Parfum Satori

水仙考 Narcisse, Narcissus

171210水仙.jpg

スイセン、水仙、ナルシス(Narcisse, Narcissus)については、過去何回も書いたので書き尽くした感があるが。


最近ではちっとも新宿御苑に行くチャンスがない。せめて生花店で買い求めた日本水仙の数本をアトリエに活けて、あの、スイセンの広がる林を思い出している。


171210水仙2.jpg


買ったばかりの瑞々(みずみず)しく青い茎を水の中で切り戻せば、顔近くに清冽(せいれつ)な匂いがよぎる。

わずかならその清楚(せいそ)さに気を引かれるが、あらためて花芯に顔をうずめてみれば、それはよく知った「濃密な甘さとアニマルをグリーンで覆(おお)った香り」である。


「ああ、やはりおまえか」と声には出さず、呟(つぶや)いてみる。そして想う。

いまごろは、眠った桜の林ノ下に、スイセンが群れているだろう。



171210水仙3.jpg



そこでは、朝の光が木立を透かし、水仙の群れをより白く染める。木枯らしの通る道に、花々は頭(こうべ)をたれ、しゅんと細く伸びた葉先がうねるように波打つ。

風に集められた獰猛(どうもう)な香りが、やがて押し寄せる。

この時期の御苑の品種はペーパーホワイト。インドール(indole)の強い種類である。



171210水仙4.jpg


ナルシス、オレンジフラワー、チュベローズ。清純な白い花はなぜ同時に肉感的なのか。官能を中に封じ込めているから、いっそう白が輝くのだろう。


一輪のスイセンの開花は短い。香りとともに命を燃焼し、茶色く枯れゆく花びら。しかしつぎつぎとつぼみが開いて、下からは次の茎が伸びてくる。



輪転(りんてん)を想いつつ、花の香を慈(いつく)しむ年の初め。




☆2018年4月スタートの香水ソムリエ®講座 申込受付中 
2017年3月16日まで


   パルファン サトリ「フレグランススクール」➤ http://parfum-satori.com/jp/school/

   「フレグランススクール」に関連するブログ➤ http://parfum-satori.com/blog/cat235/

☆2018年4月スタートのフレグランスデザイン講座 
香水ソムリエ講座 申込受付中 
2017年3月16日まで


   パルファン サトリ「フレグランススクール」➤ http://parfum-satori.com/jp/school/

   「フレグランススクール」に関連するブログ➤ http://parfum-satori.com/blog/cat235/


➤ スタッフ募集はこちら -香りが好きでお仕事したい方を募集中-

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ