Parfum Satori

かぎ初め smelling

180103スメリングオルガン.jpg

アトリエは明日から始まるが、今日はひとりで2018年の「初スメリングチェック」。書初めではなく、「かぎ初め」というところ。オルガンから無作為(むさくい)に選び出し香りを嗅ぐ。

今年3本目の香りは「veloutone(ヴェロートン)」。瑞々しいピーチ・フルーティで、ジャスミンの要素もある。香料は好みにかかわらず、必要があればなんでも使うけれども、やはり好きな香料というのはあって、ヴェロートゥンは「明るくて可愛い、10代の乙女の香り」で好ましい一本である。

それは私にとっての印象で、他のパフューマーは、ヴェロートゥンにもっと大人びた色気を感じるかもしれない。しかし目に見えない幻を追っているわけではなく、ひとつの具体的な香料を対象に話し合いができるということだ。



香りの勉強の基本は、香料を何回も繰り返し嗅ぐことである。そしてその香料をよく知ること。教えてもらうのを待っているのではなくて、自分で学んでいくことにつきる。

本に書いてある香料の香調表現は参考にはなるけれど、それを読んだからといって香りがわかったわけではない。においの姿は鼻から入って頭のスクリーンに映し出され、テキストは言葉を引きだすガイドにすぎない。書かれていない行間は自分で埋めていくのだ。



調香はアコードの積み重ねで、アコードはチーム。ひとりひとりを知らなくてはチームは作れない。

「一度顔を覚えたからそれでいい」ではなくて、よくよく相手のことを知りたいと思う。何回も会って話して、小さな約束などをしているうちに、意外な面を見つけたり、誰かと似ていたり、似ていると思ったら別の表情があったり。などなど、新しい発見があるものである。

香水をつくること、それはいくつかのチームを組み合わせていくプロジェクト。
だから、ひとつひとつの香りと長くおつきあいを続けたいと思うのである。






➤ スタッフ募集はこちら -香りが好きでお仕事したい方を募集中-



☆2018年4月スタートのフレグランスデザイン講座 申込受付中 
2017年3月16日まで


   パルファン サトリ「フレグランススクール」➤ http://parfum-satori.com/jp/school/

   「フレグランススクール」に関連するブログ➤ http://parfum-satori.com/blog/cat235/

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

  「 レフィル」のご紹介 

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ