Parfum Satori

華道(お花に親しむ)の最近のブログ記事

「道」と香水②華道 FlowerArrangement kado

130509さとり4歳.jpg

私は幼い頃から植物が好きで、学校から家までの帰り道、ポケット植物図鑑を片手に道草をするような子供でした。母が自宅で華道教室をしていましたので、生徒さんに混ざって見よう見まねでお花を活け始め、庭には季節の草花が植えてありましたので園芸にも関心を持つようになりました。

このように植物に囲まれて育ったので、自分の中での花に対する志向は、他に対するものと比べて、とても強いと感じています。特にその香りには早い段階から興味がありました。

141120茶の花-3.jpg

見た目が美しい花でさえも、香りがないとまるで紙でできた作り物のように思えてしまうことさえあります。一方で、一見地味でさえない花の中に、驚くような魅惑的な香りを漂わせているものを見つけます。

私は特に花の中心の蕊(しべ)に惹かれます。近づいてじいっと見つめていると、甘い蜜を含んだ蕊には、花の思いや夢が詰まっていて、まだ聞いたことのない調べを奏でているように思えます。

たくさんの金色の雄蕊がかしずく真ん中にはお姫様がいて...まあそんなふうに、いつも詩と空想の世界に遊びました。


130330華道教本天保十四年.jpg 

茶道や華道を学ぶにつれ、花の美しさを真に活かすためには、もっと視点を引いて全体の中の調和を見ることが必要だということを知りました。

例えば床の間に活けられる花は、枝ぶりを考え、葉を添えて自然にあるような風情で活けられます。

母だけでなく、私の祖母もまた華道教授でした。庭からただ一枝を切って、無造作に活けただけのように見えるのに、それがいかにも部屋に釣り合って

「それは素晴らしかった」と母は言います。


130528兼六園花菖蒲3.jpg


香りも同様に、花をメインテーマとしても、それを引き立てるトップノートや支えるラストノートたちが過不足なく組み合わされ、花と風景と情緒をそっくり表現します。


茶室の花のように、その場所に調和をもたらし、纏(まと)う人に溶け込み、人生の1シーンを彩るような香りであることが、重要だと私は考えています。


(この記事は過去のプレス・インタビューから、回答を編集して掲載しました。)

春の花 flower arrangement

10140408フラワーアレンジ.jpg

桜の時期の、日曜日の新宿御苑はこみこみだから...。
今日は、みんな休みのアトリエで一人、春の花を眺めながら仕事。

 

10140408フラワーアレンジ2.jpg

ムスカリ、パンジー、リューココリネ、チューリップ。もしゃもしゃ。

資料用の香料植物は別として、通常はアトリエには香りのない花を置く。
ユリなんかが飾ってあったら、気が散ってしまう。

 

生きている花はいいなあ。

ここに造花は絶対に持ち込みたくない。
成長して、やがて枯れていく。

それがいい。

 


 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

 

➤パルファンサトリの香りをお送りします。 →今月のサンプル「さとり」

 

☆通信講座 7月フレグランスデザイン講座の申込受付中  締め切り6月15日

➤スクール案内をお送りしています!

よくあるご質問

http://parfum-satori.com/res/images/school/pdf/qa.pdf

ブログ記事

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/

母の華道② Ikebana international  昭和

130509さとり4歳.jpg

前回の「母の華道①」からずいぶん経ってしまった。


つづきであるが、母はこうしたわけでいろいろと社交に忙しく、私は家にとりのこされたこととも多い。

そっと出ていく母の背中を廊下で見つけ、追いかけ、玄関をはさんで親子で扉を押したり引いたり。

ついに根負けして手を離し、わーっと泣き出すと、サンダルを駆って走っていく母の足音が・・。
ようやく外に出てみると母の背中が遠ざかり小さくなっていく。サザエさんのシーンのようである。

泣いていると留守中は近所のおばさんが家に呼んで面倒を見てくれた。
子供一人を残して出かけられる、のどかな時代であった。

そんな母も、実家から父(私の祖父)が来たときに、私が一人で家にいるのを見つけられてあとで叱られたそうだ。

上は私が4歳くらいの時の写真。
母は30代後半で、今だったらまだ遊びたい盛りの歳だ。

母の華道① Ikebana international 昭和

130415母の生け花.jpg

この古い写真は昭和36年ころだと思われる。
水盤には母の活けたアイリスの花。(ペコちゃんのような顔の私)

昔の女学校は、お茶お花、裁縫は授業の正科だったから、母はごく普通にいけばなはできたし、
嫁ぎ先の姑(しうとめ)が華道の先生がったから、さらにお花を習得するのはしごく当然のことであったろう。

祖母なきあと、自由になった母は相当な有閑マダムになっていくのである。
いろんな社交に精を出していたが、中でも熱心だったのがお花の会である。

華道伝授 誓いの証文  ikebana  1916年

130407華道誓いの書2.jpg

シリーズの続きであるが、私の父方の祖母は華道教授であった。

いまからおよそ100年前、その祖母が華道の免許を受ける際、師に差し出した証文である。


「相伝の秘術については親子兄弟であっても他言しない。

もし誓いを破ったら天罰も、流派の祖の罰も受けます」と誓っている。

証文が残っているということは、契約書のように2通作ったのであろう。 


たかが花を活けると言っても、日本の芸道の厳しさは江戸から続く武道と同じである。

そのように育ったゆえに祖母は強い性格だった。

 

明治、大正になり藩はなくなってもお家が大事。

代々、女系の生まれで、あととりができなければ婿(むこ)をとりかえて、ようやく待望の男子である父が末っ子に生まれた。何番目かの婿である祖父は、曽祖母、祖母の眼鏡にかなうこととなった。しかし父は、養子の祖父よりも大切にされたと言う。


さながら時代劇ドラマのようである。


祖母はお琴の先生でもあった。母は若い頃、父が弾くのも見たことがあるそうだ。

私が生まれる前に祖母は亡くなってしまったが、小さい頃、座敷に紅絹(もみ)に包まれた古い琴があったのを覚えている。

私が琴の包みを開けてみたくなかったはずはないのだが、触ろうとしたら母に叱られて、それきり話題にしてはならぬものとなった。


商家でのんびり育った母は嫁してのち、きつい姑(しゅうとめ)である祖母にずいぶん苦労したようだ。

しかし、姑(祖母)が亡くなってからの母はだんだん家での権力を増し、それまで乳母日傘(おんばひがさ)で育てられた父を圧倒するようになった。


90の母は長寿を得て、いまや大沢家に君臨する女帝である。(笑)

華道 秘伝書 明治三十二年 Ikebana 1899

130404正風遠州流水揚書.jpg

江戸、明治、大正と、つづいて書くと言いながら間があいてしまったが、そして引っ越しの際、茶箱(ちゃばこ)の中から古い風呂敷に包まれた書類一式が出て来たところへ戻る。

とりあえず華道関係の本だけを選んで時代別に並べてみたところ、前回の天保14年(1843年)の華道教本からはだいぶ時期があいているが、次の2冊にわたる古書が明治32年(1899年)のものである。


これは宗祖母(近藤松)が師から秘伝を許されたときに拝領したものらしい。
明治32年、一泉は、先生の一文字をとってつけられた華道の名前と思われる。

自分がどうして植物が好きなのか、そのルーツを見た思いである。

 

130404正風遠州流水揚書2.jpg

正風遠州(?)流水揚傳書と読める。
茶道遠州流は有名であるが、華道にも遠州流があるそうなので、そうかもしれない。

花を長持ちさせるために水揚げを行うが、花ごとに手当が異なるため、この教本にはそれぞれに適した方法が書かれている。

「百合し事」「大手丸(おおてまり?)し事」など、お湯に入れてちょっと切り口をどうとか、これらひとつづつが秘伝だったのであろう。

今であれば、ネットで検索してすぐにノウハウがわかるところだが、この時代コピーもワープロもないわけだから、一冊づつ手で写していくのである。如何に情報に価値があったかである。

また、カルチャーで1時間いくらで支払うのとは違い、師について「道」を学ぶわけで、ますます「伝授」の重さが違うというものだ。

今はなんでも簡単に手に入るし、技術も道具も工夫なしで知ることができるので、便利と言えば便利だが、一方、上辺だけですべてわかったような気になるという弊害も多い。

 

130404正風遠州流お許し状.jpg

父の母方の実家は近藤家といった。


宗祖母は松前(今の小樽)の人である。御典医の家は数代にわたって女しか生まれず、松前藩の家中から婿(むこ)取りをして家を継いでいたそうである。

家を継ぐことができる嫡男(長男)以外の男子はスペアであるから、二男、三男は家長にはなれない。
居続けても「冷や飯食い」「居候(いそうろう)」と呼ばれる身分のまま一生を終える。

そのため次男以下は、家付き役付きの娘がいないかと、よい婿入り先を必死に探すのである。しかし婿入りしても男子を産ませられないと、婿は実家に帰されてしまう。

宗祖母の家もまた、婿を返しては別の婿をとったそうで、厳しいものであった。それは通常の嫁取りと同じく、人より家が大事にされた。家の重要性は今では考えられないほど封建的である。

恋愛、結婚、一生。今の世の中は自由で素晴らしい。

一方、初めから自由だから何が幸せなのかわかりにくい時代であるのかもしれない。

 

 

次回は大正時代の華道「お許し状」 の予定

 

 

ひとつ前の記事 華道教本 天保十四年 

その前の記事  昭和初期の花嫁衣装

その前の前の記事 昭和の学生ファッション

華道教本 天保十四年 Ikebana 1843

130330華道教本天保十四年2.jpg

昨日からの続き  そして引っ越しの際、茶箱の中から古い風呂敷に包まれた書類一式が出て来た。
代々女系(にょけい)の家にようやく生まれた男子である父であるから、大澤家、近藤家、末永家など祖先の書きつけが集まったものらしい。黒田家へ養子に行ったり来たり昔のこととて入り組んでいるようである。

古井風呂敷の中の文書は、汚くてとてもさわる気になれなかったのを手袋をはめて静かにはがしてみると、数冊の花の教本が出て来た。

活け方のデザイン画集のようなものもある。

母曰く、
「お義母さんは花の達人だった、庭からちょっと枝を切ってきて活けるとそれはそれは素晴らしい出来栄えだった」
というので、祖母の手によるものかと思ったが、一番最後のページに書いてある為書の年号をみると

「天保14蕟卯三月十四日」(1843年)となっているので、もっと古い人のもののようだ。

私の母が父や義母に昔聞いたことを、また私が聞いたことなので不明な点も多い。

ねこじゃらし エノコログサ(狗尾草)/Setaria viridis

120822ねこじゃらし2.jpg

ねこじゃらし、ありふれた雑草。

 

  日記は毎日書くと威張ったとたんにお休みした。
  今日は2つ書かねば。

  そう思っているうちに夜になった。

 

 

いけばなの極意 Ikebana/ Japanese flower arangement

120531イケバナ.jpg

 いけばなのプロは別として、こうして日常的に花を活けたりして楽しんでいるのに極意などなくて、ただもう、可愛いのきれいだの、そんな気持ちで活けているだけである。

日本水仙 房咲き 八重 ナルシス

120314スイセン2.jpg

私の花好きを知って、いつも自宅の庭の花を持ってきてくださる方がいる。
この日は水仙の束をいただいた。

ウインドウと、ドレッサーの前に分けてさくっと活けてみる。
とってもいいにおい。

 

まきひげ ぐるぐる らせん うずまき 春のブーケ

120305春のブーケ.jpg

まきひげ、ぐるぐる、らせん、うずまき

お豆のひげは、からむところがなかったら、どんどん伸びて自分に巻きついていく。

沈丁花(じんちょうげ)

120126沈丁花.jpg

L子ちゃんにお花を買いにいってもらったら、お花屋さんがおまけに沈丁花の一枝をつけてくれた。

もう沈丁花・・・?
露地(外のこと)では3月の初めころに咲くのが普通なのに。

和のお花、いけばな

111209つばき.jpg  

 

完全と不完全では、不完全がいいというわけではない。完全がよいに決まっている。

イケバナL子ちゃん

111111イケバナ.jpg

アトリエの1階には、おおむね週一回、花を活ける。
小さな場所だが、全部で5か所の飾るところがある。

 

海外でいけばな②IKEBANA

110706パリハイアット展示会活け花2.jpg

海外でいけばな。これはパリのお花屋さんに、前もって紅葉したもみじを用意してもらった。

外国で活け花

110704アジサイ活花.jpg

外国、、海外で活け花をするときに困るのは、やはり花材と器がないこと。

花を飾る、花を活ける

101208椿.jpg   

花を飾る、花を活ける。

今日のお花 りんどうと菊、シルバーキャット

101107りんどうと菊.jpg

今日のお花は白い竜胆(りんどう)、緑の菊、シルバーキャット。

今日のお花 菊と赤い実 Ikebana

101023今日のお花.jpg

今日のお花は、菊が3種類と白いりんどう、赤い実のカンボク。

 

花は語り合うようにー2

 

090415すずらん.jpg 

花を活けることは難しく考えることはなくて、どんなふうにいれたらきれいかな?とおもいながら、ただ長さを切って向きを決めているだけ。

花は語り合うように-1

 090414くろゆり.jpg

週に一回、家にはお花の先生が来て、生徒さん(大人の人たち)が集まっていた。

生け花用の花を人数分そろえるのは母の役目であった。(お花屋さんに頼むだけ)。


小学生のころ、いつもお稽古をのぞいたりして、切り落とされた小さすぎる蕾や余分な葉や茎などの中から使えそうなものを拾って、まねごとのように飾ったりして遊んでいたのを覚えている。

切りくずは新聞紙の上に集められ、青い匂いをさせていた。

あるとき、大きな黄色いキク(仏壇に飾るような)を一本、新品のままくれるという。手にしたとき、たぶんすごくうれしかったのだと思う。母に、「本当にいいの?」を連発して数10回は聞いただろう。

あんまりしつこく何度も言うからだんだん母は怒りだして「あともう一回でも言ったらもうあげない」と言われたのに、やっぱり小さい声で「ホントニィィ?」と聞いてしまった。花は取り上げられてしまった。泣いた。


子供って、どうして怒られるってわかっているのに、怒られることをしてしまうのだろう?どこまでしたら怒られるのか試してみたいのだろうか?細かいディティールは結構覚えているのに、もう、子供の気持ちには戻れない。

高学年になるにつれ、お稽古を休んだ生徒さんがいるときはその分をもらって、勝手に活けるようになった。ちゃんと入門したのは、やはり中学の時だ。

もうとうに亡くなられた井出先生は勅使河原蒼風(てしがわらそうふう)先生の直弟子だった。くちぐせのように「花と花は語り合うように活けるのよ」と言っておられた。

花のキモチがわかるまでは、まだいかない。ただ、好きだから、そばに置きたい。。。





写真:鉄の花入れ。花材はくろゆりとマロニエ

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ