Parfum Satori

自分らしく生きる school

 140227ナズナ.jpg


5年前、スクールの生徒さんに向けてこんな記事を書いていました。




【ぺんぺん草でいいじゃない】


「世界でたった一つの花」という歌が流行るずっとずっと前、私が悩み多き世代だったころの話です。

「ユリには百合の、バラにはバラの美しさがあるのです」と、その先生は話されました。 


その言葉に、私は思わず反論しました。


「でも先生、私はぺんぺん草なんです。バラやユリじゃないんです!」

若い頃は自分を価値のない人間だと思ったりしがち。いえ、それは歳は関係ないのかもしれません。

  

しかし先生はニコニコしながら、


「あなたはぺんぺん草でいいのよ。私(先生)の大学時代の教授は、ずっと苔(こけ)を研究されていて、苔を語るときには活き活きと情熱を持っていらした。苔だって、ぺんぺん草だって、愛している人にとっては素晴らしいものなのよ。」

今でも忘れられない言葉です。

 

『わたしはぺんぺん草でいい・・?』
予想外の回答にちょっと拍子抜けした気分でしたが、しばらくしてとても気持ちが軽くなりました。

その時に私は「いいえ、あなたはバラのような人」という言葉を期待していたのかもしれません。

 

でも、もし美しい花に例えられたとしても、それは私にとって結局のところ解決にならなかったでしょう。
『いいえ、やっぱり私は雑草にすぎない・・・』

とくよくよし続けたと思うのです。


私には、ナズナ(ぺんぺん草のこと)はつまらない草で、バラが素晴らしいという価値観があったのです。それこそがまったくつまらない考え方ですね。 

『私はナズナでもいいんだ、ナズナも素晴らしいのだ...』
肩に入った力が抜け、視界が広がったような気がしました。

 

どんな植物も人間も、偏った価値観で優劣をつけるものではなく、自分が自分らしく生きるということが最も尊いのだということを学ばせていただきました。



その先生はすでに鬼籍に入られましたが、当時は、今の私と同じくらいの年でいらっしゃいました。

その言葉を懐かしく思い出し、またこのような気持ちで、皆さんと香りを学んでいきたいと思います。


パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ