Parfum Satori

土用 ウナギひつまぶし Unagi Hitsumabushi

20180723うなぎ.jpg


麻布十番「はなぶさ」のウナギは蒸しておらず、関西風に一気に焼き上げるのだとか。そのため、身がしっかりしているので、うな重よりも「ひつまぶし」のほうが食べやすいとお店の方にお勧めされた。

これは連れの若い衆がたのんだひつまぶしの大盛。すごい迫力である。

食欲をそそる香りが漂ってきて、思わずお腹がぐうとなるのである。

生のうなぎには蒲焼のにおいがないのだけれど、身を焼いて醤油だれが焦げることで、あの香ばしい鰻独特の匂いになる。

人類が火を使うことで得た恩恵は、社会的文化的進化と脳の発達と蒲焼きのかおり、とかなんとか、おいしいものを前にはしゃいでしまう。



熱を加えることで香りが生まれるのは、フレーバー・プリカーサー(前駆体)という物質がある食品で、コーヒーのローストされたにおいや焼き肉などにある。




20180723うなぎ はなぶさ2.jpg

まづは鰻の骨をカラッと揚げて味をつけた突き出しを肴に、ちょっと冷酒を頂く。夏の楽しみである。

ドーム型の窓の外には麻布十番の街が眺められ、昔、このあたりでよく遊んだことを思い出した。




そして私はおもむろに小さめのひつまぶしに箸をつける。蒸さずに焼いたウナギに刻みを入れてご飯の上にのせてある。

関東風の蒸してから焼く方法は、身がやわらかく食べやすいが、時にたれが甘すぎてくどく感じることもある。

このひつまぶしは、しっかりとした身が濃い目の味を受け止めて、鰻の旨みが引き立つようである。薬味(やくみ)をかけたり、出汁(だし)で湯漬けにして食べてもよい。


ザ、ウナギを食べたという満足感を得た。


20180723うなぎ はなぶさ.jpg

ここはビルのインターホンを鳴らして入った5階にある。その上には螺旋(らせん)階段で上がるカフェメシ風のロフトがあり、インテリアはモダンでお洒落だが鰻の味は正統派で、期待を裏切らないと思う。







パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ