Parfum Satori

ジンチョウゲ 沈丁花,Daphne

20180303じんちょうげ.jpg


暗いほど嗅覚のコンシャスが高くなるのだろう。このところ夜道を歩いていると、甘酸っぱい沈丁花(じんちょうげ)の香りが遠くから匂ってくると感じていた。爽やかなグリーンフローラルで、シトラス調のローズ系メタリックの香りは、夜に甘さが強くなる。

秋のキンモクセイと同じく、姿よりも先に香りで気づく春の沈丁花。

まだつぼみの時は濃いピンクの花が鞠(まり)のように束になって、その花房が背の低い樹を取り巻いている。暗い葉の色とともに目立たぬ陰樹の花は、背景に紛れてしまうようだ。



しかし肉厚の白い花がただ一輪でも咲けば、ひと筋の香りは長く遠くまで奔(はし)りだす。細い線は早春の風にちぎられ、またもつれあい、漂い続けるのだ。
やがて外側の花が冠(かんむり)のようにぐるりと開く頃は、香りの閃(ひらめ)きがあとからあとからほとばしる。

朝は気ぜわしく通り過ぎ、家路につくときも心がせいて、香りの記憶は頭の片隅に押しやられていたものを、今日は日曜日でのんびりとアトリエにむかう道すがら、思いがけず街路樹の中に隠れるように咲いている沈丁花の花を見つけた。

今日は暖かかったからか、開いた花数がずいぶん増えている。


その中心の、まだ固く巻いたえんじ色のつぼみを見ていると、色と形からふと線香花火を思い出した。
夏。暗闇で糸を引いて光が流れていく。派手ではないが心に残る花火である。

沈丁花の香りはもっと希望にあふれているけれども。


20180303ラッパ水仙.jpg

そばの花壇には、小さな黄色いラッパ水仙が春の訪れを告げている。
すみれ、タンポポ、れんげに菜の花。いよいよ花を追いかけるのに忙しい。





●スクール情報

☆2018年4月スタートの香水ソムリエ®講座 フレグランスデザイン講座

お申込は2018年3月16日までにお願いします。

 3月10日(土)体験講座があります。



パルファン サトリ フレグランススクールには、
香りを創るフレグランスデザイン講座
香りを評価・表現して活かすソムリエ講座の2種類の講座があります。


130313香水ソムリエ.jpg


 パルファン サトリ「フレグランススクール」 

➤ 「フレグランススクール」に関連するブログ

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ