Parfum Satori

フレグランス パーティ 2019のご報告③香水ソムリエsommelier

20190203sommelier.jpg

大泉健太さんは、2017年4月から香水ソムリエコースに入られました。

大泉さんは「ジュニア香水ソムリエ」コースを修了された後、「香水ソムリエ®」に進まれ、2018年に全課題を終え、認定試験に合格し、パルファンサトリの香水ソムリエ®として資格を取得されました。



認定式には服部栄養専門学校校長、服部幸應先生にお越しいただき、「香水ソムリエ®」立会人として今回もご挨拶を頂きました。


これまでも服部先生には、パルファンサトリの「日本の香水文化を育てたい」というフィロソフィーにご賛同いただき、パルファンサトリブランド及びスクールへのご協力を賜り、一同、大変感謝しております。


20190203sommelier6.jpg

ジュニア香水ソムリエは、四季の香りを楽しみながら学べる情緒豊かな入門講座。香水を体系的に理解し、香りの言語表現を学びます。

そして次の「香水ソムリエ®」のコースは、評価や表現力に加えて、ビジネスの現場でも役に立つようなマーケティング理論、知識なども盛り込まれ、内容がぐっと専門的になり難易度も高くなります。

自身のブランドを持つパフューマーならではの実践的トピックスも用意され、「香水ソムリエ®」に求められる、評価力、コミュニケーション力、リサーチ力を身につけていきます。


大泉さんの今後の活躍に期待しています!


20190203sommelier10.jpg

香水ソムリエ科の「コラージュコンテスト」の2018年度最優秀賞は、現在ジュニア香水ソムリエで学ばれているKSS Shihoさんの作品です。 


この作品は、前年度のフレグランスオブザイヤー「シンガプーラ(Singapula)佐藤姿子さん作」の香りをコラージュしたもので、香りのアピールポイントやそのシックでミステリアスな印象を最も繊細に表現していると思います。

 制作したコラージュでもっともアピールしたかった香りのポイントとして、「香りの存在感や持続力と軽やかさのコントラスト」とKSSshihoさんも述べられていますが、まさにそのコントラストが抑えた表現ながらわかりやすく伝わってくる完成度の高い作品だと評価しました。

遠方のため今回のパーティにはご出席がかないませんでしたが、こちらも受賞式にて表彰されました。

ぜひ来年度「香水ソムリエ®」を目指して頑張って頂きたいと思っています!




20190203party17.jpg

また、今回フレグランスデザイン科の方には、ご自身のコンテスト出品作にコラージュをつけて参加していただきました。

今回は「大沢さとり賞」として布施むつきさんの「和のしずく」が選ばれ、記念品が渡されました。

手の込んだコラージュに、楽しさや香りへの思いを感じました。





20190203sommelier7.jpg



フォトコンテスト最優秀賞には、ジュニア香水ソムリエを受講中の「KSSちあき」さんのブログ「香りと記憶」が選ばれました。

KSSちあきさんは、毎月のフィールド学習の報告というかたちで「香りのブログ」を活用されています。特にこの11月投稿の「香りと記憶」のブログでは、香りを積極的に楽しまれている姿を拝見させていただきました。

ご自身の記憶に残っている秋の香りの数々について語ってくださったのが上記の写真。

「花梨 トマト カラタチ 桂の葉。 花梨にγ‐ウンデカラクトン、箱に詰められた新鮮なトマトから香る青い香りにcassis345、カラタチにインド-ル臭、枯れた桂の葉に醬油煎餅の香り」

 この写真を撮るKSSちあきさんの姿勢も含めての、フォト コンテスト最優秀賞でした!

KSSちあきさんにも、来年度「香水ソムリエ®」を目指して頑張って頂きたいと思っています!



20190203party30.jpg


このようにパルファンサトリでは、年一回のスクールパーティで、各コンテストの授賞式、展示、鑑賞会などを行っています。

香りの好きな方々が集まる、和気あいあいと和やかな雰囲気のパーティです。



楽しく香りを学んでみたい方、どうぞパルファンサトリフレグランスクールへお越しください!


20190203party1.jpg

フレグランスパーティ、香水ソムリエ認定式、各授賞式は麻布台の「東京アメリカンクラブ」にて行われました。





入会ご希望の方は、受講申込方法、スクール規約、ご案内などをよくお読みの上、お問い合わせページよりお申し込みください。

ワークショップ(調香体験講座)も随時行っておりますので、アトリエの見学もかねてぜひご参加頂ければと思います。

  ➣受講申込方法について
  ➣スクール規約、ご案内
  価格表
 

香水ソムリエ®認定式はこちら


もっと詳しく 
  





スクールの詳細はこちら
  ➣フレグランススクール全体について(ホームページ)
2019年4月スタートのフレグランスデザイン講座につきましてはこちら
その他ご不明点等ございましたら、お気軽にスクール事務局までお問合せください。








パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ