Parfum Satori

スケルトンの腕時計 VAN CLEEF & ARPELS Watch

20190817vancleefwatch.jpg

私がいま持っている腕時計はみなゼンマイで動いています。

時計の美しさは機能美です。その最も大切な部分を見せたのがスケルトン。この時計は表だけでなく、シースルーバックになっています。




時計マニア、というほどではありませんが、小さいころから歯車が好きでした。どのような仕組みで動いているのか知りたくて、家の時計を分解したという子供は多いと思いますが、私もその一人です。


当時の子供部屋の壁には、時計の部品で描かれた絵がかかっていました。

小さな金縁の額には、ゼンマイやら歯車やらが並べられて、クラッシックカーの形になっていたのを覚えています。




中学生になって初めて買ってもらった腕時計はラドー(RADO)です。ブルーの文字盤で小ぶりの四角のケースでした。

それは機械時計ではなく、また、そのあとでいくつか持っていたドレスウォッチもみなクォーツでした。
女性用は機械式は少ないようですね。メカニックよりケースのデザインが好きな女性が多いと思われているのでしょう。


でも、調香のアトリエを始めてまもなく、機械時計に強く惹かれるようになりました。この写真のスケルトンの時計は、そのころ手に入れたものです。




なんといっても、「香水を作る仕事は、ひとつの時計を組み立てるようなもの」と、シンパシーを感じたのかもしれません。


スイスのオーディマ・ピゲ(AP)で修行した、日本の時計職人の吉田さん(YSK Watch Instruments➣ https://ysk-watch-instruments.com/)に、何度かこの時計のオーバーホールをお願いし、そのおり工房へ伺ったことも、機械時計への興味を深めることとなりました。


20190817vancleefwatch2.jpg

2000年に個人で調香の仕事を始めて、最初の10年くらいは一日16時間くらいアトリエにいたと思います。

土日もなく、正月は2日からなんだかんだと作業をしていました。アトリエにいるのが好きだったんですね。体力もありました。仕事すればするほど「えらい」と思われていた時代です。

しかしいくら長く仕事をしても「見合うような成果が出ない」と思うこともしばしば。自分に対する期待が大きかったのでしょう。日本でインディペンデントの調香師になるには、時代が早かったかもしれません。




そんなとき、腕にはめたこのスケルトンの時計の中を見つめていると、働き者の歯車たちがとても愛(いと)しく思えました。

リューズを巻いて、巻き上がったゼンマイがほどけるとき、歯車から次の歯車へと動力が伝わり、チクタクチクタクと振り子(テンプ)がリズミカルに動く。

特に好きなのはテンプと、ギザギザのついたガンギ車です。心臓の鼓動のようです。

そして働いても摩耗しない、擦り減らない・・・軸受(じくうけ)にはめられたルビーの赤を見ていると、頬が紅潮し勇気がでてきたものです。





「時間」という抽象的な概念を、目に見える形に示したのが時計だと思います。

砂時計、水時計、日時計など、時を計るにはいろいろな時計があります。

中でも機械式腕時計は、一連の歯車動力を丸い小さいケースの中に収めて、正確さと利便性を持ち、かつ極限まで美しさを追求した、芸術作品だと思う方は多いのではないでしょうか。


20190817vancleefwatch3.jpg


オーバーホールをしてもらったとき、「このスイスウォッチは、ごく薄いケースと裏表スケルトンで実に繊細なため、ベルトを強く締めるだけでもムーブメントにひずみが出ることもある」のだと聞きました。

夏場は汗をかくので中に曇りが入るので、涼しくなるまでつけられません。


スイスの高級ウォッチメーカーによれば、こうした時計は「汗をかくような人はつけないでください」ということなので、ひがな一日、上品に座っているような人がつけるべきものなのでしょう。


ラフな私にはまだ、「象が踏んでも壊れない」ようなスポーツウォッチのほうが、ふさわしいのかもしれません。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ