Parfum Satori

中秋の名月 Harvest moon

20171005活花2.jpg

2017年の中秋の名月は10月4日。この日、思いついて近所の花屋に赴き、ススキを買う。「鷹乃羽(葉が矢羽のように斑になっている)」は穂がすでに開いていたので、普通のにした。さらに今日は月見だから、月見団子のイメージとして、本当は白いボンボン菊を買うつもりだったのだが、市場から入ったばかりの黄色い菊を勧められる。

「そうね、月に見立てて黄色でもいいかな」「あれ?1本でいいの?」「月が3つもあったらおかしいでしょ」などと店主と軽口をたたきながら菊を一本と吾亦紅(われもこう)も買った。「吾亦紅は引き締まったやつにして」などと、こんなちょっぴりの花を買うのに、注文の多い客である。

ススキ、吾亦紅といった野の花も、都会では値段がつくから面白いものである。とはいえ久しぶりに花を買ったのでなんとなくウキウキ。アトリエに戻って、たっぷりの水でしばらく水揚げし、唐金(からかね)の花入れに挿してみた。背が高いのでおき場所を探しうろうろとする。白い壁の前に置いた。


20171005名月.jpg

10月4日が中秋の名月 だが満月 は6日。アトリエの窓から眺めた月。11時ころ、そろそろ仕事を終えようかなと空を見れば、ほぼ南の空に上がっている。


「十五夜 の雲のあそびてかぎりなし」 (後藤夜半) 

与一「あれ、十五夜が満月じゃないんで?」 
さとり「月は楕円軌道を描いているので、地球に近いときは早く進むのじゃと。よって満月の時期が十五番目の夜とは限らず、ずれることもあるという。摩訶不思議のことよのう」




20171005月見団子.jpg


月見団子とうさぎ饅頭。花を飾ったり月を見たり、こんな風に歳時記を楽しむことができてとてもうれしい。

自分のために時間を使う。冗費でなく、日常のちょっぴりの贅沢が、本当に暮らしを豊かにしてくれるとしみじみと思うこの頃である。












☆「毎朝いただく一服」、お抹茶とお菓子を載せています。


➤抹茶の香り 織部(おりべ/Oribe)
ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ