発展していったのでしょうか?
グラースが現在一番香水の名産地で知られているのは
なぜなのでしょうか?

A)ヨーロッパにおける香料・香水の長い歴史の中で、フランスに香水文化が花開く大きなきっかけは、中世イタリアとフランスの縁組にありました。

イタリアのローマ教皇クレメンス7世の縁戚であるカトリーヌ・ド・メディシス(メディチ)は、1533年にフランスのアンリ2世に御輿入れします。

15世紀末のイタリアはルネサンスの絶頂期で、ヨーロッパの中では芸術、文化、ファッションの最先端を担っていました。一方、それに比べればフランスはまだ粗野な国。例えば今のようなテーブルマナーも確立されておらず、手づかみで食事をしていたようです。

カトリーヌ妃は御輿入れに際し、フォークを使って食事をすることや、アイスクリーム、マカロンといったお菓子、女性らしい横座り乗馬方法などたくさんの文化をフランスにもたらしたと言われています。

 

その時に彼女が連れて行った随行員の一人に、調香師レナード・ビアンコがいました。妃はフランスにも香水の文化を広めるため、香料の製造を奨励。温暖で、香料栽培に適している南仏のグラースをその地に選びました。

 

もうひとつの大きな理由として、グラースが革製品の生産地だったこともあります。

なぜか?

当時は革のなめし技術が今ほど進んでいなかったので、革特有の臭いが強くありました。この悪臭をマスキング(隠す)するため、手袋などの革製品に香料を付香するのが流行していました。そのため、両者を近くで製造するのが都合がよかった、という説が多く言われています。

 

100714香料のシャッシー.jpg 

さらに、香料の製造に、動物性油脂が必要だという背景もありました。

花から香料を抽出するためには、豚の脂(ラード)や牛脂(ヘッド)を使います。
脂肪(ポマード)を塗ったガラス板の上に花を並べて香気成分を吸収させる方法です。
これを、冷浸法(アンフルラージュ)といいます。

一方、革をなめす時には、裏についている脂肪は掻き取られ、不要になります。

アンフルラージュのために使う脂肪が容易に手に入る場所がグラースであった、ということもあったと思います。 

上の写真は、シャッシーと呼ばれるガラス板です。脂を塗り、花を置いたガラスが、何枚も積み重ねるように木枠に入っています。香料の製造については別の回で説明しますね。(グラース香水博物館)

 

 

その後、フランスの税は重くなっていきます。とてもやっていけないと思った皮革業者は、スペインへと移って行きました。今でも、スペインは革工業で有名です。 

しかし、植物は地面に生えているので、この地を離れることができず、そのままグラースは香料産業の地として残りました。

 

100714香料.jpg

 

体臭が気になる・・・ 

100630体臭.jpg

汗ばむ季節、なんとなく自分のにおいが気になる人が多い。


もちろん、清潔にするのはよいことだ。
でも、世界的に見てもこんなにきれい好きの国民はなかなかいない。

日本では普通にしていても充分に清潔。

あまり気にし過ぎて、ごしごし洗いすぎたり、
潔癖になるのもどうかと思う。

 

いつも言っていることだが、 
私たちが使う香料の中には、単独では芳香と言えないようなニオイもあり
それをうまく組み合わせることで、香水に奥行きや深みが醸し出される。

加齢臭という言葉もポピュラーになり、
年齢とともに気になるところだが、
そういったニオイも香水とうまくマッチすれば
「コドモには出せない、大人の香り」となる。


'体臭'や'加齢臭'を、言葉のイメージで
ただネガティブにとらえたり、怖がったりするより、
ちゃんとした知識を得たうえで、
前向きに考えてもらいたいものだ。

人とは違う、自分だけの香りをつくる個性なのだから。

 

100630体臭2.jpg

 

 

香水とオードトワレの違い ④ 発売ライン

100318処方箋.jpg

Q.最近はオー・ド・トワレなどが目について、香水(パルファン)があまり売られていないようですが?

A.通常、香水類を発売するときには、先に商品ラインを決めます。

 

香水とオードトワレの違い ③ 処方

100316ビーカー.jpg

Q. 香水とオードトワレなどは、濃度が違うだけなのですか?香水を薄めればオードトワレになるのでしょうか?

A. 処方そのものが違います。

 

香りの素敵なつけ方は?-2 よくある質問

| コメント(4)

 110715カンヌ映画祭2.jpg

人が香りをつけていて、「素敵だな」と思う瞬間を想像してください。

ちょっとしたしぐさの時に、あるいはすれ違いざまに、「あ、いい匂い」というのがよい印象を与えます。キーワードは、「ほんのり」「ふわっと漂う」「ふとした瞬間に」。  

 

「どのくらい浴びてきたの?」と思われるほどたくさんつけるのは考えものです。香水文化の異なる日本では、やや控えめに香る程度が好ましく感じられます。

特に、高温多湿の6月から9月までは、濃い強い匂いは暑苦しく感じられます。TPOによって、香りのタイプや量を調整する必要があります。

海外のブランド香水は欧米人の濃い体臭と、乾燥した気候に合うように作られていますので、特につけすぎには注意が必要です。

和食のお店、寿司店のカウンターで強い匂いがするのは困りものです。病院や混みあう電車内など、香りを遠慮したい場所もあります。

 

また、香水は臭い消しではありませんので、清潔な肌につけましょう。わきの下や、臭いの気になる部分につけると、混ざり合って香りのバランスが壊れてしまいます。

同じ香りになれてくると、量が多くなりがちです。時々、身近な人に「強すぎないか」「似合っているか」など、香りの感想を聞いてみましょう。

 

せっかくのおしゃれですから、より素敵に見えるように装いたいものですね。

 

 

 

 

香りの知識もご参考下さい。 

また、香水マナーブックもご用意しています。
携帯用アトマイザー10本レフィルについています。

香りの素敵なつけ方は?よくある質問

| コメント(4)

100110香水の付け方.jpg

ご質問:香水やトワレは身体のどこにどのくらいつけたらいいのかしら?

香水とオードトワレの違いは?②つけ方

100108付け方質問.jpg

ーご質問ー

濃度が違うのはわかりましたが、香水やトワレ、コロンなど、使い方に違いがあるのでしょうか?

香水とオードトワレの違いは?① 賦香率(濃度)

100106賦香率質問.jpg

 ご質問  香水とオー・ド・トワレはどう違うのですか?

お答え  一言でいえば、含まれる香料の濃度が違うことです。

  • 香水は冷蔵庫に入れたほうがいいの?

    12060香料.jpg
     
    ーご質問よりー
     
    保存はどんなところに置けばいい?
    まさか、冷蔵庫の中ってことは、ないですよね? 
     
     

    加齢臭と呼ばないで その2

    091123ペタング加齢臭2.jpg

    アラフォーから、男女を問わず加齢臭の原因ノネナールは発生する。

     

     

    加齢臭と呼ばないで その1 <2-ノネナール nonenal>

    091124ダンス加齢臭と呼ばないで.jpg 

    香料の素材は、いいにおいとは限らない。

    パフューマー・大沢さとり

    「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

    SATORI'S ピックアップ

    パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

    本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

    本店を移転いたしました!
    @六本木ショップ/アトリエ

    「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
    新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

    東京都港区六本木3-6-8-2F

    Tel 03-5797-7241

    オードパルファン<br />SATORI(さとり)

    オードパルファン
    SATORI(さとり)

    同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

    上質なくらしの色と香り<br/>紺白

    上質なくらしの色と香り
    紺白

    光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

    ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

    ギフトに!お試しサイズ
    10本レフィル

    ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

     「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

    フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

    フレグランスデザイン講座 
    パルファンサトリ

    調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

    カテゴリ

    月別 アーカイブ