Parfum Satori

チューリッヒ芸術大学講演‐8完結'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

20181108Zurichhotel1.jpg

チューリッヒの講演に関して長々と書いてきましたが、今回を最終回にしたいと思います。

11月8日15時、ようやくチューリッヒの空港からホテルに到着しました。建物はドイツ語圏っぽいですね。

招聘(しょうへい)された講演のスピーカーは15名ほど。フロントで尋ねると、みなさんこちらに宿泊しているそうです。ドイツ、イタリア、フランス、ベルギーなどヨーロッパ近隣から集まり、アジアからは私一人です。



数日前から、映像担当、展示担当、運営など各担当者から、用件のみの短いメールが来て、ジグソーパズルのピースがはまっていきます。
昨日の指令(メール)によると、関係者の全体ミーティングは8日17時から始まるので、カンファレンスルームに集合とのこと。


地図を見ると、ホテルから大学まで徒歩18分とのことで、大きい道を一回右折するだけの迷いようのないシンプルな道。

とりあえず余裕をもって出たのですが、曲がるきっかけを間違えて案の定、迷います。

よそのホテルに飛び込んでまた場所を確認し、ホテル前のタクシーを捕まえたのですが、
「ここからだったら歩いたら近いよ」とドライバー。
「私はすごく急いでいるの!乗せて~!!」

とか押し問答の末、
「この時間は渋滞しているし一方通行があるから歩いたほうが早い」
とか説得されて、しかたなく急ぎ足で歩いていくことにしました。


20181108Zurichunivercity9.jpg


「この辺にあるはずだけど。。。」

チューリッヒの芸大ということで、緑のキャンパスにクラッシックな建物を想像していたのですが、とても近代的で巨大なビル。そのため、大学の前を何度も行ったり来たり通り過ぎ、道行く人に尋ねてようやくここが?!とたどり着きました。

ついてみればやっぱりタクシーに乗るより早かった!ドライバーさんありがとう。


20181108Zurichunivercityofart5.jpg


しかし、中に入ってみて、さらに迷子になる。

「カンファレンスルームってどこおおぉぉ・・・」

さんざん聞きまわって、ようやく案内事務所らしきところへ到達、5階の部屋番号を教えてもらうも、学部ごとにブロックが分かれており、それぞれに同じ部屋番号があるらしく、私はまるでラビリンスの中のコマネズミ。


20181108Zurichcampusmusic.jpg

この棟は音楽学部のようです。
永遠にたどり着けないのではと気が遠くなるのでした。

最後は、迷い込んだデザインルームの学生さんがカンファレンスルームまで送ってくれました。

20181108Zurichunivercity10.jpg

初めてお会いする教授方と握手をして、音声担当の方とマイクやパワポの簡単なリハーサルをします。

講演者はマイクを持つ人も、スタンドマイクを使う人も、好きなタイプを選べます。私は両手がフリーになるよう、インカムタイプのマイクにしてもらいました。



20181108ZurichExpo15.jpg

となりのエキシビションルームには展示物を置くだけでよいように、すでに場所が用意がされていました。

ホテルから引っ張ってきた小さなスーツケースから、香水や香道、茶道のセットをとり出して陳列していきます。



20181108ZurichExpo10.jpg

そして、話が前後してしまいましたが、このシリーズの1に戻るわけです。


20181109conference2.jpg


講演が終わって皆様から大きな拍手を頂いたときには、それまでの緊張も苦労も吹っ飛んでしまいました。




20181109ZurichKatharina.jpg

こちらは今回の学会をオーガニゼしたチューリッヒ芸術大学の教授方。

カテリナ(Prof. Katharina Tiezet)先生とマーティン(Prof. Jaeggi Martin)先生に、講演後の晩さん会で「よくやった!」とねぎらっていただきました。

アンヌ博士も含めて、今回チューリッヒに来て初めてお会いした方ばかりです。

規模も内容も行程も手探りの中、メールでの少しの情報と、送られた2枚の地図(空港から駅まで、駅からホテルと大学まで)を頼りに旅をする。
会議が終わったころにようやく全貌がわかってきた次第です。


まるでファンタジー・ロールプレイングゲームとでも申せましょうか。この旅でさとりは経験値100を手に入れました!

しかしこれは現実、呪文も魔法使いもおりません。ただ周囲の励ましに支えられて歩いています。


目標は達せられたのでしょうか?いえいえ、いまだ冒険の途中です!



長々とお付き合いくださいましてどうもありがとうございました。

ベリーベリーサンクス!


‐完‐





チューリッヒにて講演を行いました。
スイスのチューリッヒ芸術大学が主催する「Perfumative」にて講演を行いました!大沢のテーマは『日本文化の香りと感覚』。日本の皆さま自身にも、「香り」について考えていただくきっかけになるのではないでしょうか。


Satori Osawa gave a lecture at the Symposium 'The Perfumative - Parfum in Art and Design' organized by the Zurich University of the Arts.  The title of the lecture was 'Scent and Sense in Japanese Culture'. 



パルファン サトリ「フレグランススクール」➤ http://parfum-satori.com/jp/school/

   「フレグランススクール」に関連するブログ➤ http://parfum-satori.com/blog/cat235/

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ