Parfum Satori

紫のスイートピー(ジャコウレンリソウ)sweetpea

20171120スイートピー.jpg


スイトピーはもはや春の花ではなくて冬の花なのか?
いつもの六本木のお花屋さんに花選びに行ったところ、11月だというのにもうスイトピーが入っていてびっくりした。

毎年、正月明けにスイトピーが並んでいるのをお花屋さんで見ると、気持ちが明るくなって、いっそう春が待ち遠しかったものであるが、年々、出てくるのが早くなっているようだ。

「早いですね、11月にもうスイトピー?」
「そう、まだ出始めたばっかりだからね」


思わず花に近づいて香りを吸う。
甘いはちみつの匂い。爽やかなグリーンハニーフローラル。
スイトピーは、スイートなピー、つまり甘い豆の花である。
和名は麝香豌豆(じゃこうえんどう)で、これもいい匂いのエンドウマメのと言う意味。

20171120スイートピー3.jpg

紫のスイートピーに合わせて、紫のマツムシソウ(スカビオザ)も少しもらう。

葉ものはなんかあるかな・・・。春の花に合わせるには枝ものではごつすぎるし・・・。

「この葉っぱはなんですか?」
「素馨(そけい)だよ。黄色い花が咲くよ」
葉が大ぶりだ。黄素馨(きそけい)のことのよう。

素馨(そけい)はジャスミンの漢名で、本来白いジャスミン(Jasminum grandiflorum)と聞いている。その語源は中国の7世紀、南漢王にその名を持つ美しい侍女がいたという。



帰り道の戸外はいよいよと寒く、戻ってきて部屋の温みにほっとする。ガラスの花瓶に活けてビューローの上に置けば、花もみるみる開いてしまう。
活け花というほどではないが、アトリエにはずっと和花を飾っていたから、こんな洋花も、雰囲気が変わって新鮮。



11月はあっという間に過ぎてしまって、きっと今年もあっという間に終わり、正月も過ぎて来年の春もあっという間に来てしまう・・・に違いない。



一足飛びに春が来ないかな、と心待ちにしているのである。





パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ