Parfum Satori

チューリッヒ芸術大学講演3'The Perfumative - Parfum in Art and Design'

20181108ZurichExpo1.jpg

昨日の続きです。スイス・チューリッヒ芸術大学で開かれた'The Perfumative - Parfum in Art and Design' というカンファレンス(学会)に招聘され、そこで講演を致しました。

また、隣のエキジビションルームでも香水を展示しました。


20181108ZurichExpo4.jpg


芸術大学の学生さん、香水業界の方、ジャーナリストなどが150人ほどがエントリーし、3日間の会議に参加されました。




20181108ZurichExpo2.jpg


私は、香水ガイド(The Perfume Guide 2018)で4つ星を頂いた、さとり、さくら、はなひらく、シルクイリス、織部の5種類の香水を展示しました。


20181108ZurichExpo5.jpg

どのような会場か、どんなふうに展示できるのかほとんど情報のないまま、小さなスーツケースに展示品を持てるだけもって到着。一人で短時間で飾らなくてはならず、ハラハラしましたが、ちょうどぴったりの広さで安心しました。


20181108ZurichExpo7.jpg

さとりと与一も参加。

与一「さとりさま~、ついにやりとげやしたね!」
さとり「みな様のおかげでここまでたどり着きました。(´;ω;`)ウゥゥ」


20181108ZurichExpo10.jpg

織部はほとんどの人がとても好き、ハナヒラクは、嗅いだ瞬間に「うわー!素敵!!」と魅了される人と、反対の人の差がとてもありました。


さくらもイリスオムも、もちろんサトリもとても好評。

20181108ZurichExpo9.jpg


お隣のブースはニッチで人気急上昇のBogue-profumoのブース。セラミックのマスクに香水を付香して香りをかぐのが面白いです。

Antonio Gardoniさんは、建築家でライターでパフューマー。講演の内容も建築物とアートの興味深い内容でした。

20181108ZurichExpo14.jpg

このディスプレイは面白い、色々な素材にイメージの香りを付香してあり、ろうとの上から香りをかぎます。


20181108ZurichExpo11.jpg

ヴィクトリアさんは、ベルギーのジャーナリスト。昨年引っ越したばかりの六本木のアトリエに尋ねてきて以来のお友達です。香りのブログを発信しています。

みんなでお食事したときは、いろんな国のスピーカーとドイツ語イタリア語で会話したので、全員びっくり(@_@)!
日本語も話すだけでなく読み書きも上手です。全部で11か国語ができるそうです。

3日目の講演です。私も2日目に終えてリラックスモードで聞くことができました。


Victoria Frolova  ➤ oisdejasmin.com



20181108ZurichExpo13.jpg

アンドレアさんはパフューマーのお友達。彼もPERFUME SUCKというニッチな香水ブランドを持っています。

久しぶりに会いました。6年ほど前、はじめて紹介されたとき名前が言いにくかったので、ずっとアンディと呼んでいます。その呼び方にはちょっと不満そうな顔をしていましたが「まあいいや」という感じでOKしてくれて、優しくて面白い方です。

こういったエキシビションや会議では、15年前はほとんど誰も知らなかったのが、少しずつ知人が増えてくるのが嬉しいです。

Andreas Wilhelm: Parfumeur und Punk



20181108ZurichExpo6.jpg

講演会場の隣には、メイン会場で収容しきれない人がモニターで内容を見れるような第二会場もあります。


20181108ZurichExpo8.jpg

左は今回この会議に呼んでくださったアンヌ・クレイマー博士。右はアニンドリアのターニャさんもこの会議にオランダから駆けつけてくれました。二人ともとても背が高いので、私はめいっぱい背伸びをしてこのくらいです。






チューリッヒにて講演を行いました。

20181109conference3.jpg

スイスのチューリッヒ芸術大学が主催する「Perfumative」にて講演を行いました!大沢のテーマは『日本文化の香りと感覚』。日本の皆さま自身にも、「香り」について考えていただくきっかけになるのではないでしょうか。



➣チューリッヒ芸術大学講演 8完結編→The perfumative-Parfum in Art and designe

➣チューリッヒ芸術大学講演 7学会概要→The perfumative-Parfum in Art and designe

➣チューリッヒ芸術大学講演 6到着→The perfumative-Parfum in Art and designe

➣チューリッヒ芸術大学講演 5出発→The perfumative-Parfum in Art and designe



➣チューリッヒ芸術大学講演 邦訳 →The Perfumative - Parfum in Art and Design'




Satori Osawa gave a lecture at the Symposium 'The Perfumative - Parfum in Art and Design' organized by the Zurich University of the Arts.  The title of the lecture was 'Scent and Sense in Japanese Culture'. 



【フランス TV番組に出演します】

Sur la piste des senteurs - Japon.jpgのサムネール画像

フランスのテレビ番組「Sur la piste des senteurs - Japon」(邦題「香りが導く!ニッポンの魅力」)で、調香師 大澤さとりが香りについてお話しします。

フランスのCATV/衛星放送チャンネルUSHUAÏA TV、世界3大ネットワークの1つTV5MONDEにて、12月10日に放送予定です!








-スタッフ募集-

ただいまは、週に2-3日ほどお勤めできる方を募集しております。

○香りが好きで興味のある方
○英語のできる方

このたびはラボのアシスタントの募集ではありません。
詳細は、面談の折お話しさせていただきます。

ご興味のある方は、問い合わせメールにて連絡ください。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ