Parfum Satori

チューリッヒ芸術大学講演5‐'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

20181108airfrance2.jpg

話があちらこちら飛ぶのですが、スイスに向かうため羽田を出発しました。

チューリッヒへの直行便はないので、パリ、シャルルドゴールでトランジット。空港近くのホテルで1泊し、翌朝になって目的地へと飛ぶコースです。


2年前に別の航空会社でニースへトランジットするときに、離陸が4時間も遅れ、結局ニース最終便にタッチの差で間に合わず一泊したことに懲りて、ロングフライトのときは無理をしないことにしています。

フライトは約12時間。昼間の便なので、機中で寝てしまうと、パリについてから中途半端な時間になってしまう。。。そう思って、2種類の白ワインと水をガソリンにして、英文原稿の朗読練習をしながらずっと起きていることにしました。


20181205thefantasticedoera.jpg


日本語の細かなニュアンスをできるだけ正確に伝えたいので、翻訳はプロの方にお願いしました。

専門分野に特化した論文翻訳の方も探したのですが、ご紹介のご縁があったのは、日本語の歌詞や邦画の英訳が経験豊富なリン・ホブディ(Lynne Hobdey )さん。

リンさんはイギリス出身の舞台女優で日本在住。歌詞を書いたりライブも開催するミュージシャンです。Hydeさんや「L'Arc〜en〜Ciel」さんの曲も英訳しています。


先に織部のブログの英訳をして頂き、言い回しがとても素敵だと感じて、ぜひにとお願いすることにしました。
私の講演は固い論文というより、日本の情緒を詩的に表現したかったのです。

ちょうどそのころ出版されたのが、日本文化をイラストで紹介した「The Fantastic Edo Era(すてきな江戸時代図鑑)」。

なるほど、リンさんは、こんな本も英訳しているので日本文化の理解が早いのだと納得。とても面白い本です。


20181207genn.jpg


さて話は10月11日に戻ります。日本語原稿をリンさんに渡してから翻訳が上がるまで、パワポの資料を作ったり、講演会場の隣のプレゼンルームに展示するものを用意したりしているうちに10日間がすぎ、そして10月22日に翻訳原稿ができてきました。


英文にすると日本語よりも3割増しくらいにはなると思い、翻訳前にかなりカットしたはずなのですが、朗読してみたら30分どころか1時間近くかかりそう...。言いたいことはたくさんありましたが、ここでもカットし、ぜい肉を落とします。音読しながら書き直す、この作業にさらに1週間で、10月も末になりました。

11月7日の出発まで残された練習期間は1週間。


リンさんと一緒に特訓をしながら、再び読みにくい単語やしっくりっこない言葉を置き換えて、シンプルにしていきました。

リンさんの朗読は流れるように美しい声で音楽のようです。録音してお手本を繰り返し聞きながら、自分の朗読に凹みます。

が、練習練習。

20181108CDGshuttle.jpg

11月のパリは日没が4時半。シャルルドゴールに到着するころは、もうすでに暗くなっています。近くのホテルまでは空国から出ているCDGVAL(シャトル)が便利です。

20181108CDGval.jpg

今宵のホテルはシャトルで2つ目の駅、明日はチューリッヒに入ります。

最初は果敢に挑戦する気持ちで始めたのに、のんびりしているうちに期限が迫ってきて「人生最大の難所だ!」と焦りまくり、最後の最後は「まな板の鯉」のようになる、いわば開き直ると申せましょうか。

毎回お決まりのパターンを一通り通過したところです。

残り2日で、できるだけ練習をする、そしてそれが自分のありのままだから、それでいい。そんな心境でパリの夜を迎えました。

つづく



チューリッヒにて講演を行いました。


スイスのチューリッヒ芸術大学が主催する「Perfumative」にて講演を行いました!大沢のテーマは『日本文化の香りと感覚』。日本の皆さま自身にも、「香り」について考えていただくきっかけになるのではないでしょうか。

➣チューリッヒ芸術大学講演 8完結編→The perfumative-Parfum in Art and designe

Satori Osawa gave a lecture at the Symposium 'The Perfumative - Parfum in Art and Design' organized by the Zurich University of the Arts.  The title of the lecture was 'Scent and Sense in Japanese Culture'. 






【フランス TV番組に出演します】

Sur la piste des senteurs - Japon.jpgのサムネール画像

フランスのテレビ番組「Sur la piste des senteurs - Japon」(邦題「香りが導く!ニッポンの魅力」)で、調香師 大澤さとりが香りについてお話しします。

フランスのCATV/衛星放送チャンネルUSHUAÏA TV、世界3大ネットワークの1つTV5MONDE(日本ではスカイパーフェクトテレビ)にて、12月10日に放送予定です!


パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ