Parfum Satori

京ろうそく なかむら 体験教室-4 絵付け Kyoto ⑥Candle

171205京都 絵付け.jpg

京ろうそく体験教室、「色かけ」に続き「絵付け」。

さっき自分で赤い色をつけたロウソクに、上から絵を描いていく。

目の前では若い女性の職人さんが、白いロウソクの中央に金色の菊のご紋章を描いている。1輪が16枚の菊のはなびらを、型紙もなしで大きさも形も正確に描いていくのにびっくり。



「お道具を使って、好きなように描いて下さいね」と、絵付けの手順を教えて頂く。

右のパレットに絵の具を溶かし、定着剤を1滴いれて調色する。塗ったばかりの絵の具がこすれないように、スポンジの上にロウソクの上のほうを立てかけて、細筆で描く。


『何の絵柄にしようかな・・・♪』見本帖の柄を見ながら悩みに悩む。

さっき色かけで失敗した、ロウソクの表面にあるコブの部分をどうするか・・・。『隠すよりもこれを活かした絵が描けたらいいんだけどなあ』と、手にとってじっくりとその凹凸をながめる。


171205京都 絵付け2.jpg


『お花だけの柄も素敵だけど、このデコボコを樹(き)の幹に見立てて、立体的にしてみようかしら。そういえば、けさ、"哲学の道"で見た梅の古木が素敵だったなあ・・』

『下地が赤だから、白梅がいいかな・・・。サクラと梅は、枝ぶりがちがうんだよね。。どんなだったっけ。』胸のうちでひとりごちる。

絵の具の濃度が難しい。地色の赤が透けて見えるので、梅の木のくろぐろとした樹皮を出すために何度か塗り重ねる。

『コブの上には苔(こけ)の生えている様子を描いて・・・。緑色がうまく乗らないから、ゴールドを下に塗ってみよう。』


慎重に、ちょっぴりずつ描き進めているうちに、いつしか夢中になる。部屋の中はとても静かで・・・。戸外の遠くから子供の遊ぶ声がときおり聞こえたりして・・・。



171205京都 絵付け3.jpg

かなり時間がかかってしまったけど、ようやく1本の絵ができた。さっき色をかけそびれて、ちょっぴり白く残ってしまったところにはシルバーを塗って、『月光のイメージ』とかなんとか。



『もう一本は藤(ふじ)のゴツゴツした幹が絡んで、うねるように横にはわせ、長い花房を垂らしてみよう・・・』


文章だけで写真を見なければ、どれだけすばらしい絵が描けたかって印象だけど(汗)


171205京都 絵付け4.jpg

ほら、この部分が失敗してコブになったところ。ドンマイ、ドンマイ。
薄いふじ紫は、赤の上では沈んでしまうので、先に白を塗ってから、上に紫をのせてみた。



171205京都 絵付け完成2.jpg

ようやく完成!こ、これは、もったいなくて火をつけられない。

左が藤の花。右が白梅の木。よく見ると、っていうか、よく見なくてもヘタっぴいだけど、久しぶりに新しいことにチャレンジして、とても充実した時間が持てたことが嬉しい。

私は絵付けにすごく時間がかかったので、レクチャーから完成まで、全部で3時間くらいかかってしまったけど、手の速い人なら半分くらいの時間でできると思う。



東京に帰ってきてから、和ろうそく作りが私にとってどんなにすばらしい体験だったかを会うひとごとに話している。

製作現場にいれて戴き、お仕事の手を止めてていねいに指導してくださったことを、とても感謝している。

「京蝋燭なかむら」の皆様、笑顔で温かく接して下さいまして、本当にどうもありがとうございました。

















京蝋燭 なかむら 有限会社 中村ローソク
〒612-8413 京都府京都市伏見区竹田三ッ杭町57-8

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ