Parfum Satori

新宿御苑 Shinjukugyoen


20180627新宿御苑玉川上水内藤新宿分水散歩道.jpg

森が必要。

そも散歩に行こうと思ったときから、ケアは始まっていたのであり、森に一歩踏みこめば、その安らぎにすっぽりと抱えられ、心の荷物をゆだねてしまえる。

雨上がりの森の小道、せせらぎの小さな音ともつれあうように、細かい光がチラチラと揺れる。かたわらを歩くにつれ、実はとても疲れているのを感じ、草むらに身を投げ出したい気持ちになる。

浅く澄んだ川底の小石の上を、ゆっくりと落ち葉が去っていく。次々とまた枯れたものがやってきては流れていくのを眺めているうちに、頭の中は静けさで占められていく。



何もしないこと。
眠る時間は、育つ時間。

20180627新宿御苑ムクゲ.jpg

槿花一朝(きんかいっちょう)の夢。

次々と生まれ咲き続けるムクゲの花。
一輪の生涯は、樹の一生のひとこま。

枯れない花ははじめから死んだ花。


20180627新宿御苑落羽松.jpg


風に音があるのではない
風を受けたものが音を奏でる。

森に香りがあるのではなく
香りをつかまえた者が物語を聞く。


星が瞬くのは、空気があって揺れるから。
人の表情は、気分のゆらぎによって明滅する。

では、またたくことなく煌々(こうこう)とひかり続けるのはなんと苦しいことか。


20180627新宿御苑楓.jpg

暗い気持ちなら、花は傲慢になり、
やさしい気持ちなら語りかけてくれると感じるのは、
私の心の動き。

木や草に貴賎はなく、ただそこにいる。
植物が教えるのではなく自ら学ぶだけ。

草木を鏡にして、私のこころを映す。
それは染まらない、ひたすらに映すだけ。





@Sinjukugyoen national garden
 玉川上水内藤新宿分水散歩道
 木槿(ムクゲ)
 楓(カエデ)
 落羽松(ラクウショウ)

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ