Parfum Satori

オセアニアの最近のブログ記事

メルボルンとタスマニア Melbourne

メルボルン.jpg

今日、オーストラリアのお客様が訪ねて見えた。
メルボルンから日本へワーキングビザできたという。

オーストラリアにいるときに、香水専門のSNS「ベースノート(Basenote )」に載っているパルファンサトリの記事を読み、興味を持ってHPを見たのだそうだ。

コンセプトがとても面白く、ぜひ香りを見てみたいと思っていたとか。
日本に来て5か月、ようやくこの店を訪ねてこれたということである。


 

一通り男性用の香水を見終わって雑談になった。

「私もMelbourneに行きましたよ。海岸ごしにタスマニア島が見えました」

そういうと彼はちょっと戸惑った顔をしたと思うと笑って、
「タスマニアはとても遠いから、Melbourneからは見えません」

「えええっ!」『だって、オーストラリアナンバー1の高さを誇るユーレカタワーの部屋の窓から、住人がそういったのに・・・!』

「もし見えたとすればそれは近くの小さな島、フィリップ島じゃないかな?」

 

上の写真は以前メルボルンに行った時に、ユーレカタワーの上から撮った写真。
そのときのブログにもそんなこと(タスマニアが見えるとか)書いていた。

タスマニアは世界地図で見るとメルボルンのすぐそばにある小さな島だ。・・・と思っていた。

しかしお客様が帰ってからすぐに調べてみたら、タスマニアはメルボルンからは240キロも離れているし、小ぶりの北海道くらいの大きさがある。

海岸から見る水平線はおよそ5キロ先。

まったく疑わなかったが、
高層タワーの上からでも15キロくらい先しか見えないそうだから、タスマニアは丸い地球の向こうに隠れて見えるわけがないのだ。恥ずかしいなあ。

なるほど・・・。しかし万が一にも蜃気楼があったら・・・?まあありえないけど。
はて、蜃気楼ってどのくらい先まで見える可能性があるのかな?



 

明日はパーティーがあるから、何か香水をつけていきたかったそうだ。

彼は「強い香りがいい」というので

「女の子にモテたい?」
「もちろん!」


「じゃあ、マザーロード66がいいと思いますよ。男性は強い香りだったら女性にアピールできると思っていますが、『あれ?いい匂いだけど・・何だろう?』とそばによって見たくなる程度に香るのが一番いいの。」


それを聞いて快活に笑う若い彼。
きっと人気者になるんじゃないかな?

私の知っているオージーってみんな明るい。

ゴールドコースト Gold Coast /Australia

100219ゴールドコースト2.jpg

オーストラリア、ゴールドコーストの冬。

メルボルン3

090624メルボルン高層マンション.jpg

メルボルン、川を挟んだサウスゲートは、趣(おもむき)のある旧市街とは対照的に、近代的なビルが立ち並ぶ。

2 メルボルンの夏 

090625空港から.jpg

7月、日本の夏は、南半球のオーストラリアの真冬。

ここはどこの街でしょう?

090624メルボルン小路.jpg

さてここはどこでしょう?パリ・サンジェルマンデプレの雰囲気?

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ