Parfum Satori

ドーヴィル Deauville 2014の最近のブログ記事

美しい港町 オンフルール Honfleur

2014_06_11オンフルール古い家.jpg

そのままで絵になる美しい古い港町。
印象派の題材にもなったし、エリックサティの生地でもある。

「そのまま描けば絵になるんだから簡単よ!」と言ったら、「そのまま描けないから普通の人には難しいんじゃない!」と言われた。

ちょっと抜けてきたWPC、ランチに来た、ここはドゥーヴィルから車で1時間の小さな街。
満ち潮時に船が下を通る時には橋が上がる。
ちょうどそのシーンを目撃できた。


2014_06_11オンフルール2.jpg



色がきれいなレストラン。
建物の古びた色合いがベースだから、この配色が映えるみたい。


2014_06_11オンフルール3.jpg

奥は昔から塩の生産をしていた場所。
聞いたところでは、水揚げした魚介類についてきた海水を干して塩を取ったのだという。




2014_06_11オンフルール.jpg

港町だもの、ここはやっぱり海の幸でしょう!
この小さなタニシみたいな貝をほって食べるのがいける。

ここのところずっとロゼ。
お昼だからグラス1杯でガマン。

2014_06_11オンフルール4.jpg

デザートは山の幸といってもいいかしら?チーズもこの辺は有名だもの。
右上端が一番匂いがきつくて、すごくおいしい。




カントリーハウス ロアヴィル ROIVILLE

roiville10.jpg

ROIVILLE は王様の村、という意味。ドゥーヴィルから1時間ほどの小さな村。
このカントリーハウスの持ち主は、パリで仕事をして週末はここへ来て過ごすという。

roivile4-2.jpg


空気のフレッシュな、気持ちのいいところ。
近隣にはカマンベールチーズを作っている村や、カルヴァドスを作っている場所もある。



roiville6.jpg

詩情に満ちた光景が広がる。
バラ、リンデン、チェリー、野生のうさぎ、放し飼いの牛、豊かな自然。


roiville3.jpg

この時期の夜は遅い。
まだ明るいうちから、みんなでゆっくりと食事をしていると、眼前に広がる丘の向こうに静かに陽が沈んでいく。



roiville1.jpg

夜には星がいっぱい。
北斗七星がすごく高い位置にある。カシオペアは北の空に。
方角が混乱する。

理想郷のような場所、完璧すぎる。





ドゥーヴィルの海岸 plage de Deauville

2014_06_12 deauville6.jpg

ここドゥーヴィルは、アメリカ映画祭Festival du Cinéma Américainが開かれる場所。
ビーチにあるのは板張りの遊歩道「レ・プランシュ・Les Planches」。
キャビン(小屋)がずらりと並び、ドゥーヴィルを訪れた映画スターの名前が書かれている。
私の立っている場所はマーロンブランド。

2014_06_12 deauville7.jpg

ロバート・ミッチャム Robert Mitchum

2014_06_12 deauville8.jpg

日は満月で大潮のため、遠くまで砂浜が下がっている。
白く滑らかな砂の上には、砕けた貝殻が花のように散らばり、ここまで海水が浸しているのがうかがえる。


2014_06_12 sunset.jpg

今は昼が最も長い季節なので、日没は夜10時くらい。
まだ明るいと思って外にいると、帰ってから遅くてびっくりする。

部屋に戻り書類整理をしたり、なんだかんだしてるうちにすっかり夜も更けてしまう。
でも朝は早いので、結果・・・寝る時間はほんのちょっぴり。



2014_06_12.jpg

同行のエレオノレは南仏の人。
「ノルマンジーの海に入りたい!」と靴を脱いで海に入るのに誘われて、私も裾をまくりあげて続いて入ってみる。

今日のノルマンジーの海はとても静か。
そして、冷たい。



140612月の出.jpg

振り返れば、反対の陸の方から月が上がってくる。
夕日に染まったキャビンはまるで蜃気楼のよう。。。

日没を背に、長く長く私たちの影が伸びている。

plage deauvill2.jpg

海からの帰り道。
白と緑だったキャビンは、すっかりサーモンピンクに染まり、非現実な世界が続いている。

2014_06_12 risingmoon.jpg


陽が沈み、月が登る。
地球の反対から落ちてきた月はここに登り、私が見ているこの太陽は、翌朝の日本で迎えられる。





ドゥーヴィルの街並 Deauville

2014_06_12 deauville2.jpg

ドゥーヴィルに見られるノルマンディー様式の建築。
木の柱と筋かいを表に見せた特徴的な建物である。


2014_06_12 deauville1.jpg

小さな街だが通り全体にこのような建築物が並んでいる。
この感じどっかで見たと思ったら、高原のペンションとか?




2014_06_12 deauville5.jpg

有名なノルマンジーホテルの屋根は、さまざまな動物で飾られている。

2014_06_12 deauville4.jpg

いかにも高級リゾート地と言った雰囲気のカジノ。
WPC最後のパーティーはここで行われた。

ちょっとスノッブな建物。

2014_06_12 deauville3.jpg

私の泊まったホテルは海岸から5分のロケーション。一番上が私のお部屋。

つづく




2014 World Perfumery Congress WPC June 10-12 ドゥーヴィル

140610WPC6.jpg

フランス北西部にあるドゥービルはノルマンディー海岸の女王と言われています。
なだらかな白い砂浜と、カジノ、競馬場、ヴィラなどのある高級別荘地。

あの、映画「男と女」の舞台にもなった有名な避暑地です。
2014年の世界調香師会議はここドゥービルで行われました。

会場はCentre International Deauville。

140610WPC1.jpg

会場内ホール。
展示場や、講演会場などがあります。


140610WPC5.jpg

大きな香料会社のブースは広くて立派。

140610WPC2-2.jpg
ここの天然香料はとてもいい。
モリックレミの娘さんの会社。

140610WPC4.jpg

とてもすてきなプレゼン。刺激になります。


140610WPC.jpg

大きな香料会社がずらりスポンサーに。


つづく

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ