Parfum Satori

夜咲く花,夜香木(ヤコウボク),ナイトジャスミン,Cestrum nocturnum

20170806ヤコウボク3.jpg

土曜日の夕方、スクール生のMさんが、家から夜香木(ヤコウボク)を切ってきてくれた。
家には白い花を中心にした庭があり、香料植物も多いとか。お母様の丹精だそうである。


この夜香木の株が大きくなり、かなり生い茂っていてるそうで、伸びた枝に次々と花が咲くという。まだまだ長い時期を楽しめるので、未開花の枝を2本、切ってくれたものである。生徒さんから教わる事も多い。



枝にはほっそりとしたつぼみがたくさんついて姿がよい。線香花火のようだ。




夜香木(ヤコウボク)は別名ナイトジャスミンとも呼ばれ、その名のとおり夜になると芳香の強い花を咲かせる。咲いた花は明け方には閉じて、夜になって再び開く。それを2~3回繰り返すともう開いたままになり、翌日には落ちてしまう。適温であれば通年開花するそうだが、日本ではやはり夏の花である。



私もうっかり間違えそうになったが、夜香木と夜来香(イェイライシャン)とは別の植物。2002年頃だったと思うが、フレグランススクールの遠足で「夢の島植物園」に行った時に夜来香の鉢を見た。昼間だったので、花はしぼんでしまっていたが、黄色っぽかった記憶がある。

また、イェイライシャンから、李 香蘭(り こうらん、山口淑子)が歌った流行歌を連想し、さらに「支那の夜」という映画を思い出したが、平成生まれのMさんにはこの話題、何のことやらわかろうはずがない。帰ったらお母様に伺ってみて、とお茶を濁すのであった。



20170806ヤコウボク11.jpg


夜来香(イエイライシャン)の話しは置いといて、夜香木に戻る。

一度も咲いていないツボミは翡翠(ひすい)色で、まだ、固く青い。口がしっかりと閉まっている。Mさんの家では5時頃には咲きはじめたと思うということだったが、最初の日は始まりが遅いのかもしれない。



20170806ヤコウボク5.jpg

咲くところを見るのは初めてなので、開花を心待ちにしていると、6時を回ったころだろうか。Mさんが「先生、このツボミの先がほんの少し開いてきたみたいです」という。

どれどれ?とよく見ると、ツボミの中央に縦十文字にスジが入っている。そうして枝の先々を観察して見ると、いくつかのツボミのスジの切れ込みが徐々に深くなり、やがてぽっかりと一輪の口が開いた。

近寄って匂いを嗅いで見ると、一瞬甘いジャスミン調の香りがしたような気がしたのだが、2度嗅ぐとその香りはすっかり消えてしまっていて、もしかして幻覚?とか思う。


20170806ヤコウボク9.jpg

もっとたくさん咲かないと香りがわからないのだろうか?とか話しているうちに、咲きはじめた4~5輪が、数えられないくらい増えてくると、やがて確かにグリーンの・・・さしずめ未熟なバナナのような青い匂いがしてくる。

十文字の切れ込みと思ったが、咲いてみると花びらは4枚ではなく5枚であった。


20170806ヤコウボク.jpg


「おうちの花はもっと甘い感じがしましたが、この枝の花はまだ若いから、甘さが少ないのでしょうか?」とMさん。あるいは、ひとつの株から咲いた花でも、それぞれに香りが異なる事は他の植物でもある事なので、そのことについても話が盛り上がる。




20170806ヤコウボク2.jpg

教室が終わった後も一人残って変化を見ていると、7時頃には半分ほどが満開を迎え、あたりはフェニルアセトアルデヒド(phenylacetaldehyde)のような強いグリーンの、ややねちっこいハニーの香りに包まれてきた。

花は小さく開花しても5ミリくらい。キンモクセイ程度の大きさ。中には6枚の花びらの個体も発見。



一応、満開までを見たのでアトリエに夜香木を残し、その日は帰宅する事にした。


20170806ヤコウボク12.jpg


日曜日の朝、アトリエに来てみると花はすべて閉じているのに、部屋の中には昨日のグリーンハニーな香りが立ちこめている。濃密。


この日と、翌日も台風がくるというので2夜とも早く帰宅してしまい、開花を観察しそびれてしまった。しかし、徐々に開花時間は早まっているようではある。

この夜、Mさんから「家の夜香木の香りが少し違い、湿度が高いせいかバニラのような濃厚で甘い香りがする、今までにないくらい白い香りがします」とお知らせが来た。「ああ、もうちょっと待っていればよかったなあ。」と後悔する。



20170806ヤコウボク8.jpg


火曜日、開花時間はだいぶ早くなって、5時には半分以上が開いている。開きっぱなしの花の匂いはほぼ失われてしまっており、やはりあの台風の夜に最も成熟した香りがしていたのだろう。花の色は白っぽくなっている。





20170806ヤコウボク10.jpg

水曜日の朝、アトリエに来てみると、花は満開のまま。もう部屋に香りはあまり残っていない。そっと揺するとパラパラと花は落ちてしまった。


20170806ヤコウボク7.jpg

昼でももう花はつぼまない。色も少し黄色くなってきたようだ。花も熟れるのだと改めて思う。



20170806ヤコウボク13.jpg

落ちた花も拾い集めて見るときれいである。弱くなったといっても、これだけまとまるとやはり強いにおいがする。




20170806ヤコウボク14.jpg

花は終わってしまったが、丈夫な植物なので挿し木も簡単だと聞いた。次は水の中で根っこが出てくるのを楽しみにしている。



➤夜香木(ヤコウボク)、ナイトジャスミン/学名:Cestrum nocturnum ナス科
















爽やかなシトラスとハーブ、清潔感のある残り香

♡  オードパルファン10本レフィルセット

パルファンサトリの香りを少しづつお試し戴けます。3240円送料無料 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ