Parfum Satori

冬至 2018年 touji(solar term)


091229ユズ.jpg


今日は昼の時間が一番短い「冬至(とうじ)」。

子供の頃、母がよく「冬至を境(さかい)に畳(たたみ)の目一つ分づつ陽脚(ひあし)が伸びる」という言葉を使っていたのを覚えている。

だがながくその意味を正しく理解していなかった。


夏至(げし)を過ぎると正午(しょうご)の太陽の位置は空の低い軌道を通るようになる。そして秋になるにつれ、毎日すこしづつ午後の日差しは部屋の奥へ奥へと入って来る。

冬休みの晴れた日には、庇(ひさし)の下からやわらかい光が座敷の中へ深く伸びて、その日差しと部屋の影の境目がまぶしく感じられたものである。

そんな光景が心に残っていたせいか、この言葉の意味を長いこと「その境目が、畳のひと目ずつ伸びていくこと」と、思っていたのである。

しかし冬至をすぎたら太陽は高い軌道を通り、結果、日光の入る位置は深く伸びるんじゃなくて、浅く短くなっていくはず。

言葉の本当の意味は「ちょっとずつ陽が長くなっていく」その「ちょっと」を、「畳一目くらいちょっと」と表現したものなのだろうか。毎度そんなことをぼんやり思いながら、暦(こよみ)が巡っていくのだった。





今日、冬至の話を幼馴染と話していたら、「伊勢神宮の大鳥居は、冬至の日に真っ直ぐど真中に日の出が見れる」ということを教えてもらい、ウェブを開いてみた。写真でさえ、光が心の中まで射すようだ。


冬至は「陰気が極まって、陽気が帰ってくる」との意味から「一陽来復(いっちょうらいふく)」ともいう。

今日が最も昼が短い日とはいえ、「夜明け」はまだ半月ほどの間、少しづつ遅くなっていく。
しかし「日暮」は半月ほど前から、もう遅くなり始めている。

1か月のせめぎあいの中、陰から陽に転換する、その瞬間よりも前に「福」の兆し(きざし)は始まっているのであり、それが表にあらわれてくるのはもうすこし後になる。

毎年のことだけれども、ずっとずっと「春」を待っているときは、よりそんな風に思いたいのである。

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ