Parfum Satori

日本舞踊など芸能の最近のブログ記事

京ろうそく なかむら 体験教室-4 絵付け Kyoto ⑥Candle

171205京都 絵付け.jpg

京ろうそく体験教室、「色かけ」に続き「絵付け」。

さっき自分で赤い色をつけたロウソクに、上から絵を描いていく。

目の前では若い女性の職人さんが、白いロウソクの中央に金色の菊のご紋章を描いている。1輪が16枚の菊のはなびらを、型紙もなしで大きさも形も正確に描いていくのにびっくり。



「お道具を使って、好きなように描いて下さいね」と、絵付けの手順を教えて頂く。

右のパレットに絵の具を溶かし、定着剤を1滴いれて調色する。塗ったばかりの絵の具がこすれないように、スポンジの上にロウソクの上のほうを立てかけて、細筆で描く。


『何の絵柄にしようかな・・・♪』見本帖の柄を見ながら悩みに悩む。

さっき色かけで失敗した、ロウソクの表面にあるコブの部分をどうするか・・・。『隠すよりもこれを活かした絵が描けたらいいんだけどなあ』と、手にとってじっくりとその凹凸をながめる。


171205京都 絵付け2.jpg


『お花だけの柄も素敵だけど、このデコボコを樹(き)の幹に見立てて、立体的にしてみようかしら。そういえば、けさ、"哲学の道"で見た梅の古木が素敵だったなあ・・』

『下地が赤だから、白梅がいいかな・・・。サクラと梅は、枝ぶりがちがうんだよね。。どんなだったっけ。』胸のうちでひとりごちる。

絵の具の濃度が難しい。地色の赤が透けて見えるので、梅の木のくろぐろとした樹皮を出すために何度か塗り重ねる。

『コブの上には苔(こけ)の生えている様子を描いて・・・。緑色がうまく乗らないから、ゴールドを下に塗ってみよう。』


慎重に、ちょっぴりずつ描き進めているうちに、いつしか夢中になる。部屋の中はとても静かで・・・。戸外の遠くから子供の遊ぶ声がときおり聞こえたりして・・・。



171205京都 絵付け3.jpg

かなり時間がかかってしまったけど、ようやく1本の絵ができた。さっき色をかけそびれて、ちょっぴり白く残ってしまったところにはシルバーを塗って、『月光のイメージ』とかなんとか。



『もう一本は藤(ふじ)のゴツゴツした幹が絡んで、うねるように横にはわせ、長い花房を垂らしてみよう・・・』


文章だけで写真を見なければ、どれだけすばらしい絵が描けたかって印象だけど(汗)


171205京都 絵付け4.jpg

ほら、この部分が失敗してコブになったところ。ドンマイ、ドンマイ。
薄いふじ紫は、赤の上では沈んでしまうので、先に白を塗ってから、上に紫をのせてみた。



171205京都 絵付け完成2.jpg

ようやく完成!こ、これは、もったいなくて火をつけられない。

左が藤の花。右が白梅の木。よく見ると、っていうか、よく見なくてもヘタっぴいだけど、久しぶりに新しいことにチャレンジして、とても充実した時間が持てたことが嬉しい。

私は絵付けにすごく時間がかかったので、レクチャーから完成まで、全部で3時間くらいかかってしまったけど、手の速い人なら半分くらいの時間でできると思う。



東京に帰ってきてから、和ろうそく作りが私にとってどんなにすばらしい体験だったかを会うひとごとに話している。

製作現場にいれて戴き、お仕事の手を止めてていねいに指導してくださったことを、とても感謝している。

「京蝋燭なかむら」の皆様、笑顔で温かく接して下さいまして、本当にどうもありがとうございました。








京ろうそく なかむら 体験教室-2 製造 Kyoto④

171205京都 和ろうそく なかむら 工房.jpg

京ろうそく体験教室、昨日からの続き。

いよいよ実際に「和ろうそく」を作ってみることに。商品を作っている現場に入れていただけるということがとても嬉しい。

手前にあるのは蝋型、右手には大きな鍋で温めて溶かしたロウ、奥は作業する台。この方がここの受け持ちで、今日の製造を指導して下さる。

このようなコーナーが数か所あり、女性の職人さんたちがそれぞれサイズの違う和ろうそくを作っている。

今回作るのは4匁(もんめ)のロウソク。高さは約12センチ、燃焼時間はおよそ1時間15分という。


171205京都 和ろうそく なかむら 蝋型.jpg


ロウの成分がしみ込んでツヤツヤになったろうそくの型は、一度水をくぐらせてから水気を拭き取る。

一番下に置く台(写真では上の枠)には小さな穴が並んで掘ってあり、ここでロウソクの芯の先を支えるようになっている。やや太い穴があいている型はロウソク本体の部分になり、2段目にのせる。

あとでわかるが、この型はまた横に3つに分かれている。



171205京都 和ろうそく なかむら 芯.jpg

これがロウソクの芯となる部分。昨日も書いたが、筒状の紙にイグサの繊維(せんい)が巻いてある。

これはお燈明(とうみょう)などが、お祈りの途中や屋外で火が消えてしまわないように、火力を強くする工夫である。芯を太くすることで、大きくしっかりと燃えるのだ。


ようやく、あの和ろうそくの先っぽに見えていた、太い芯がどうなっているのか理解できた。

ロウの性質や使用方法などに合わせて、大昔から試行錯誤を重ね、改良をしてこういう形になったんだろうなあ。



そして、その空洞の中心に、一本ずつ長い竹串を通しておく。




171205京都 和ろうそく なかむら 芯たて.jpg

芯が倒れないように、一番上にさらに台形の枠をのせる。

そして今度はこの、竹串を通した芯を、ロウソクを流し込む穴に一本ずつ挿(さ)す。
まずはお手本を見せてもらう。職人さんはさすがに仕事が早い。スパスパっと右から左へ挿していく。


芯が32本だから、ろうそくもこの1回で32本できるということだ。


171205京都 和ろうそく なかむら 芯たて2.jpg

これ私。。簡単そうに見えたのだが、穴が小さくて、慣れていないと思いのほか手間がかかる。
このへんまでの工程は、いったい何をしているのか自分でもよくわからないままに見よう見まねでやっている。



171205京都 和ろうそく 流し込む.jpg

芯をすべての穴にさし終わったら、大きな鍋の溶けたロウを小さな「ゆきひら鍋」ですくい、静かに注ぎ込んでいく。


171205京都 和ろうそく 流し込む2.jpg


枠の中央あたりから溶けたロウ(蝋)を注ぐ。細い穴にロウが流れ込んでいく。つい、かけまわしたくなるが、一か所から動かさず、左右に溢(あふ)れるにまかせ、たっぷりと入れる。



171205京都 和ろうそく 流し込み完了.jpg

少し冷えたころを見計らって、竹串をちょっぴりまわしながら抜く。紙の芯だけがロウだまりの中にのぞいている状態。



171205京都 和ろうそく 切れ目を入れる.jpg

流し込んだロウ生地にまだ柔らかさの残る状態で、一番上の枠をはずす。

すると、はずした枠の形で、まるでロウがパンケーキ生地のようにつながっている。そこに、上から包丁で切れ目をいれていく。



171205京都 和ろうそく なかむら 包丁.jpg

包丁はあらかじめ温めておくのが大事。白い灰の中には、炭が熾(おこ)してあるのだろう。




171205京都 和ろうそく あまりを切る.jpg

そして枠の上にはみ出たロウ生地を、面にそってスススっと包丁で一気にはがしていく。なんか、本当にパンケーキを作っているようである。

171205京都 和ろうそく 芯穴あけ.jpg


上の板状のロウを取り除くと、「おお、なんかロウソクの丸い断面図が見えてきてうれしい!」
中空の穴を、千枚通しできれいに整えていく。

これも、なにやらたこ焼きを作るかのごとく。料理番組のようだ。

ここで気づいたのは、職人さんの手がとてもキレイなこと。もともときれいな方なのだが、なんでも櫨蝋(はぜろう)には肌を美しくする効果があるらしく、その成分は高級な化粧品にも使われているとのこと。

『お仕事しながら自然にパックできているのかもしれない』と、つい目がそちらへ行ってしまう。


171205京都 和ろうそく 型をはずす.jpg

そして本体である中段を、下の段からはずして寝かし、三層になったその板を上からはずすと、ほら、ロウソクがずらりと出てくる。

感動の瞬間!


本当のところ、やっているときは型をどうやって組んではずして、ろうそくができてきたのかマジックのようで、よくわからなかった。しかし、こうやって写真を見ながらおさらいしてみると、木型の構造がよく理解できる。




171205京都 和ろうそく バリ.jpg

左に丸くあいているのは、上の木型がずれないよう、固定させるためのさしこみ穴。

私のやりかたのせいか、、、継ぎ目にはロウのはみ出た大きなバリができてしまった。


171205京都 和ろうそく バリをとる.jpg

合わせ目にできるバリは、必ず両脇に2か所に出るので、大きさにかかわらず包丁で削りとって磨かねばならぬ。この作業は全て一本ずつ手で行うのである!

私は2-3本しか処理しなかったけれど、1回の工程につき、32本×2=64か所をけずるのでとても手間がかかる。


171205京都 和ろうそく なかむら 15匁.jpg

反対の場所では、もっと大きい15匁(もんめ)のろうそくを作っている。奥の作業場では2匁?のちいさいロウソク。100匁まで、10段階のサイズがあるようだ。

全部てづくり。本当にびっくりした。


尺貫法(しゃっかんほう)でいう一匁(もんめ)は3.75グラムにあたる。「匁」という単位を久しぶりに聞いた。

ここまでで、本体の和ろうそくは完成。嬉しい。
『きなり色もいいなあ・・・』



これに絵付けをするのかなと思ったら、次は色かけをするのだという。ま、まさか自分でやるとは思わなかったが・・・・。見ただけで難易度が高そうだ。

次回はろうそくの色かけに続く。。。




➤次の記事  京ろうそく なかむら 体験教室-3 色かけ



獅子舞いが来た! Japanese Lion dance

20170102獅子舞5.jpg

うわー、獅子舞(ししま)いなんか久しぶりに間近で見た。

元旦にランチを食べていたら、鉦(かね)や太鼓、ささらを鳴らしたお囃子(はやし)が入ってきた。
「あれ、これだけ?」と思ったていたら、しばらくしてから獅子舞いが登場!


20170102獅子舞4.jpg

頭を大きく振ると思えば細かく震えさせ、足使いもメリハリがきいて、テンポよくキレのある踊りで客席を練り歩く。

子供の中にはびっくりして泣いてしまう子も。
私も小さい頃は家の玄関にお獅子が来て、本当に怖かったわ~。

テレビで見た「なまはげ」も、かなり恐ろしかったけど。
秋田に生まれなくてよかったと心底震え上がったもの。

最近では「子供が怯えるから」とソフト路線になっているそうだけど、世の中には理不尽に恐ろしいものがあるってこと、小さい頃に知っておくのもよかったんじゃないかな、と思ったりする。

20170102獅子舞3.jpg

母は「ちょっと、ちょっと」とお獅子を手招きすると、おつむを指さし、噛んでもらってご機嫌。
お獅子が悪霊を食べてくれるので長生きするのだそうだ。

今90歳。

20170102おかめ踊り.jpg

ほかにも、「仁羽(おかめひょっとこ)」の踊りもついてきて、滑稽な仕種(しぐさ)で愛嬌を振りまく。

暮れもてんてこ舞いだったが、お正月は「天手古舞」を見る。
プリミティブな音と踊りに、久々血が騒ぐ感じ。

新年からありがたい気分である。




☆1月4日から営業いたします。

営業日 月曜―土曜(日、祭日は休業)
営業時間 11:00-18:30

相模国一ノ宮寒川神社 Samukawa Shinto shrine

20160103 寒川神社 本殿.jpg
神奈川県にある寒川神社は、相模国一ノ宮(さがみのくにいちのみや)と称され、関八州鎮護(かんはっしゅうちんご)の神として、少なくとも千五百年の歴史があるそうだ。

昨年の暮れ12月30日に、母と一緒に先月のお札(ふだ)を返し、新しいお札を頂きに伺った。

参拝者はまばらだが、本殿の前には初詣のために、すでに特別に大きなお賽銭箱が用意されている。


20160103 寒川神社 参道.jpg

私が生まれるよりも前、昭和30年に父が会社を設立したときから、大澤家は60年間ずっと毎月一回、御本殿でお祓(はら)いを受け祝詞(のりと)をあげて頂いている。

私が父とお参りに行ったのは小学一年生の冬に一回だけ。
あまり覚えていないけれども、当時はもっと簡素な神社だったと思う。

父が亡くなってからの30年は、母が通ってきた。
もうすぐ90歳になるので、最近では兄が行くことが多い。

20160103 寒川神社 応接室.jpg

今月からパルファンサトリも会社として一緒に御祈祷をしてもらうことにした。
もしかしたら私も、これから30年通うようになるのかしら。

本殿で祝詞をあげていただくまで、宮司(ぐうじ)さんと母と一緒に応接室にて待つ。我が家とご縁のある宮司さんも3代目。

白い上着を巫女さんに着せかけていただき、本殿に上がる。
すがすがしい空気の中、お祓いを受けるにつれ、穢(けが)れが清められるような気がする。

20160103 寒川神社 ねぶた門.jpg

これは、正月を控えて20日から飾られている迎春干支ねぶた門。
この下をくぐると厄除けになるという。

母によると、日本で初めて厄除けの宣伝広告をしたのがこの寒川神社だという。
広告代理店を経営する父が企画した仕事である。

当時、「神様が宣伝をするとはけしからん」と、神社庁からお叱りを受けたそうだが、今や多くの神社が、七五三や初詣など積極的にアナウンスするようになった

20160103 寒川神社手水屋.jpg

神馬舎。神様の乗り物である馬を納めるところ。
母が顔見知りの禰宜(ねぎ)さんとこの前でばったり出会ってご挨拶。

なんでも、父が病に伏した時に、今の宮司さん(その時は禰宜さん)と一緒に、自宅へお祓いに来てくださったそうである。

若いうちは、「神仏に頼るなんて」と軽んずる気持ちもあったが、年を取るにつれ、「頼る」のではなく、人智の及ばない領域というものに畏れを抱き「敬う」ということが、むしろ自然なのだと考えるようになった。

20160103 寒川神社 富士山.jpg

車に乗って、帰りの高速道路から今日は富士山が見える。
春から夏は霞んでほとんど見えず、冬の3か月は見えることが多い。

「これは瑞兆。来年(もう今年のこと)はいい年になるね」と母が喜ぶ。


相模国一ノ宮寒川神社。
八方除けで有名である。

隈取(くまどり)のぽち袋 歌舞伎 KUMADORI

131113隈取り歌舞伎.jpg

鳩居堂を見るのは楽しいので、銀座に行けば必ず寄って何かしら買って帰る。
この日も季節の便箋と封筒をたくさん買って、

「そういえば隈取(くまどり)のぽち袋があったはず・・・。」
探してみるとやはりあった。それも2種類も。

一つのたとう包みには、6枚の柄のポチ袋が入っている。
紙質もしっとりして、やっぱり日本のステーショナリー?はいいなあ。

 

10月頃、「隈取(くまどり)の絵柄の、気に入りの茶碗を割ってしまった」
と母ががっかりしていたので、知り合いに絵付けしてもらうことにした。

「どんな感じのがいいですか?」そう聞かれていたので、書店でも行って隈取の絵柄を探さなければと思いつつ、ふとお店に入って思い出したのがこのポチ袋。

そういえば以前、ここ(鳩居堂)で見たような・・・。

歌舞伎を見ているときには、この隈取の色と形で「あ、悪役だ」と「いい役だ」とか言っている程度だが、帰ってきてから、購入したポチ袋12枚を改めてテーブルに並べてみるとみな違う。
いろんな隈取があって面白い。

 

おおよそ役柄で種類が決まっているのだが、役者さんが自分の手で描くので、本当の隈取は少しずつ線が異なるそうだ。

適当に絵柄を選んで、母には内緒でプレゼントしようと思ったが、やっぱりひいきのあることだから本人に聞くことにした。

窯入れは年明けだそうだから・・・。私の方が楽しみにしている。


 

 

坂東玉三郎初春特別公演「妹背山婦女庭訓」ル・テアトル銀座

| コメント(2)

  120125カブキ4.jpg

 

坂東玉三郎初春特別公演、ル・テアトル銀座。
ホテル西洋銀座と一緒の建物にある。

歌舞伎座は今建て替え中。この劇場で歌舞伎を見るのは初めてだが、やっぱり少し小さいし洋風な舞台だ。
それでも、赤い提灯をつるしたり、紅白の餅花を飾ってお正月らしさ、和の雰囲気を出している。

 

藤娘(ふじむすめ) 日本舞踊③

   100929藤娘.jpg

日本舞踊最後の演目は小学校6年生、「藤娘」だった。

羽根の禿(はねのかむろ)ー日本舞踊②

100929羽根のかむろ.jpg


「羽根の禿」という演目で、振り付けはすっぱりと忘れてしまった。



だいたい、「禿」(はげではない。かむろと読む)という職業がなんなのかも知らず踊っていた。

むろん、小学生2-3年生に遊郭のことなんかわかるわけもないが、花魁(おいらん)の横にいる付き添いの少女のことである。

吉原の郭の前で正月、幼い禿が自由時間に羽根つきをする様子を踊る。


衣装がきれいで結構うれしかったものだが、舞台の時は支度が恐ろしく大変だ。床山さんというのかな?その人の前に座って、お化粧とかつらを付けてもらう。

頭にぐるぐる羽二重(はぶたえ)というのを巻くのだが、顔をできるだけ突っ張って、のりのようなべたべたしたもので貼りつけるようにする。

(歳をとった時代劇俳優が、洋装で出てきた時、一気に老けて見えるのは、かつらをつけるときにそうとうリフティングしているからだと思う。) 

顔には、最初に固いワックスのようなものを手でごしごし刷りこむのだが、それが本当に痛いのだった。

そののち、水で溶いた白いうどんこのようなものを顔に塗りたくる。(ドーラン)
顔は、まるで布でできたお人形のような皮膚になり、ちいさな紅をさしてもらうと、
自分の面影がまるでない、全くの別人に。
 
おしゃべりの伝六と呼ばれた私は、チビのくせにませていて、床山さんの前の座布団の上に座りながら、
「私はだれそれ君と結婚するつもり」 だの、「三々九度は同じ杯で飲むからきたないからやだ。ウエディングドレスがいい」だのしゃべりとおし、

「べにをさす時はだまって」としかられた。

プラス、大人の噂話をわかりもしないでペラペラしゃべったので、それも後で母親に叱られた。

 

私は生まれたてのとき、舌の裏が下あごについていたので、チョンとお医者さんが癒着部をハサミで切ったそうだ。アカチンをつけて母のいる産室に帰ってきたらしい。

「あんたのおしゃべりはそのせいだよ」とおばにも言われた。

ええーっそうだったのか!

 

 100929祇園.jpg

 

これは短い。

「祇園小唄(ぎおんこうた)」という、舞妓さんの踊り。


この舞台はたぶん、小学校の4年生くらい。


「月はおぼろに東山~」からはじまる、軽い演目だ。


ぽっくりを履き、妻を帯に挟んで傘をさして登場、途中ですそをお引きずりに伸ばしたり、それでも3場くらいはあった。


だらりの帯もきれいな、水色のお衣装だったっけ。


  月はおぼろに東山

  霞む夜毎の かがり火に

  夢もいざよう 紅桜

  しのぶ思いを 振袖に

  祇園恋しや だらりの帯よ~♪


とにかくおけいこ不熱心だったから、本番までに覚えられるのがこれしかなかった、というのが真相。


しかも、どの写真もみんな目をつぶっているように見える。


母親に、「床を見ると、眠っているみたいだから絶対見ちゃダメ、客席の上の方を見なさい」


と口がすっぱくなるほど言われていたのに、やっぱり下を見ていたようだ。


 


あしたに続く・・・。

 

 

 

 

 

▶ パルファンサトリ 日本の香りを楽しむ 茶壷香水「さとり」

 

菊尽くし-日本舞踊①

100929菊尽くし.jpg

人間の記憶というものはあてにならないものだ。

舞扇 五條流

100914舞扇2.jpg

ひどく懐かしいものが出てきた。
日舞のお稽古で使っていた扇子だ。

菊尽くし 花と日本舞踊

091208菊尽くし1.jpg

 

私の日本舞踊の初舞台は、3歳のときの「てるてるぼうず」で、

御苑と藤娘(ふじむすめ)

090411藤娘.jpg

新宿御苑の藤はあまり目立たない。たぶん池のほとりに1か所くらいかと思う。花房も小さく、パラパラとしてやや控え目である。

娘道成寺と桜

090409道成寺.jpg

 

飾りものや着物の柄は、季節の先へと進む。
桜の盛りをこれから迎えようとする頃には、すでに桜の飾りは遅い。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

  「 レフィル」のご紹介 

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ