Parfum Satori

伝統工芸ときものの最近のブログ記事

京ろうそく なかむら 体験教室-1 kyoto③ Candle

171205京都 和ろうそく なかむら 玄関.jpg


昨日の鬱陶(うっとう)しい雲が見事に晴れて、冴えた青空と冷たい空気の京都。

この日はあちこちに行きたくて、たくさん予定を入れてみたのだが、そのひとつがこの「京蝋燭(ろうそく)なかむら」さん。

以前から「和ろうそく」にはとても興味があって、待望の製造体験受講である。絵付けだけのコースもあるが、蝋(ろう)の流し込みからの工程をさせて頂けるのでとても楽しみ。


171205京都16 竹田.jpg


予定は13時。午前中は慈照寺(じしょうじ)など東の方を歩き、思いのほか時間がかかってしまったのでお茶もお昼も抜きで直行する。


今出川(いまでがわ)駅から地下鉄に乗って、終点の竹田の駅から徒歩5分、静かな通りにそこはあった。ガラガラっと引き戸を開けると、中はろうそくを実際に作っている工房。一歩入ると、暖かく粘り気のある、懐かしい蝋の匂いがいっぱいに満ちている。

ワークショップ的な会場を想像してきたので、現場を拝見できるとはびっくり。入り口は所狭しと商品の箱が積みあがっていて、物が動いている活気でいっぱいだ。


171205京都 和ろうそく なかむら 看板.jpg


最初の30分程は、和ろうそくについてのレクチャー。非常に興味深い。
社長自らが、和ろうそくの素晴らしさ、その継承の難しさと意義などを熱く語る。

ぼんやりと断片的だった知識が、直接お話を伺がうことで少しずつ明瞭(めいりょう)になり、とても勉強になる。知らないことがわかっていくというのは、いつも心の弾(はず)むことである。以下はその時にとったメモと、後日調べたことを参考に、自分の整理のために書いてみた。




和ろうそくの原料は、櫨(はぜ)の実から絞って採られた植物性の木蝋(ろう)である。ハゼは安土桃山時代に大陸から渡来し、江戸中期には沖縄を経由して九州でさかんに栽培された。島原藩でも奨励され、一大生産地となったが、1991年に雲仙普賢岳(うんぜんふげんたけ)の噴火により産地は壊滅的被害を受け、原料の流通量が激減。また、安価なパラフィンワックスの西洋キャンドルに押されて、和ろうそくは厳しい状況にある。


しかし、安価で火力もある西洋キャンドルがあるのなら、なぜ和ろうそくが必要なのであろう。

ひとつは、和ろうそくは煤(すす)が少なく、油分も少ないので払うだけできれいになる。寺社仏閣の「すす払い」が洗剤を使わずに、毛ばたきなどではたくだけで落ちるのも、植物性の和ろうそくを使っているからできること。

木ろうは融点が低い。垂れたロウはお湯で容易に拭き取れるため、漆(うるし)や箔(はく)の細工ものなど、大切な装飾を傷めることもない。

よって修復の頻度(ひんど)も減る。和ろうそくを使うことで文化財を守ることができるのだ。そのため京都のおおくの由緒あるお寺には、こちらの和ろうそくが使われているそうである。

171209京都 和ろうそく 2.jpg

そして和ろうそくの特徴に、その炎のゆらぎと色の暖かさがある。火力が弱いため、筒状の紙にイグサを巻いて芯を太くし、消えにくくしている。芯は中空になっているので、煙突のように空気が上がってきて、風がなくても火がまたたくのだ。ながめているだけで心がなごむ。

石油系パラフィンのキャンドルは火力があり明るく強く、直截的(ちょくさいてき)である。平たく言えば風情(ふぜい)がない。油分の多い煤(すす)も出て、払うだけでは容易にきれいにならない。



例えば日本画は、和ろうそくの灯りで鑑賞しなければ、作者の意図するところを見ることはできないという。また座敷の欄間(らんま)に立体的な彫刻が施されているのは、蝋燭の揺らぎで「影」が動くことも考えてあるからで、西洋のステンドグラスが平面的で、「光」を通して鑑賞するのと対照的である。

京都の舞妓(まいこ)さんたちが白塗りの化粧に玉虫色の紅をさすのも、和ろうそくの光でこそ最も美しく映える色だから。

日本の美、つまり和室、仏像、日本画の色、漆(うるし)塗りや歌舞伎の隈取(くまどり)などといったもののすべては、和ろうそくという「灯り」ありきで考えられているようだ。

それは谷崎潤一郎の「陰翳礼賛(いんえいらいさん)」のなかにも語られている。
「美というものは常に生活の実際から発達するもの」というくだり。

長い庇(ひさし)を持つ日本建築が、結果、うす暗い部屋を持たざるを得ず、その中に陰翳の美を発展させたという。


ひとつの文化を単独で残そうとしても無理があり、そのおおもとを考えなければ伝統は守れないと思う。


101001藤娘.jpg


茶道や日舞など、和の文化にも触れて育ち、長じて歴史・時代小説なども愛読してきたため、和ろうそくの存在をその情景の一部として、自分なりにぼんやり感じてきた。

「なぜ和ろうそくであったのか」「どうして、それでなければならないのか」ということが、たくさんのお話を伺って少し理解できたように思う。



特に心に残っているのは、社長さんがいった、「和ろうそくは伝統工芸品ではなくて、消耗品である」ということばだ。

伝統工芸という看板だけで仕事をしている人もいるが、生活の中で活きていくものこそが、本当の伝統になっていくのではないかと思う。


171209京都 和ろうそく .jpg

お話が終わり、「では、実際に和ろうそくをつくってみましょう」とうながされ、「あの、中はお写真を撮っていいのでしょうか?」とおずおず聞くと、「どうぞどうぞ」とおっしゃる。「うちはどこを見てもらっても平気です。」とも。

秘密や秘伝などではなく、まっとうなことをきちんとする。培(つちか)ってきた信用や、人とのつながり。それらを続けるのはとても難しいことだからこそ、見ただけで簡単にまねできるはずがない。

だから、隠すことなどないと自信をもっていえるのだと思う。



次回、実際の製造体験に続く。





京蝋燭 なかむら 有限会社 中村ローソク
〒612-8413 京都府京都市伏見区竹田三ッ杭町57-8









半襟をつける neckpiece on a kimono 

20160115遠州流点初式.jpg

今日は、遠州流宗家の点初式。

着物は白に「やり梅」の刺繍に、金のつづれ帯を合わせてみた。
これは40年前の母の着物を、20年前に私のサイズに仕立て直した中でも特に気にいっている。

20160115半襟.jpg

近頃では着物を着る機会がめっきり減って、年のせいか、段取りを忘れてしまう。

なので、お着替えの準備は早くしておかなければならない。

ならないのだが、やはり日々忙しくて、先延ばしにしてしまうものである。
なにしろ、洋服と違って小物が多い。

なんといっても一番の苦手なのが、半襟を長じゅばんに縫いつけること。
毎日付け替えをやっていれば要領もよく、すぐできるのだろうが、たまのことだと億劫である。

慌てるほど、すっきりいかなかったり、縫う順番も間違えたりして、3度も縫い直したこともある。



半襟は長じゅばんの一部。
考えたこともなかったが、下着の一部をあえて見せる民族衣装というのは、世界でも珍しいそうだ。

襟がパリッとしているとカッコイイのは、カッターシャツと同じ。
上手につけるためには、やはりたくさん縫って慣れることだと反省。

着物を着るお茶席は好きだけれど、茶道を生業(なりわい)にしたことがないので、やっぱり甘さがでるなあ。


上にちょっと写っているのは、唐子のピンクッション。
これも昔から裁縫箱にはいっている。















茶箱(ちゃばこ)tea chest

150525茶箱2.jpg

新しい茶箱(ちゃばこ)が来た。

茶箱とは、お茶の葉を保管しておくための木箱で、中にブリキや亜鉛などの金属が貼りめぐらされている。

湿気を防ぎ、防虫、防臭効果もあると言うことで、昔は大切な着物、衣装やお道具類をこの茶箱にいれてしまっていたものだ。

プラスチックケースができてから、重いこの茶箱はあまり使われなくなってしまったようである。


150525茶箱3.jpg


私のお誕生のときに買ったお雛さまは、この古い茶箱に入れられていた。

ということで、正確な年数はあいまいにしておくが、半世紀(以上)前のものである。


今年、久しぶりに飾ろうと思い押入れからこの茶箱を出したところ、あまりの古さ、汚さに、母が新しい物を用意してくれたのである。


150525茶箱.jpg

昔はたくさんのサイズ・バリエーションがあったようだが、今はこの一番小さいサイズと、倍以上ある大きいものの2種類しかない。

「新しい茶箱が来たら、もう古いのは捨てようか」と言っていた母であるが、結局惜しくなってしばらくとっておくことになった。

なかなか荷物を減らすことは難しい。


この茶箱、お茶屋さんで、お茶を輸送、保管する目的の物。
野点(のだて)などで使う茶道具一式を収める携帯式の箱も「茶箱」というが、それではない。


祖母の櫛 くし comb  

20140524かんざし.jpg

この櫛(くし)は祖母のもので、明治か大正のものらしい。
べっ甲に「貝合わせ」の柄の、金蒔絵がしてある小ぶりの櫛。

8.5センチの見た目は小さく、櫛だけで見ると地味なので、今まで使うことがなかったのだが、思いついて巻いた髪の根元に挿してみた。

髪に挿すと思いのほか大きく、派手に見える。
櫛の歯が細かいのが、かえって髪から抜けにくくおさまりが良い。


10140524くし.jpg

櫛や簪(かんざし)は、どことなく女性の念(ねん)がこもっているようで、誰のものかわからないアンティークはつける気にならないものである。

これは父方の祖母のものだから、母にとっては姑(しゅうとめ)のもの。
姑の形見として、母が引き出しにしまったままだったものを、父の死後、私がもらった。

私にとっては血の繋がった祖母だから良いだろう、そう母は思ったようである。


20140524貝合わせ.jpg

着物の柄も「貝合わせ」。
若い頃に作ったのでちょっと派手かも。


ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  


➤パルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「ニュアージュローズ」です。

ル ファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色 が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。この機会にぜひサンプルでお試しください。



赤い蝋燭と人魚 The Mermaid and the Red Candles

131012ろうそく.jpg

和蝋燭(ろうそく)は、洋ろうそくに比べてすすが少なく長時間持つという。

櫨(はぜ)の木の実から採れる蝋(ろう)で作られる。
櫨(はぜ)はウルシ科の植物で、古くは暖かい西日本で栽培され全国に出荷された。

蝋は漆(うるし)の実からもとれるが、櫨のほうが大きく収穫量が多い。


寒い北の国、米沢の上杉鷹山(うえすぎようざん)は漆蝋(うるしろう)で産業を興し藩財政を立て直そうとしたが、南の櫨の蝋が流通したことによりうまくいかなかった。

131012ろうそく2.jpg

小川未明の「赤い蝋燭と人魚」は小さい時によく読んだ有名な童話である。
短いがとても悲しい、暗い話。

舞台は日本海に面した北のある漁村がモデルになっているという。

 

老人夫婦に拾われた娘は人魚の姿をしていた。娘はお宮に備える蝋燭に絵付けをして生計を支える。やがて蝋燭の海難除けの効果が評判になると、娘の美しさと珍しさを狙って人買いがやってくる。 人魚の娘は檻に入れられ連れ去られてしまう。

 

その後の結末の凄惨さより怖かったのは、あれほど神様からの授かり物と大切にしていた娘なのに、お金のために見世物に売り渡してしまう、鬼のような老夫婦の変貌ぶり。

信仰心が篤(あつ)く善良な人間も、欲の前にはこんなに弱いものなのか。
人は、心に鬼を飼っている。



 

傘.jpg
 

一心に蝋燭に絵を描く娘のひたむきさが一層哀れである。


赤に塗りつぶされた最後の蝋燭はもう人々を守ってはくれない。

葛籠(つづら)TSUZURAーa wicker clothes box

130927つづら.jpg

葛籠(つづら)。ずっとクローゼットの中にあったのでまだ新しくみえるが、私が20歳の時に作ってもらったものなのでもう結構古い。

 

「舌きり雀」の中で、雀のお宿からおじいさんとおばあさんがしょってくるのがこの葛籠。
この物語の時代の葛籠は葛籠藤(つづらふじ)を編んだ簡素なものだったであろうが、のちに幅の揃った竹で組まれ柿渋が塗られ、さらに漆が重ねられた。

内側には和紙が張ってあり、外は黒い漆、家紋が入っている。大きいがとても軽い。通気性がよく衣装を保管したり運ぶのに適している。 

 

引き出しのほうが便利なので、普通の着物は桐の箪笥にしまっているが、ここには普段あまり着ない正装を入れている。
20歳のころは大振袖だったが、今入っているのは留袖だ。

隔世の感あり。

 

☆イリスオム・ブラックラベル

☆satori オードパルファン・ ブラックラベル

 

 

お蚕(かいこ)さん③真綿(まわた)

120216真綿.jpg

 

「真綿(まわた)にくるまれて育つ」
大事にされたおぼっちゃまなどを指してこう呼んだ。


この30センチ四方の小さい端切れのようなものが真綿である。
真綿(まわた)は植物性ではない。

綿花(めんか)からとれるワタではなく、繭(まゆ)から作られる。
なんだか、黄ばんであまりきれいじゃないと思うだろうが、絹(シルク)100%のワタである。

お蚕(かいこ)さん②飼育

  1202016新幹線.jpg

カイコの飼育実習。


小学校では理科の授業で、中学では生物の実習だった。
高校の時もやったような気がする。(※これは後日、同級生からやったことがないと言われたので記憶違いかもしれない。)


家に持ち帰ると嫌がられるからと、ロッカーで飼っていた子もいた。

 

お蚕(かいこ)さん①シルク

1202015ユリ.jpg

アルバイトのT君はスポーツマンだがワイルドではない。

 

ある日、サロンに飾ってあるユリの蕊についた「やく」をピンセットでとってもらった。
蕊の先についている、茶色くてポワポワした部分だ。

 

石灯籠(いしどうろう)-2

120105灯篭1.jpg

今日、数えただけでも新宿御苑には20個くらいの石灯籠がある。
まだ、探せばあるのかもしれない。

石灯篭(いしどうろう)-1

120105灯篭8.jpg

普段あまり気にも留めていなかったが、新宿御苑にはたくさんの石灯籠がある。

昔住んでいた家の、庭奥にも背の高い石灯籠がひとつあったが、子供にはちっともおもしろいものではなかった。

こんな場所でハート見つけた!

20110927ハート.jpg

こんな場所に、ハート♡

ハートって、日本の図柄ではないと思ったけど、意外なところで発見した。

 

落水紙 らくすいし 

落水紙.jpg

落水紙という。
紙を漉くときに、水滴を落として作る。

 

ロハスデザインアワードにて ちぎり和紙

110521ちぎり絵和紙.jpg 

今日もまた、9時の開園同時に新宿御苑に行ってみたら、ロハスデザインアワードというイベントをやっていた。


2011年5月20日~22日まで、新宿御苑 バラ園のそば

金工(きんこう) 象嵌(ぞうがん)

110420刀の鍔 金工.jpg

金工(きんこう)

鍛金(たんきん)、彫金(ちょうきん)

可愛い桐の箱、何の箱?

110307七味入れ1.jpg

藤の花の絵柄の可愛い桐箱、何のための箱だ?

日本の飾り結び  組紐

110204くみひも1.jpg

紐結びの技術は世界中にあり、それぞれに歴史をもっていますが、日本ではとくに装飾性を重視した飾り結びが非常に発達しました。

宮大工の知恵 松浦昭次

宮大工の知恵.jpg

「宮大工千年の知恵」(松浦昭次)が平成12年に、つづいて「宮大工千年の手と技」が翌年出版された。

 

和紙の装飾加工  磨き出し 

N工房7.jpg

昨日からの続き→

そしてこの日、とっても珍しいものを見せてもらった。

金銀砂子(きんぎんすなご) 

N工房13.jpg

笹の葉さらさら のきば(軒端)に揺れて、
お星様きらきら きんぎんすなご(金銀砂子)

七夕のうたの、砂子。

桐箱の真田紐の掛け方

| コメント(2)

101004samurai ribon.jpg

真田紐は、お道具などの箱をしばるのに使われます。

着物と香水 日本の伝統色

| コメント(2)

100119えびぞめ茶屋ごろも.jpg

これは私の、蒲葡(えびぞめ)という名の香水。市川団十郎夫人の着物展示会で出展されたもののひとつだ。

市川団十郎夫人デザイン 着物ごよみ

100118茶屋ごろも.jpg

市川団十郎さんの奥様で、海老蔵さんのお母様である堀越希実子さんは、着物のデザイナーをしていらっしゃる

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ