Parfum Satori

アトリエでフルーツパーティ Grapefruit_and_Peach

20180802grapefruit_red.jpg

アトリエのおやつタイム、今日はピンクグレープフルーツとピーチ。
スタッフのK君がていねいにむいてくれた。K君は料理が上手である。

思わず、
「わ、フルーツパーティ♡」
と感動するH子嬢。

白いお皿にきれいに並べられて色美しい。。

20180802peach_grapefruit.jpg

おやつを食べながら、しゃべりながら、いつしか香りのディスクリプションになっていくのは恒例のこと。

桃とナシとリンゴの違いがどんなところにあるか、黄色い桃と白桃の差はなにか。
桃の種の部分と果肉と、皮にうっすらと浮かぶ産毛(うぶげ)のテクスチャーとか。

かんきつの中でもグレープルーツの特徴的な香りはどの香料か?など、ちょっぴり私からのレクチャーも入る。



ときには構成要素として代表的な香料を数点、ピックアップしてみんなで鑑賞。そしてまた一口食べて、他のキーワードを探してみたり・・・、ゲームみたい。

フルーティであるなど、肝心なことはもちろん押さえているけれど、まったく関係なさそうな「モノ」も連想されてあがってきて興味深い。

「これって、〇〇みたい」
「そういう香りもするよね」
「うんうん、確かにそうかも・・・。」
「いやー、それはどうかな~?」

リラックスした雰囲気で、おしゃべりの中だから出てくる言葉。『間違ったら恥ずかしい』とかは全然なくて、自由に感じたことを話し合うってとてもクリエイティブ。

その会話がヒントとなって、みんなが香りを作ったり表現するときの栄養となって行くのだ。



20180802peach_grapefruit2.jpg

この日はフレグランススクールで生徒さんが使っている香料の中から、グレープフルーツ様(よう)の香料を3点と、ピーチを2点選んでみた。

「メチルパンプルムス/Methyl pamplemousse」 は、グレープフルーツのフレッシュ・ジューシーで、ちょっぴりサンショのようなスパイシー感が感じられるシトラス香料である。

「フロロパル/Floropal」と「スチラリルアセテート/Styrallylacetate」も、分類的にはグリーンのカテゴリに分けているが、グレープフルーツを思わせる香りだ。



果実から天然香料は採られず、こうした単品香料の組み合わせでフルーティな香りは作られる。

ストレートにグレープフルーツっぽい香料に、何を加えて、いかにナチュラル感のある香りに仕上げていくかは、こうした日常の中にアイデアが発見され、その積み重ねから生まれてくるものである。


とはいえ一番の目的は、みんなで楽しいおやつタイムを過ごすことにあるのである。










夏休み香りの体験イベント!
↓↓↓


香水をつくりあげているそれぞれの香料を、単体でかいだことがありますか?
香料の原体をみたことがありますか?
ヘッドスペースを使った香りのミックス体験をはじめ、
香料原料やスクール生徒の皆さまの作品をご覧いただけます。



パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ