Parfum Satori

絵画と香りの最近のブログ記事

鏑木清方(かぶらききよかた)と、Le Parfum de GILOT

150313デコのポスター.jpg

毎年8月には、近くのホテルで絵の展覧会を開催しているので、一人で出かけるのが常である。今年は鏑木清方(かぶらききよかた)と上村松園(うえむらしょうえん)を中心に集めた美人画展であった。

鏑木清方は美人画で有名な日本画家であるが、その描かれた女性は美しいばかりでない。日常のちょっとした瞬間をとらえた、細やかな表情がとても魅力的である。また、衣装や背景などを見るとその時代を想像できる。

様々な表情をした女性の絵を眺めながら、会場を行きつ戻りつしながら回っていると、「しだれ桜」というタイトルの、一枚の絵の前で「あっ!」と思った。若い娘が枝垂れ桜の横にふと立ち止まり、花を見上げるかのように顔をやや仰向けている。鏑木清方が1914年頃に描いたものだ。

「はっとした」というのは、その絵ととてもよく似た印象の、昔の香水ポスターが思い出されたからである。


その絵は「GILOT」という、フランスの古い香水ブランドのポスターで、1932年に発刊された「La Parfumerie Francaise et L'art dans la Presentation」という古書に載っている(写真上)。

浮世絵を思わせる色と線の、デコ調のロマンチックなポスターである。ごつごつした樹の姿から、花は「しだれ梅(うめ)」だろう。



展覧会で見た鏑木清方の「しだれ桜」は樹の幹の配置は右側で、娘は着物を着ている。あとで戻ってから本と見比べてみれば、違うと言えば違うが、絵を見た時にはそう感じたのであるから、何か通じる情緒があるのだと思う。


ゴッホが広重(ひろしげ)に影響を受けたのは有名であるが、その後も日本の美術、工芸はヨーロッパ美術に影響を与え続け、アールヌーボー、アールデコへと進化した。

この香水ポスターが、鏑木清方の「しだれ桜」にインスパイアされたかどうかはわからない。しかし「GILOT」の香水は、1920年以降に多く発売されているので、同じ時代を生きていたと私には思われる。


「ルノワールの家美術館」Cagnes-sur-Mer

IMG_7465 (640x427).jpg



南仏カーニュ・シュル・メール(Cagnes-sur-Mer)の丘の上、「ルノワール(Renoir)の家美術館」に行く。少女趣味的独善による私的な見解を述べてみたい。




特徴的なくちびる、やや扁平な丸い顔、豊かな腰。

なぜ後半のルノアールの作品のモデルの顔が似ているのか、ここにきてようやくわかったような気がする。


IMG_7421 (640x427).jpg

この日は「ルノアールの家」美術館の、たまたま月一回の無料入場日。



IMG_7429 (640x427).jpg

ルノアールが晩年を過ごした家。まず、アプローチから始まる、大きな古いオリーブの林がとても素晴らしい。


IMG_7434 (640x427).jpg


「このまま絵にしたらいいだけ」(もちろんそうじゃないけど)、というような気もしてくるくらい、柔らかく明るい光と色の美しさ。。。


IMG_7456 (640x427).jpg

ここが彼の建てた家。

成功したルノワールは、健康のこともあり南仏に土地を買い、ブルジョワジーの雰囲気を持つこの家を建設した。家自体はまだ100年余りのもので、古いとは言えないが、さらに2013年にリニューアルされた。



IMG_7452 (640x427).jpg

外からみた窓を、中から見たのが下の写真。


IMG_7526 (640x427).jpg

リビングの窓から、遠く海が見える。バラ色の、なんて幸せな空間。生前の家具をできるだけ忠実に再現しておいてあるそうだ。



IMG_7458 (640x481).jpg

1階には彫刻家のリシャール・ギノ、ルイ・モレルとコラボレーションの作品が並ぶ。とても迫力がある。


IMG_7470 (640x427).jpg

作品の特徴の一つ、腰から臀部にかけてのおおらかな線。どっしりとして暖かく、母性的で強い。


IMG_7468 (640x427).jpg

これはRenoirの最後の妻、アリーヌ夫人の胸像。豊かな胸、やや反った唇、ふっくらとした面立ち。



IMG_7462 (640x427).jpg

彫像の多くはこの反った唇を持っている。息子にもそっくり。


IMG_7518 (640x427).jpg

とても美しい建物。白い階段には光が満ち溢れている。


IMG_7542 (640x427).jpg

生前のアトリエも、イーゼルや道具とともに公開されているが、主人公なしでは、(痛ましくて)写真を載せることができない。


IMG_7544 (640x427).jpg

この少女はアリーヌ夫人によく似ていると思う。


IMG_7514 (640x427).jpg

この家は小高い丘の上に建てられており、テラスからはカーニュの街と、向こうに地中海が臨(のぞ)める。海から吹き上げる風もフレッシュで、リウマチを患っていた晩年のルノアールにはよい気候だったに違いない。





IMG_7524 (640x427).jpg

暮らしを垣間見える「ルノワールの家」
このリビングには、愛と幸せがあるように思う。

「私もこんなおうちに住みたい」という少女趣味的独善。

IMG_7533 (640x427).jpg

どの部屋も、明るい淡い色合いの光で満たされている。ルノワールはポスト印象派、とも言われるそうだが、この家全体が印象派だと思う。

研究者でないから、あくまでもイメージによる見解。

IMG_7567 (640x427).jpg

ビーナスのこの唇に、庭でも会った。扁平な顔と、共通にみられる特徴。ルノアールにとって、最後の妻は最愛の人だったのだと、ここへきてひとりロマンチックに思っている。

それまで、ルノアールの柔らかいタッチは好ましいものの、なぜ彼の描く女性が、彫りの深いいわゆる西洋美人タイプではないのか?そしてなぜ、それなのに人気があるのか、がちょっと不思議だった。

でも、この地に来てこの暖かい母性、豊かさ、素朴なゆえの美徳、というものが少し腑に落ちた気がする。顔は、南方の血が入っているのだろうか。息子の写真も飾ってあったが、お母さんにそっくり。




IMG_7557 (640x427).jpg


作り手としては、「作品」を見てもらいたいのであって、その「生活」を死後にあれこれいじられたくないという気持ちがある。


だから作家の作品はみたくても、彼らの日常を覗(のぞ)くのは気が引ける。とはいえ、この暮らしを見たからこそちょっとだけ作品に近づいた気がするのも確かなのである。



18953191_10154740252575945_8499658891387326251_o (640x480).jpg




ルノアールの作品の中にもある農家の裏手。中では息子が撮った映画が上映されている。
(記憶ではそうだったと思う。)


名物はその地で味わうべきというが、やはりルノアールにしても、シャガールにしても、(ロゼワインにしても)、南仏の光と空気の中で見るのが最も気持ちに訴えると思う。





ビバ!フランス!









シャガール美術館 ニース⑤ Musée national Marc Chagall

140628nice23.jpg

ニースのちょっと坂を上がったところにあるマークシャガール美術館。
たまたま通りかかって入ってみることにした。

お庭の中にあるこざっぱりとした建物。

素晴らしい作品の一部がこのサイトで紹介されている。
シャガール美術館オフィシャルサイト,

140628nicechagal.jpg



光を取り入れた館内はパリの美術館と違って明るく開放的。
シャガールをこんなに一度にたくさん見たのは初めて。

今まであまり好きではなかったけれど、大作を見るとまた感想も変わってくる。

やはりこれは南仏で見るのがふさわしいような気がする。
一番いいものを見て初めて、本当の感想を言うことが許されるのかな、と反省してしまう。


フランスは田舎でもいい美術館がたくさんあるし、小さな画廊でびっくりするような巨匠の作品展をしていたりする。
日本だったら3メートルは離れてみなければならないような作品が身近に感じられ、芸術が日常に溶け込んでいる。

「一回行ったらいい」というのではなく、何度でも訪れたい場所、それがミュゼ。


なぜ日本では海外の作品を中心にした、西欧風の美術館を作ったりしたがるんだろう?
海外旅行ができない昔ならいざ知らず、今は渡航はずいぶん簡単になった。

明るく乾いた光があふれる南仏。
印象派の画家が選んだ土地に行かないで、絵だけを持ってきて理解できるというの?



日本の湿って朦朧とした空気には、木と紙の日本家屋がふさわしく、日本の絵画がふさわしく、人々の暮らしがふさわしく、そこで衣食をするからこそ、日本画の本当の良さを味わえるのではないかしら?
鑑賞するなら...地産地消・・・? じゃないのかな。


「もっともっと、自分のそばにある宝物を大切にしたい」とは海外に行くといつも感じることである。



140628nice22.jpg

キールを飲みながら、広びろとした美術館のお庭でくつろいでいたら、気が付いたときはもう6時。
マチス美術館も近かいので行きたい気もしたけれど閉館だ。

でもやはり美術館は一日ひとつがちょうどいい。

日本の美術館も、もっと居心地のいいカフェを作るべき。
そこは、絵の感動が雑踏に消されてしまわないように、心の中で今見てきたアートをレビューする場所だから。

そこも含めて美術館じゃない?





➤7月、パルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「オリベ」です。パル ファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。


大胆で自由な気風で、美の新しい価値観を茶の世界に作った16世紀の茶人、古田織部。焼き物に代表される濃い緑と黒のデザインは、むしろモダンです。ださわやかなだけのグリーンティーとは一味違う、日本の茶の香りです。


オーラを撮る 高崎勉 Tsutomu Takasaki

10140409高崎勉写真集.jpg

高崎さんはオーラを撮れる人だと思う。

 

誰が撮っても、シャッターを押せば景色は同じはず、見えるように撮れるはず...。

しかし人は同じ光景を前にして、同じように見ているわけではない。

形ではなく、そのものが醸し出している雰囲気、情緒、オーラ。

高崎さんの写真をみると、「カメラが写すんじゃない、人が写すんだ」って納得する。

 

そんな高崎さんの写真集「Silhouette」。
「静寂の中に感じる自然の息遣い」というサブタイトルがついている。

NPO法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」が2月から4ヶ月連続で月に3名ずつ(計12名)の写真家を選出し、桜花出版からシリーズとして発表される。その中の一冊だ。

この真っ赤な表紙が12冊、書店に平積みされたら圧巻だろうと想像する。
さすが一流のデザイナーとプロデューサーが手がけるだけあって、つい手に取りたくなってしまう装丁だ。

しかし、この「silhouette(シルエット)」の写真は一体どうやって撮ったのか?
写真家にはすごく興味のあるところだろう。
中身についてくどくは言うまい、書店に走るべし。

 

高崎さんと私の不思議な出会いについては、過去に描いている。

Photographers File 2010

私の香水の写真を撮ってもらえる、この幸運に感謝している。 

 

 

 ▶ 高崎勉さんのweb site → 
Photograper Tsutomu Takasaki   http://www.t-tak.jp/top.html

 

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

 

➤パルファンサトリの香りをお送りします。 →今月のサンプル「さとり」

「infinity」 MIDORI YAMADA

120825みどりさん.jpg
 
どこか懐かしくてとても新しい、この素敵なデザインに魅せられて。
 
この絵を描いたMIDORIさんご本人もとてもキレイな方だが、色使いの美しさには目を奪われる。
昨年だっただろうか、アトリエで初めて拝見した時に、彼女の絵にいっぺんに虜になってしまった。
 
丸をモチーフに、中を細かく細かく色と形で埋めていく。それをまたいくつも重ねて、つなげて・・・。
繰返しているようで単調ではない。
どのモチーフ一つとっても可愛くて、眺めていて飽きない。

Life 高崎勉 写真展 2011年12月7日(水)〜18日(日)

111130高崎さん展示会2.jpg  

「Life 高崎勉写真展」が来週水曜日からギャラリーヴィグロワで開催される。

 

いつも、高崎さんの写真には魅了されてしまう。
変な言い方だが、魂を奪われるっていうのかな・・・ような感じがする。

この方の作品をみると、「写真って、人が撮るのであってカメラが写すんじゃない」って本当に思う。

 

高崎 勉 Breath.展

1105101高崎勉写真展.jpg

フォトグラファー高崎勉さんの個展「Breath.展」、今日から。

吉岡耕二 個展 MIDNIGHT JAZZ Koji Yoshioka

101212吉岡.jpg 

吉岡耕二さんの個展、「MIDNIGHT JAZZ KOJI YOSHIOKA」が、銀座桜の木ギャラリーで開催され、そのオープニングパーティーに行ってきた。

 

アトリエの窓から

100429アトリエの窓から.jpg
 
アトリエの窓から  小泉淳作 講談社 1998年

小泉淳作氏は、創るということに対して非常に厳しい人だ。そして、この「アトリエの窓から」は、真摯な人間に対しては、優しい本かもしれない。
 
プロになる厳しさや、若い頃の逡巡、商業アートと芸術の違いなど、長い道のりを乗り越えてきた方が話すからこそ説得力がある。
 
私はこの本から、見えるものも見えないものも、なにに関しても、創るに関わる厳しさと酷さ、喜びなどを学んだ。

というよりは、学び方を知っただけで、いまだ学んでいる途中と言った方が正しい。いや、途中なのかもわからない。
 
本の冒頭は、「個性というもの」から始まる。
 
「絵画作品に現れる個性というものは、すなわち作者自身であって、無理に画面の中に特徴を表そうとしても、それは個性ではなくて単なる作意に他ならない。作者は自分自身の心の中の欲求や感動を素直にみつめ、それに従うことによって画面に自然ににじみ出てくるものが、本当の個性というものではないかと思う。」(アトリエの窓から,1998年,P10)

今から12年前、この本に出会ったとき、厳しい師匠にビシビシ叱られているような気がした。また、軽妙な語り口が、時にユーモアがあって暖かい人柄をも感じ、励まされたり慰められているような気にもなった。
 
特に、氏がシーラカンスに出逢った時の衝撃を話しておられる章があり、「心を動かされるというのは、こういうものなのか」と、こちらまで感動が伝わってきた。それは、素直にその時の気持ちを語っていたからに違いない。

1999年に、ある香水のコンテストがあって、その課題が2000年を前にした「ミレニアム」だった。
 
私は、「我の名はシーラカンス、三憶年を生きるものなり」(P54)という氏の讃を引用させていただき、「2千年など僅かな時間に過ぎず、人間はそれで驕ってはいけない」というような内容で「シーラカンス」という香水を提出したのだった。海の底に静かに息づく怪魚をシプレーで表現した。

人類の歴史を讃える内容が多い中、ちょっと異色だったためか、面白いという評価と小さな賞を戴いた時は嬉しかった。その直後、代々木にサロンを開いた時、それにちなんでシーラカンスの学名Latimeria(ラチメリア)という名で始めたのだった。

若い時というのは、欲もあるし夢もあるし、評価もされたい。それが大きければ苦しいが、まったくなければ何かを達成することはできない。あきらめたり、挑戦したり、気持ちは常に揺れている。
 
「迷いながら、苦しみながら道を模索する、それが人生だ」ということがいつになったらわかるのだろう。そう思いながら、この本を道しるべに今も歩いている。
 
 
 

PHOTO-GRAPHERS FILE 2010

100316Photograhphers file 2010-3.jpg

フォトグラファー、高崎勉さんの写真には、特別な空気が流れている。

ある日、たまたま手にしたあるジュエリーブランドのカタログ。そこに写っていたのは、それまで見てきた宝飾写真とは違う印象のものだった。

私はその写真に少し感傷的な物語を感じ、「紙系お宝箱」の中にしまったのだった。その写真を撮ったのが高崎さんだと知ったのは、ずっとずっと後のことだ。

 

昨年4月に、パルファンサトリ・ホームページ・リニューアルを計画した時、その正方形の小さい冊子のことを思い出した。何度も眺めたりして、HPのためのいろいろな素材と一緒に、それは「今動いているお仕事ファイル」の中に引っ越した。

 

ちょうどそのころ、「PROGRAM(プログラム)」というブラックカード会員のための雑誌取材があり、アトリエの撮影にいらしたのが高崎さんだった。広告写真でも有名な方だと紹介された。

彼はオルガン台やアンティークの香水瓶などいくつかのカットを撮り、茶壷香水をスタジオへ持って帰られた。

 

6月に出来上がった雑誌、プログラムを見て、「こんなに素敵にとってもらえるなんて!」と私はとても嬉しかった。以前、他の方が撮った重厚な茶壷香水もよかったけれど、この、すがすがしい透明感のある茶壷の写真はとても新鮮だった。

彼のウェブサイトも見た。private works、繊細な色と光に魅入られてしまった。しかしまったく迂闊なのだが、その段階でもまだ、彼とジュエリーの写真とは私の中で結びついていない。

 

途中フランスに行ってたりして、HP制作はゆっくりと進んでいた。おおよそ構造やレイアウト、文章なども決まってきて、あとは写真をどうするかという段階になった。一番大事な部分がまだ決まっていなかったのだ。

高崎さんは受けてくれるだろうか?と心配だったのだが、どうしても彼にメインのページを飾ってもらいたくてお願いしたら、忙しいにもかかわらず快く引き受けてくださった。

トップの茶壷香水と、「コレクション」など、大きなイメージショットは彼のお仕事だ。ボトルの底を並べた「PARFUM SATORIについて」は、かなり気に入っている。「FOR HIM」もかっこいい。

 

11月、無事アップして達成感とともにHPを眺めているその時、「そういえば・・・」と、彼を紹介してくれた人の話に、そのジュエリーブランドのキャリアがあったのを思い出した。『もしかしてこの写真、彼のじゃないかしら・・・』

確かめようと思いつつ、ずいぶん時間が経ってしまったのだが、今日、ご本人にそのジュエリーのカタログを見てもらったところ、確かにそうだということが判明し、あらためて感動。

はじめに「願い」があって、「出逢い」があった。人と人は見えない縁でつながっているものだ、と思う。

 

結局、作品とか成果物というものは「人となり」が出てくるのだ。また、そうでなくては人の心を動かすようなものにならない。

明治通り、銀杏並木を描く

091206 イチョウ.jpg

夜半の雨が街を洗い流し、朝の日差しが銀杏並木をまばゆいように照らしている。

吉岡 耕二 色彩の旅 東急Bunkamuraギャラリー 

 091128吉岡耕二.jpg

吉岡耕二さんの東急文化村での個展は10回目になる。

香水の絵本 Louise de Vilmorin ルイズドビルモラン

091120vilmorin1.jpg

グラースの香水博物館に行った時、ミュージアムショップで可愛い絵葉書を見つけた。
ポエムがそのまま花の絵をかたどっている。

どこかで見たような・・・?
日本に帰ってきてから、洋書の本棚を探してみた。

アルフォンス・ミュシャ ALPHONSE MUCHA

ミュシャ3.jpg
 
 
初めてミュシャの絵を見たのは、すごーく昔、16歳の時だ。
ロンドンの街角を歩いているときに、ポスター屋さんに飾ってあるのを見て一目で惹かれてしまった。
 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ