Parfum Satori

MizunaraCask -ミズナラカスク- 

20180609ミズナラカスク3.jpg

「ミズナラができるまで」の一部は、昨年の発売後のブログでアップしましたが、一年が経ちさまざまな思い出などもよみがえり、また何回かに分けてお伝えしたいと思います。



きっかけは、「水楢佳寿久/MIZUNARA CASK」というオーセンティックなバーに初めて行った時、2015年の秋のことです。

知人に連れられ、店内に一歩入った瞬間に、ふんわりと木の香りに包まれました。





バーといえば「タバコのにおい」というイメージがあった私は、清潔感のあるこの香りを新鮮に感じ、すっかりここを気に入ってしまいました。女性のバーテンダーさんがいるのも、入りやすいポイントです。

何度か通ううち、「いつもいい香りがするのですが、どんなフレグランスを流しているのですか?」

ちょうど私はルームフレグランスの仕事を受けていたこともあり、興味があって聞いてみると、意外や「特にフレグランスは流していない」というお答え。




20180527ミズナラカスク.jpg

どうやら秘密はこの樹齢500年!のミズナラ材のカウンターテーブルにあるようです。虎斑模様も美しいカウンターの中を見れば、そこにも大きなミズナラの樹が。

お店の内装全体に木材がふんだんに使われてもおり、そこかしこから少しずつ樹木の香りが放たれているのでしょう。



20180527ミズナラカスク2.jpg


お店の名前の「ミズナラ(水楢)」の由来を伺ったり、色々なウイスキーを紹介されているうちに、味わいと香りの違いを知ってびっくりしました。


ミズナラ材を使った樽のウイスキーを、こちらで初めて試飲させていただけたのも、香りのイマジネーションのためには幸せなことでした。




20180603ミズナラyamazaki.jpg


3年前と言えば、まだジャパニーズウイスキーが世界市場で高騰する前のこと。今ではなかなか口にすることはできなくなりました。

20180603ミズナラボウモワ.jpg

海外の有名ブランドにもミズナラの名前で作られたものもあり、それらのウイスキーにまつわるお話などもとても興味深く、一所懸命ノートを取ったものです。

しかし、しっかりdescriptionをするつもりが何種類も味わっているうちに、つい心地よくなって酔いしれてしまいます。
そこでまた、自分の記憶を確かなものにするために訪れる、、、。


そのようなわけで、「樽の内部で発生する穏やかな化学的変化および物理的変化について研究中」とか言って、当時はこちらに通ったというわけです。(笑)




20180609ミズナラカスク2.jpg


カスク(CASK)は、もともとワインやウィスキーを熟成させる樽のこと。こちらでは「佳寿久」と漢字があてられています。

洋のお酒を扱っている和のオーセンティックバーにふさわしい名前と、流麗な文字が素敵ですね。















ミズナラカスク様では、20196月1日~29日までの1ヶ月間、
フルボトルと限定コフレをお買い求めいただけます。

➤六本木ミズナラカスク(MIZUNARA CASK) http://mizunara-cask.com/


<商品詳細>
・ミズナラ -Mizunara- 15ml (アトマイザー)
Perfume Book
・オリジナルポーチ
・価格 ¥8640(税込)

※15
個限定となります。

20190522mizuaracoffret2.jpg


ミズナラのできるまで ミズナラ・メイキングストーリー 


パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ