Parfum Satori

チーズフォンデュ/チューリッヒ fondue

20181227Swissfondu5.jpg

東京でも毎日寒い日が続きますね!
こんな日はぜひともチーズフォンデュ!



これは昨年11月、スイスに行った時のことを思い出して書いています。

この日はチューリッヒ芸術大学での講演を終えて、明日はパリに戻るという前の夜で、完全リラックスモードに入っていました。


カンファレンスのアテンドをしてくれたHAYAさんが
「さとりさん、最後の夜に何か食べたいものはありますか?」
とお誘いしてくれたので、二つ返事で

「スイスときたらフォンデュでしょう!!」


20181110Zurichfondu1.jpg

ここは、チューリッヒのHardorucke駅から歩いて1分、アップサイクルのメッセンジャーバッグ「フレイターグ」のビルの横広場にあります。

焚火ありイルミネーションあり、若い人がワイワイしていて活気があります。まるで文化祭に来たような雰囲気の屋台村です。


スイスは11月でもかなり寒く、コートの襟を立てマフラーをぐるぐる巻いて行きました。



20181227Swissfondu.jpg

このお店はとても人気があり、遅い時間は予約がいっぱいということで、開店直後に入りました。この時期のスイスは5時に日没で、6時にはもうすっかりディナーの気分です。


お店はゲル(パオ)というのでしょうか、丸いテントのような作りです。

玄関から、テントの入口の毛布のような幕をあけて入ると、中はストーブの火がおこってとても暖か。強いチーズの匂いが充満しています。

思わずおなかがぐうとなります。



20181227Swissfondu4.jpg

こんな風に長椅子に薄いクッションを敷いただけの簡単なテーブルに差し向かいで座ります

オーダーを待つ間、「パンをチーズに落としたら罰として歌を歌うんですよねー」などと軽口を叩くのはすでにワクワク気分だから。




20181227Swissfondu2.jpg


ここはフォンデュ専門店なので、あれこれ頼まず、おすすめの冷たい白ワインと、トリュフ入りのチーズフォンデュをオーダーします。


エプロンをつけた若いお兄さんがさっそうと、プツプツと泡立つ鍋を持ってきました。テーブルの上にトリュフの香りがフワーっと広がります。

長いフォークの先にバゲットを挿して、熱く溶けたチーズをグルグル混ぜながらからめると、さらに風味が強く香り立ちます。

「ファッフハッフ!」

と、いいながらほおばれば、菌糸系ウッディパウダリーのマシュルームノートがついた、アニマリックでストロングなチーズの匂いとこっくりした味わいです。

与一、「うーん、ハイジの森の香りでやす!(ラクレットじゃないけどね)」


そして、フルーティだけど甘みとコクもあってしっかりした、少し影のある冷えた白ワインをひとくち飲み、そしてチーズ、もう一回チーズのワルツが、「ズンチャッチャ」とエンドレスに続きます。

ようやく鍋の底が見えてくると、チーズは煮詰まって、香ばしくなってきました。

合いの手でつまむ、シンプルなピクルスの酸味がお口の中をさっぱりさせてくれます。


20181227Swissfondu3.jpg



酔いしれるのは、アルコール度数のせいだけではないでしょう。講演のための長いプレッシャーから解放され、達成感をかみしめている表情です。



・・・というのはいっとき、まあ難問は次々とやってくるもの。嬉しそうなこの写真を見ながら呟く

「また、あったかいフォンデュ食べたいなあ。。。。」


お店は↓





チューリッヒにて講演を行いました。
スイスのチューリッヒ芸術大学が主催する「Perfumative」にて講演を行いました!大沢のテーマは『日本文化の香りと感覚』。日本の皆さま自身にも、「香り」について考えていただくきっかけになるのではないでしょうか。

Satori Osawa gave a lecture at the Symposium 'The Perfumative - Parfum in Art and Design' organized by the Zurich University of the Arts.  The title of the lecture was 'Scent and Sense in Japanese Culture'. 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ