Parfum Satori

Creating Oribe /Matcha fragrance 織部の香りのできるまで

20171003織部.jpg

 

  People often ask me what comes first - the name or a fragrance. It's really case-by-case.

 

  Sometimes I decide upon a theme and the fragrance is formulated as I work towards it. On other occasions, I struggle to find an appropriate name once the perfume is complete. My working name for this particular fragrance was Matcha (a powdered green tea used in Japanese tea ceremonies), and its official name came later. Matcha struck me as being somewhat unimaginative and after jotting down and erasing several ideas, it was the name "Oribe" that came to me.

 

  Furuta Oribe was one of the major disciples of the celebrated tea master Rikyū in the 16th century. Although he conducted tea ceremonies in the manner of his master, he was also known for loyally keeping the spirit of his master's teaching,  "Always try something different." Oribe was bold and liberated in character and introduced a new sensibility of beauty into the world of tea, bringing about hugely popular gardening methods, architecture and porcelain that were referred to as

  "in the taste of Oribe." The green and black designs of tea sets over 400-years-old are novel and unique even today.


20150609織部焼香合2.jpg


  I can't exactly remember when I first heard the name Oribe, but I know it was when my mother was talking to me about her tea utensils. I officially entered the "Way of Tea" (Chadō/Sadō) when I was twelve-years old. As I came into contact with the tea ceremony - either with my master or with my mother - stories regarding Furuta Oribe found a place within me, and led to the naming of a fragrance several decades later. Therefore, I must also credit my mother.

 

  I started to read more about Oribe after naming the perfume. The famed author Ryōtarō Shiba praises him, "In the world of formative art, he was probably the first person with a sensibility for the avant-garde."

 

  Some people have asked me why I named this fragrance Oribe instead of Rikyū. Although a flash of inspiration isn't reliant on logic, I could put it down to the fact that Oribe isn't as well known as Rikyū. I wanted to "try something different."

 

With my fragrance "Satori," I not only strived to recreate the aroma of agar wood, I also wanted to manifest the appearance of an elegant woman in the purity of a Japanese-style room. In the same way, the fragrance of Oribe goes beyond embodying the refreshing aroma of Japanese tea, it represents the spiritually of practitioners of the Japanese tea ceremony.

 

  The slight bitterness comes from cis-Jasmin, which is a single aroma used in Jasmine Note to create a bitterness and astringency.

 

  For flavor, I included Violet leaf.abs. Although Violet leaf is said to resemble cucumber, I think its aroma is closer to that of dry ingredients such as kelp extract.

 

  A refreshing green aroma can be a little one-dimensional, so I added body with floral elements.     

141120茶の花.jpg

 

  The tea tree, the Sasanqua and camellia japonica all belong to the camellia family. The Sasanqua blossoms in late autumn, the camellia in spring and tea flowers in December. Tea flowers are charming, like small white camellia blooms and their aroma is delightful. The fragrance resembles that of Sasanqua and also Hedion. Hedion is an essence that contains elements of Jasmine. This is why Tea Note and Jasmine are extremely compatible.

  I added Jasmin abs. to boost the floral volume.

  I included Iris butter and other natural essences to recreate the foamy and powdery sensation of making a light tea. I was aiming for something more complex than a plain green-type aroma.



20161023毎朝の一服.jpg


  I observe a ritual of drinking Matcha every morning at home. Preparing Matcha for myself when I wake up makes me alert and ready for the day. Enjoying the beginning of the day like this is akin to an appreciation of the seasons.


  In the world of tea, there is a November rite called "switching to a winter furnace" and utensils named after Oribe are traditionally utilized at this time. I hope that this Oribe fragrance will bring you enjoyment in times of reflection.



 


Parfum Satori  Oribe  EDP

日本語バージョンは次のページ↓


-日本語原文-

よく「名前と香りのどちらが先にできるのですか?」と聞かれるが、その時々で違う。

先にテーマが決まって、香りがその目標に向かっていくこともあるし、出来上がってからしっくりくる名前を付けるのに苦労することもある。このときの作成途中の仮称は「抹茶」で、正式なネーミングは後からついた。できあがったときに、「抹茶」では工夫がないと思い、あれこれ書いては消しているうちに、「織部(おりべ)」という名前が浮かび上がったのである。


「古田織部(ふるたおりべ/重燃)」は、千利休の高弟の一人で16世紀の茶人である。千利休の茶道を継承しつつ「人と違うことをせよ」という教えを忠実に実行したと評される。大胆で自由な気風で、美の新しい価値観を茶の世界に作り、作庭、建築、焼き物など「織部好み」という一大流行をもたらした。400年も前にデザインされた濃い緑と黒の焼き物は今なお新しい。

私が初めて織部の名を知った時は定かではないが、母が使う茶器を見ながら覚えたものと思われる。
その後、12歳で正式に入門し茶道を習い始めた。師匠のもと、あるいは母のそばで茶に接しているうちに、折りに触れ少しずつ聞きおぼえた物語りが、いつか身の内に降り積もって、数十年後にこの香水の名として浮かび上がったものであろう。いわばこの名は、母の手柄である。


織部についてもっとよく知りたいと、改めて本などを読んだのは、香水に名を付けた後であった。司馬遼太郎は「おそらく世界の造形芸術史のなかで、こんにちでいう前衛精神をもった最初の人物」と評している。

なぜ香水名が「利休」でなく「織部」なのかと尋ねられたことがある。ひらめきは理屈ではないが、しいていえば利休はよく知られており、織部を知っている人は少なかったからではないか。「人と同じことはしたくない」と思う。

「さとり」という香りが沈香木の再現のみならず、「和室の清浄な空間、そこに入る人の佇まい」をも表現したかったのと同じように、「織部」の香りもただ爽やかなだけのグリーンティとは一味違う、日本の茶の香りと、「茶を点てて振る舞う心のありよう」まで捉えたかったのである。



「織部」はわずかに苦い。シス-ジャスモン(cis-Jasmon)が効いている。これはジャスミンノートに入る単品香料だが、渋み、苦みを感じさせる香料である。

そして「旨み」としてバイオレットリーフを少し入れている。バイオレットリーフの香調はキュウリっぽいといわれるが、私には乾物の、例えば昆布出汁の匂いを感じるから。 

すっきりとしたグリーンだけでは少し膨らみが足りないので、フローラルを合わせてボディ感を出した。


「茶の木」も「さざんか」も「椿」も、同じツバキ科の植物である。サザンカは晩秋に咲き、椿は春にかけて咲く。そしてお茶の花が咲くのは12月。白い、小さなツバキのような可憐な花である。
香りも良い。サザンカの香りに近く、ヘディオン(Hedion)という香料の匂いがする。ヘディオンはジャスミンの要素でもある。それゆえ「ティーノート」と「ジャスミン」の香りは合いやすい。

そこでジャスミンabs.を足して、花のボリューム感を出した。 

また、お薄茶(うすちゃ)を点てた時の泡立ちとパウダリー感のために、イリスバターを入れ、他にも様々な天然香料が入り、単調になりやすいグリーンタイプに複雑さを与えた。 


私にとっての緑茶、ことに抹茶はさわやかさと苦味と旨味のバランスが良さであり、豊かさであると思っている。



我が家では毎朝、抹茶を飲む習慣がある。振る舞うわけでなないが、自分のために準備を整えて飲んだ時にはすっきり目覚めて心も改まる。とはいえ「毎朝の一服」として、インスタグラムで写真をアップしているように、それは誰もが季節を楽しむのと同じような気楽なもの。

茶道では11月は「炉開き」の月。茶事に「織部」と名のつく焼物を使うきまりがあると言われているが、「織部」の香水は、日々、心が改まる時々で心地よく皆さまのまわりで香っていられたらと願っている。



パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ