Parfum Satori

ヤブコウジ エンコウソウ 絶滅寸前種 京都②kyoto

20171025エンコウソウ.jpg

京都の催事の前日に、あたりをうろうろしていて紛れ込んだのは「京都市都市緑化協会」のお庭先。たくさんのフジバカマの甘い香りに誘われて入ると、珍しい鉢がたくさんある。

花の時期ではないので、ほとんどが小さな苗だったり葉っぱだけだったり。なんという植物だろうと名札を見るも、あまり聞いたことのない名前。エンコウソウ(猿猴草)という、絶滅寸前種とか。

調べてみると花は黄色、池に咲くアサザに似ている。



20171025カラタチバナ.jpg

赤い実がかわいい、唐橘(カラタチバナ)。百両(ヒャクリョウ)とかいう。この名札にはカラタチバナの下にカッコして、ヤブコウジとも書いてあるが、同じものなのだろうか?

藪小路、別名十両(ジュウリョウ)はもうちょっと地味と思っていた。


似た名前に、千両(センリョウ)、万両(マンリョウ)などあり、いずれもお正月かざるおめでたい草花である。

20171026センニンソウ?.jpg

これは何の花かわからなかった。
ちょっと見たところ、センニンソウやボタンヅルにも似ているが、葉の形が違う。アシンメトリーな白い花びらがプロペラのようで面白い。



20171025アサガオ.jpg

遅咲きのアサガオ。建物にレエスのように下がって、とてもきれいだ。
海外の旅行客も盛んにこの前で写真を撮っていた。




20171026京都市都市緑化協会.jpg

京都市都市緑化協会,知恩院から歩いて円山公園のあたり。


パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ