Parfum Satori

香道(香りを聞く)の最近のブログ記事

「道(どう)」と香水③Japanese Art of Fragrance_'KODO'

060705japanese calligraphy.jpg

    

私の香りの特徴は、一言でいえば「乾いている」ということです。甘いグルマン系の香水ならば、米や小豆を原料とするあっさりとした和菓子。バターやクリームのようなコクとは異なります。

たとえオリエンタル・タイプであっても、乾いた木とスパイス、植物系のアニマルとでもいうのでしょうか。私の作る香りは、重厚で艶のあるアニマリックではありません。


お茶の香りの「織部」には、畳の上でゴロゴロした時に香る「イグサ」の香り、また「夜の梅」には水墨画の香りが隠されています。おそらく日本で育った人なら懐かしく、海外から来た人にはいっぷう変わった香りに感じられるでしょう。


20120829香炉.jpg

沈香の香りも同様です。今はOUD(ウード)が流行っていますが、香道で焚く沈香の香りとOUDの香料の香りは全く異なります。

OUDは重くアニマリックでレザリー。心を掻き立てるようなセクシーな香りです。

一方沈香の香りは甘く暖かく乾いたスパイシーなウッディノートで、心を鎮める清浄な香りだと私は捉えています。このお香を思わせる香りは、私のお気に入りのいくつかの香水の中に見られます。したがって、私の香りに大きな影響を与えているのはやはり沈香の香りです。


1月香炉.jpg

香道では、火のついた小さな炭を香炉の灰に埋め、その上に雲母(MIKA)の板を置いて沈香の切片を乗せるので、燃えることはありません。香木は間接的に温められることで、香気成分がマイルドに空中に放たれ、香炉の周りをふわふわと動き回るのです。

これはお線香やコーンのように、火をつけて煙が立つときのいがらっぽさを含む匂いとは違います。また、エタノールの力で拡散する香水とも全く異なる香りの立ち方です。


100915風鈴2.jpg


まるで障子ごしの柔らかい光のように、間接的ともいえる匂い立ちを香水に表現してみたいと私は思いました。それゆえ、私の香りには「乾いている」と同時に、「あからさまではない」という特徴があるように思います。



自分の個性や特徴は、意図して出来るものではなく、後ろを振り返ってみた時、その足跡に歩き方のクセが現れていた、と言うようなものかもしれません。

特徴を表面に出すというよりも、余白のある、つまり「香水をつける方の居場所にあう」ことが「さとりらしさ」であったらいいなと思っています。



(この記事は過去のプレス・インタビューから、回答を編集して掲載しました。)

銀の桜のお香たてと香筒,携帯用 L'art "d'écouter l'encens

141126香たて2.jpg

携帯用の銀のお香立(こうたて)と香筒のセット。

1-2年前だったと思うが、某有名デパートの美術展を見た後、同じフロアに和小物を扱ったお店があり、立ち寄ったところ見つけた。

「おお、なんとシャレたものだろう」と早速購入。

それからずっとしまったままだったのだが、先日ふと思い出して写真をとってみた。


141126香たて4.jpg

小さな香立ては、可愛らしい桜の形。
銀製で、裏にちゃんと刻印もある。

しまっておいたので少し曇ってしまったが、ナニ、銀製なので磨けばきれいになる。


141126香たて.jpg

お香は長いので、香筒の長さにあうよう、短く折って入れる。
香筒は銅製に鍍銀(めっき)したもの。

こういう筒の物って、蓋とのあわせがとても大切。
きつすぎても緩すぎてもいけないし、すうっと入って、最後にほんの少しの抵抗があり、一押しするとカチっという音と共にぴったり止まるのが素晴らしい。

一見まっすぐななのにどういう仕組みになっているのか何度もはめたりはずしたりして確かめる。
肉眼では見えないが、写真を拡大すると、ぐるり細い突起が盛り上がりがっているみたい。
でも、抵抗はその手前2ミリ位のところで始まっているから、微妙に太くなっているのかな。

いくらだったかは忘れたが、「えっ?こんな手のこんだ工芸品が、こんな(お安い)値段で買えてしまうの?」というくらいお値打ちに感じた。

141126香たて3.jpg

そして、
「こんな雅(みやび)で奥ゆかしい物を持つなら、中に入れるお香も上等な物でなければ」
と思い、銀座の香十にて伽羅(きゃら)のお線香を購入したものである。

煙となって消えてしまうものだけに、贅沢なものを一期一会(いちごいちえ)の気持ちで使いたいものだ。

ちょっとリラックスしたいときにさっとバッグから出して香を焚く。
そんなことを思い浮かべたのだった。



さて、ここまで揃えたというのに、なぜ使わずにしまっていたかというと、いざ出先で使うシチュエーションを想像すると、そこに火がないことに気がついたのである。


昨今、世の中に禁煙が進んだために周りの人がライターを持っておらず、火を借りることができない。

うーむ。もちろんどなたかのお家なら火はあるだろうが、、、

百円ライターと言うのも無粋なもの、さりとてこのためだけにいつも重たいライターを持つか。
それともマッチを持つ?

やはり良い物は、使う時の始まりから終わりまでエレガントでないといけないような気がする。
アンティークな小ぶりのライターを探して、と。

これは宿題にしておこう。



京都清課堂さんの銀桜香立 と銀銅香筒





菖蒲香、あやめ、紫、Iris

120509アヤメ.jpg

「菖蒲香(あやめこう)」は、香道の夏の香組(お香の組み合わせ)である。

5種類の香木のうち、目的となる1つの香りを予め試し聞きしておき、次に出る5つのうちの何番目にこれが出てくるかを判ずる(当てる)。

 

「五月雨に池のまこもの水ましていつれあやめと引きそわつらふ」源頼政

香の記録紙 和歌と絵と香と

101110記録紙.jpg

昨日の野分香でも出てきた、香の記録紙。いつも素敵な和歌と絵が描かれている。
これは、つわぶき。

 

沈香木を包む 香包み 

101108香包み1.jpg 

沈香木は小さく切られ、一片づつきれいな香包みに包まれる。

沈香の味(六国五味)

101104六国揃え.jpg

沈香木の味?それは、六国五味(りっこくごみ)。
香道では、前に説明した沈香木(じんこくぼく)を使い、香炉で温めて香りを聞く(嗅ぐ)。

香木(こうぼく)と練香(ねりこう)

101102香 木6国.jpg

 

ひと口に「香」といっても、香道で使うのは沈香木(じんこうぼく)で、茶道で使うのは練香(ねりこう)と白檀(びゃくだん)である。源氏物語の薫物合わせ(たきものあわせ)で使われたのは練香のほうだ。

香道への招待

101031香道の本.jpg

「香道への招待」は本のタイトルであって、私がご招待などとはおこがましいことである。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ