Parfum Satori

2017年6月アーカイブ

オランダの洋服屋さん_オランダ便り_10_SUITSUPPLY

20170629オランダの洋服屋さんスーツサプライ1.jpg

住まいから、アムステルダム国立美術館前のスーパーに買い物に行く途中、いつも気になっていた紳士服のお店。このブランド、「スーツサプライ」っていうのか。。。紳士服と言えば、イギリスは質実でコンサバ、フランスは華麗、イタリアはその中間なんて特徴を耳にするけど、オランダの服ってあまり考えたことが無かった。

でもメンズファッションの歴史をたどると、17世紀初頭はスペインの弱体化により、新興国オランダの富裕市民がヨーロッパでの流行の先端を担っていたこともあったとかなんとか、にわか知識である。



20170629オランダの洋服屋さんsuitsupply6.jpg


大きな窓のガラス越しに、アトリエが見える。すぐ目の前には職人さんのミシンが並び、その向こうにはアイロン台が。次々と持ち込まれるパンツにアイロンをあてるやいなや、振り返って今度は裾を手際よくあげていく。




20170629オランダの洋服屋さんsuitsupply7.jpg

「チャッ」という音も一瞬で一周。

秒で。



20170629オランダの洋服屋さん4.jpg

首からメジャーを下げて、職人さん、ストイックな感じ。板前さんみたい。

たった裾上げだけだけど、プロの手仕事を見るのって、とても興味深い。


20170629オランダの洋服屋さん2.jpg

『写真撮られててもすましている』と思ったら、にやっと笑ってパンツの裾をくるっと裏返し、すぐ目の前に置いてくれた。見られているの、しっかり意識してるんだわ。技がお店のショー だもの、見せるの上手。


出来上がって並んでいるものを「ただ当たり前のように買う」という時代から、お客様もだんだんと作る方へ興味が移ってきたのかな。

こういう形態って、食べ物屋さんなんかでは昔からある。どうやって作っているか、みんな知りたいよね。

20170629オランダの洋服屋さんsuitsupply.jpg

アトリエの隣はショップになっていて、道の反対側にもショップがある。この通りは店がまばらなところなのに、ずいぶん大きな紳士服屋さんなんだな。



20170629オランダの洋服屋さんsuitsupply8.jpg


SUIT SUPPLYというオランダのお洋服屋さん。もう、日本にも入ってきているのかしら。質のわりにお手頃価格なのだって。


企画、製造、販売までを一貫で行うSPA(Specialty store retailer of private label apparel)形態なのだそう。1986年にGAP(ギャップ)が使った言葉なので、もう新しいというわけではないけれど、この言葉からわかるとおり、もともとはアパレルのビジネスモデル。

パルファンサトリはアパレルじゃなくて香水なので、言ってみたらSPPかしら?でも大昔はみんな製造小売業から始まったのよね。むしろ、百貨店を中心とした流通形態の方が歴史が浅いのかも、、、なんて思ってみた、素人考えだけど。。




オランダ便り 9 アニンドリアパフュームラウンジ interview

170609annindriya3.jpg

アムステルダム二日目。

この日はイベントに先立って、インタビューなどがありました。

アニンドリアさんのショップの中庭に面した、明るく気持ちの良いサンルームです。新しい香水ハナヒラクを中心に、パルファンサトリの世界観や、ドライオリエンタルについてお話ししました。

茶壷の謂れ、紐飾りや日本文化まで及ぶと、もう1時間では語りつくせません。


170609annindriya21.jpg

ワサンボンと抹茶のサービスもしました。

お抹茶は質のよいものを日本から用意していきました。お道具など準備が整わないなりに、ぜひ本当の茶の味を知っていただきたかったのです。


170609annindriya4.jpg

香水のブロガーさんで、ロシアの方です。日本人には当たり前のことでも、海外では珍しいと思われるのか思いがけない質問などもあり、笑ったり戸惑ったり。皆さんとても興味深く聞いてくださいました。




パリ、カンヌ、アムステルダムで毎朝の一服 teaceremony

20170626毎朝の一服パリ1.jpg

『海外だからこそ、健康のためにも毎朝の一服は欠かせない』とはいえその仕込み、かなり大変であった。23日の渡航の中からダイジェスト版、パリから毎朝の一服。

*****

三日目の朝、今日はいったい何日なんだ?日本との時差の中のやりとりで、頭が混乱中のパリのホテルで毎朝の一服。

与一「しかし、ここまで来てさとりさまもよくやりますねえ...」 
さとり「この一服のためにかなり段取りが大変だったのう」
与一「硬水のせいでか、お茶が泡立ちやせんね」
さとり「緑の色も暗いのは仕方がないのじゃ...」

20170626毎朝の一服パリ2.jpg

初日の朝は抹茶茶碗に代わるものもなく、ホテルのコップで代用したが、パリ在住のマダムに茶碗を借りてようやく形がついた。ミネラルウォーターでも、何度も沸かしなおすと少し水が柔らかくなるみたい。

パリにて、今日は少しきれいに泡が立った。お菓子は風流堂の「抹茶深川めぐり」で毎朝の一服。

20170626毎朝の一服カンヌ1.jpg

パリのホテルは、お茶を点てるにも飲むにも窮屈だったが、カンヌに移動してのびのびと一服。お抹茶効果か、渡航中もいたって健康である。

  *****

カンヌに移動して初めての毎朝の一服は、マカロン。南仏の空と海を正面にしたアパルトマン(フラット)にて。カンヌはお水がいいので水道水も飲めるものの、やはり泡立ちが悪い。でも何度もお湯を煮返すと合うようになるのでは...と検証中。

そしてなんと、移動中にさとりと与一の人力車故障! ただいま養生中。。。。



20170626毎朝の一服カンヌ2.jpg

人力車が壊れたとインスタにちょっと書いたら、心配してくださる方々からコメントを戴いて嬉しかった。仮止めして登場。


 *****

カンヌでの毎朝の一服、今日は日本から持ってきた冷やししるこで。みなさまのご心配に、ちょっとだけ与一登場。ありがとうございます。 

さとり「ゴキっていうてな、与一が引く人力車の柄が折れたときは、あやうく転落するところじゃったわ。皆様にご心配をお詫びせねば」 
与一「10年引いてやすからね、そろそろ金属(じゃないけど)疲労でやしょうかねえ。皆様、応援ありがとうごぜえやす!」


20170626毎朝の一服カンヌ3.jpg

羊羹は日持ちがするので、こうした旅のお供には持ってこい。やっぱりこの甘さと抹茶はベストマッチ。ここではカフェオレボウルが活躍中!

 *****


今日は日本から持ってきた両口屋是清 の「ささらがた」という羊羹で、カンヌの毎朝の一服、。

 さとり「与一も独り立ちかや」 
与一「車輪がないとひっくりけえっちまいやすがね。ま、なんとか首がつながってまさあ」



20170626毎朝の一服カンヌ5.jpg


今日は日本から持ってきた小布施 の落雁で、カンヌの毎朝の一服。さまざまなカフェオレボウルで楽しむ。今日はうまく点てられず、泡のきめが粗いのが気になる。


さとり「旅先で続けるのも、菓子の調達が苦しいのう」
 与一「落雁は携帯菓子として最適でやすね~」





20170626毎朝の一服カンヌ4.jpg


ときおりお菓子を現地調達しながら、そうそう今日はまだ、日本から持ってきた屋 の羊羹 (ようかん)「おもかげ 」があったっけ。


羊羹という保存食で、カンヌの毎朝の一服。こちらも水道水をよく煮立ててから使うと泡の肌理(きめ)が改善される。


20170626毎朝の一服オランダ2.jpg


アムステルダムに移動して、フラットの窓から明るい中庭を見ながら毎朝の一服。



 *****


豊島屋の小鳩豆楽 (落雁)で毎朝の一服。アムステルダムの気温は20度前後、南仏に比べて10度は低い。きらめく木漏れ日に気分もフレッシュ。地元の人に言わせると、アムステルダムの水道水は世界一だそう。何度も沸かしなおしたからか、泡の肌理(きめ)がやや細かいみたい。

さとり「朝は鳥のさえずりで目が覚めて、まるで極楽(ごくらく)にいるみたいじゃ」 

与一「いや、あっしは満身創痍なれど、まだまだ現役で頑張りたいと思ってやすよ!」



20170626毎朝の一服オランダ3.jpg

アムステルダムではミネラルウォーターは必要ない。水道水はおいしいが、しかし変わった味がする。塩水から塩を抜いたような...。

                  *****


これは、アムステルダム在住の知人から頂いたお菓子。オーガニックでビオでグルテンフリーだそう。でこれを茶うけにしつつ、アムステルダムも毎朝の一服で始まる。

 与一「ちゃんと説明、聞いてたんすか?なんか、知識が半端っすね~」 
さとり「うーん、異国の菓子じゃが、味はのう、"五家宝(ごかぼう)"という、昔懐かしい黄な粉を固めたお菓子のようじゃぞ」




20170626毎朝の一服オランダ1.jpg

さすがに疲れた長期出張。与一もついグチが出る。それにしても、本当に抹茶の力すごい!家でお米を炊いて食べたと言っても、3分の2は外食。食事の質が変わっても、体調が変わらなかったのは抹茶のビタミンや食物繊維による整腸作用かな?

 *****


Holland最後の毎朝の一服は、虎屋 の夜の梅 。『やっぱり、羊羹とお抹茶は合うわあ』と再認識。アムステルダムも最後の日は毎朝の一服で始まる。

さとり「ようやく人力車も直してもらえるの」
与一「もうそろそろリタイアしたいっス」









抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。


オランダ便り8 Annindriya Perfume Lounge

20170610イヴェント4.jpg

2017年6月10日に、アムステルダムの香水ブティック、「アニンドリアパフュームラウンジ(annindriya perfume lounge)」で、お客様を招いてのイベントを開催していただきました。

ご愛用者様のお話を直接伺えるのは、いつも調香師冥利(みょうり)につきると思うのですが、とりわけ海外まで香水が届き、こうして使って下さっているということが、何より幸せです。

日本からはるばる来たということで、大変歓待していただき、感無量です。関係者の皆様、ご愛用者様に心より感謝申し上げます。


写真の使用許可も頂いたので、遅ればせながらご報告させていただきます。

170609annindriya1.jpg


昨年は初めてのこともあり、講演会を含めたパフューマーズソワレを開きましたが、今回はカジュアルなギャザリングです。

午後の3時間、オランダ、ベルギーなどから、お客様がつぎつぎとお越しくださいました。


こちらのお客様は昨年からのご愛用者様で、すでにいくつもご購入いただいています。


170609annindriya2.jpg


今日、お求め戴いた香水の箱に記念のサインをしています。



20170610イヴェント2.jpg


こちらのお客様はオランダのジャーナリスト。4年前に日本でパルファンサトリの香水をご購入された後、オランダのウェブマガジンに記事を書いてご紹介くださいました。http://www.mrsanchelon.com/satori-perfume-tokyo/


こちらのお店とのご縁もこの方のおかげ。日本に来るたびにコレクションを増やされ、もちろん、オランダのイベントには毎回来ていただいています。



170609annindriya7.jpg

6月10日は、また私にとって忘れられない一日になりました。




20170610イヴェント1.jpg

こちらのご夫妻とお目にかかるのは初めて。でも、昨年パルファンサトリを知り、会うのをとても楽しみにしていたとのこと。

なんと香水のイメージで、とてもすてきなパフュームブックを作って来てくださいました!




170609annindriya8.jpg


このページは目次。
ひとつずつの香りのイメージにあう「古い着物の布地」と「香水の写真」をコラージュしてアルバムになっています。

この着物の小切れは、わざわざ日本から取り寄せてくださったとか。こんなに手をかけて作っていただいて胸がいっぱい!!

ブックをよく読む前に、布を見せられて、「このオレンジの麻の葉模様はなんだと思います?」となぞかけ。「ワサンボンでしょう?」というと、嬉しそうに「そうです!ワサンボンです!」とそのページを開いてくれました。

他のお客様も参加して、布地のイメージで香りをあてると、同じ意見が。やっぱり香りをビジュアル化するのは可能なことで、言葉の壁を越えている、と思いました。



170609annindriya15.jpg

このお客様もいくつもご購入いただいています。こうして直接お礼を言えるのが本当にうれしいです!


170609annindriya5.jpg

とても興味があって、今日は初めて香りを見にいらしたとのこと。二人とも背がとても高い。



170609annindriya14.jpg

ショップとサンルームの間にある、ミーティングルームでモニターを使いながら香りをご紹介しています。日本とオランダの交流の歴史や、伝統文化などと、何度も説明しているうちに、どなたに何を話したか混乱してきました!

オランダ語はできないので、英語です(;'∀')。




170609annindriya9.jpg

並べ方のアレンジなど、ちょっとしたプレゼンの仕方がとてもおしゃれです。

しっかり、発売したばかりのエクラ7月号も置いて下さいました。

渡航中だったので、アマゾンでオランダのショップまで届けてもらいました。
日本のスタッフに送ってもらおうと思っていたのですが、今はネットで注文できて便利ですね。




170609annindriya10.jpg

日本から緑茶とお干菓子を持っていきました。コンペイトウ、飴、鳩の落雁(らくがん)も、こんな風に飾るとかわいいですね!

今日はそのほかに、ワイン、お寿司、メロンと生ハムなどのスナックも用意されています。


20170610イヴェント5.jpg

こちらのお客様は初めて。説明に熱心に耳を傾けてくださいます。後ろには、カナダのお友達に頼まれたという男性のお客様。



20170610イヴェント8.jpg

こちらのお客様は、発売当初からのお客様。前回のイベントにもお越しいただきました。
6月3日に発売したばかりの掲載誌、「エクラ(ECRAT)」を一緒にご覧いただいています。




170609annindriya13.jpg


ショップの方も、お客様が入れ替わり立ち替わり訪れにぎやかです。


20170610イヴェント7.jpg

ようやくイベントも終わりに近づき・‥。


170609annindriya20.jpg

最後はお庭でアニンドリアさんのチームと乾杯です。
「よくやったわ!」と労(ねぎら)っていただきました!

なんだか、小説の一場面に入ったような、自分がここにいてしていることが不思議な気持ちがします。
グラスの向こうに、この仕事を始めてからの道のりが走馬灯のように思い浮かびました。


170609annindriya17.jpg

アムステルダム国立博物館近く アニンドリアパフュームラウンジ 

☆select Parfum Satori fragrances 
 in Europe at Amsterdam's Annindriya Perfume Lounge

オランダ便り7 アムステルダムからアーネムへ Amsterdam to Arhnem 

170612arhnem-6.jpg

前の日にトラムの乗り方を覚えたので、翌日はドイツ在住の知人に列車に乗って会いに行く。彼はデュッセルドルフに住んでいるので、アムステルダムとのほぼ真ん中の駅で会おうということになった。

目的地は、アムステルダム・アムステル駅から列車で1時間、アーネム(Arnhem)である。10時半にアーネムと言われたときは、これは早く起きなければと覚悟したのだが、遠足の日は早く目が覚めるもの。3時半に寝てきっちり6時半に目が覚めた。


170612arhnem-1.jpg

アムステルダム美術館の前から12番線のトラムに乗って、アムステルダム・アムステル駅へ。列車の乗車賃も、トラムと同じカード(日本のスイカ。パスモみたいなもの)にチャージして使える。アーネムまでの乗車は往復でほぼ5000円くらい。


時刻表や行き先などすべてオランダ語でわかりにくいが、道行く人に尋ねれば、とてもきれいな英語が帰って来る。



170612arhnem-7.jpg

列車は2階建て!もちろん2階に乗った!

170612arhnem-3.jpg

列車の2階はこんな感じ。




170612arhnem-10.jpg

Cannesからモナコは、見えるのは紺碧の海だったけど、オランダの車窓からはのどかな田園風景が広がる。酪農王国だもの。




170612arhnem-9.jpg



運河が列車に並行して延々と続く。光がキラキラしてきれい。


170612arhnem-11.jpg

あとで調べたが、これがなんという運河なのかどうかまだよくわからない。もしかしたらと思う「パネルデン運河」は、なんでもライン川の支流の蛇行を直線化したもので、アーネム近郊にあるというが。


170612arhnem-4.jpg

アーネムの駅は改札がふたつ。どっちで待ち合わせとか決めなかったので迷う・・・。電話が通じて、「僕は青い矢印の方の改札に行った」とか言っているが、両方とも青い矢印だぞ。。。「なんという出口?」と聞くも、彼は英語とドイツ語はできても、オランダ語はあまり読めないらしい。


とりあえず大きな改札に行ってみて、なんとか出合うことができた。




170612arhnem-5.jpg

前日とうって変わって結構さむい。とりあえず食事前にカフェであったかいコーヒーでも。と入ったところであっという間に2時間しゃべり続け、もう1時になってしまう!


彼はケミカルの博士なのだが同時に営業畑にもいた人で、今は自分の会社を経営している。一般的な世間話はあまりしない。互いに興味のあることについてあーでもない、こーでもないと言いあうのである。(これを世間話というのだろうか?)8年前から、アルコール類のミュゲケミカルのことはずっと話題の一つになっている。

場所を変えてランチにいく。


170612arhnem-12.jpg

せっかくアーネムまで来たというのに、月曜日の今日はオランダの祭日で、街のレストランは結構閉まっている。じゃあ、ここにしますかということで入ったレストランはすっごくカントリーな雰囲気。まあ、会って話すっていうのが目的だから...。


しゃべりにしゃべって、あっという間に3時半。4時の列車に乗って帰るので、「じゃあ、また来年ね!」というような感じでアーネムの駅で別れる。

2年半ぶりくらいに会ったのに、久しぶりという感じもなかったので、また次に会うときはこの続きの感じでスタートするんだろうな、と思う。

結局、5時間、何も見ないでただ話しただけ。



170612arhnem-13.jpg


彼はドイツに。おそらく隣のホームのこの列車だった(ような気がする。)



170613tram7.jpg

改札口のほかに、中の機械でもチェックインしないと列車には乗れない。アーネンではここでチェックインするようなのだが...。黄色い列車だから、黄色い方でいいのかな?通りかかった学生さんに使い方を教えてもらう。



170612arhnem-14.jpg

アムステルダム行きは1時間に1本。帰りは16時1分の列車に乗って帰る。ただ乗ってきて帰っただけ、のようなものだが、まだ歩いたことのない土地を踏んでみたい、その一心である。

後で思えば、アーネムから少し先に行ったらもう国境を超えるので、ドイツにも一歩を標(しる)したかった。



170612arhnem-2.jpg

最近の風車はハイカラだね。今度は昔ながらの風車も見に行ってみたい。あとでわかったのだが、アーネムにはゴッホ美術館があり、あまりしられていない作品があるそうだ。



20170612アーネン.jpg


キヨスクは世界共通語だったんだ!もとはペルシャ語のクシュク(kušk)だって!


オランダの人はおおらかで温かいとよく言う。

オランダは「子供の幸福度が世界一」だという記事を読んだ。子供の頃の幸せが、大人になってからのおおらかな気持ちを育てるのかな、と思う。







☆移転のお知らせ

新住所にお引越しいたします。新しいアトリエでお待ちしております。
7月8日(土)~10日(月)まで休業、オンラインは休まず受注いたします。

 <新住所>
 東京都港区六本木3-6-8 Ours 2F
 パルファンサトリ
 
 新しい場所の地図は7月10日より掲載します。


オランダ便り6 トラム Amsterdam tram

170613tram10.jpg

アムステルダムのトラムに乗ってみる。

トラムって路面電車のことだよね。昔から都電ってとても好きだったけど、今は東京ではほとんどお目にかかれないから、こうして海外でトラムに乗るのはとっても楽しい。

道路の真ん中に、少し盛り上がったTramhalte(トラムハルト)という停留所があるのも都電を思い出させる。小学校の時、乃木坂上から信濃町駅まで都電に乗って通ったっけ。


こんなとき、「自分は昭和世代だなあ...」と思うのだが、元号も新しくなることだし、これからは「私は20世紀の生まれである」と言おう。

170613tram1.jpg


さて前日、カード(スイカ・パスモのようなもの)を買うのに、仕事先の方についてきてもらった。

オランダ人の彼女は、私の日々のフェイスブックを見て、とっても面白がる。
現地の人にとってごく当たり前のことを、私が珍しいものとして写真にアップするのが新鮮なのだそうだ。こんな風に日本人には見えるのかってことが。

カードはスーパーの売店で購入して、機械でチャージする。お店の人は、5年間有効と言っていたので少し多めに入れることにした。




170613tram2.jpg

そして今日はトラムに乗って、アムス在住の方に勧められた中華料理店に行くことにする。

アムスのトラムは初めてなので、アムス駐在の別の知人と一緒に乗って、連れて行ってもらう。

カードを持っていなくてもトラムの中に車掌さんがいる窓口があり、現金で切符を売ってくれる。ワンマン運転のトラムもあるので、路線によって違うのかもしれない。




170613tram3.jpg

なにしろ駅名と発音がオランダ語ではおぼつかないので、アルファベットをほぼ図形で覚えるような状態。車内の電光掲示板を確認しながら、降りる駅を待つ。遠足気分でなんか楽しい。



170613tram4.jpg

降りたい駅の手前で緑のボタンを押す。これは日本のバスと同じ。

トラムを乗るときと降りるときに、この赤いところにカードをタッチする。
日本では、都バスは全路線一律料金なので、カードをタッチするのは乗るときだけだけど、アムステルダムは電車のように距離によって運賃が異なる模様。



170613tram5.jpg

 フラットの最寄駅(corn,schuytstraat)から2番線トラムにのって3つ目(Leidseplein )で降り、少し歩くと運河が見える。この風情(ふぜい)、異国情緒たっぷりである。

この、駅名のストラット(straat)がストリートという意味だとだんだん理解する。



170613tram8.jpg

ここがお勧めのお店。わあ、本格的な中国っぽい。連れの彼女はオランダ語より中国語の方が得意なので、中国語でオーダーしてくれる。

私たちは普通に料理をいくつか注文したのだが、こちらがぱくついている間も、他のテーブルでは、料理なしで延々と飲んでいるという人も多い。

彼らはどうも北京ダックを注文しているらしい。揚げるのに時間がかかるのか。揚げたてのダックなら美味しいに違いない。なんか粋じゃん。。。他の料理も美味しかったが、そういえばここは北京ダックが評判だって教えてもらったのだった。

私たちも「次回はここでダックだけを食べて飲んだあと、また別の店へ梯子しようよ」と話し合うのであった。


170613tram6.jpg

フランスに比べると、オランダの夕食開始時間は割と早め。パリでは9時から食事というのも珍しくなかったが、ここは普通に7時くらいから始まる。

で、食事のあと外へ出ても夏の日は長く、9時過ぎでもまだこの明るさ。アムステルダムの北緯は樺太(からふと)と同じ。もっとも日が長い夏至(げし)の日没は10時7分である。白夜(びゃくや)にはならないが、日の出は朝の4時なので、わずか6時間後にはまた日が昇る。



今日は珍しく昼は30度を超えたが、夕方になって(時刻は夜だが)風が冷たくめっきり寒くなった。

しかし、このまま帰るのももったいない気がして、軽くカフェでワインを飲む。沈む前の太陽のきらめきがグラスに反射して、アムステルダムの日が暮れる。



比較的安全なアムスとはいえ、暗くなる前には必ず帰るように言われている。しかも、アムスの日が沈むころ、東京の夜が明けるので、部屋に帰ったら即、ネットで仕事が始まるのであった。





オランダ便り5 フォンデルパークの動物たち Vondelpark Amsterdam

170610フォンデルパーク5.jpg

ここ、フォンデルパークには鳥が多い。初めて見るような鳥もたくさん。この鳥は飛ばないみたい。くちばしのところが赤い。写真で調べたところ、バン(Common Moorhen)という鳥らしい。赤い口元と、黒い体に混ざった白い羽がなかなかおしゃれで人目を惹く。


170610フォンデルパーク6.jpg

この白い大きな鳥はばっさばっさと低空飛行。右下のバンの周りを飛び回り、威嚇しているように思ったが、ただ単に小魚を狙っていただけなのかも。アジサシの仲間のよう。


20170610フォンデルパーク6サギ.jpg

こちらはダイサギ。グレーの羽でまるで老人のマントのよう。じっと物思いにふけっている。望遠レンズがあったらなあ。


20170610フォンデルパーク5.jpg


この鳥はとってもきれいな白とブルーのツートンカラーで、黒い頭に尾が長い。そっと近づいて撮ろうと思ったのに、飛んで行ってしまった。残念!!オナガかなあ。それにしては青い色がとっても濃かった。


20170610フォンデルパーク4.jpg


犬もとても多い。池に飛び込む大きな水音が聞こえたかと思ったら、ワンコがゴムボールを拾いに飛び込んだのだった。すっごい水を散らしながら走っている!



170610フォンデルパーク3.jpg


このワンコは、なんとなく海外児童文学の挿絵にでてくるような感じ。お利口そう。



20170610魔女.jpg


動物じゃないけど。。。

今日は、日曜日で子供たちもいっぱいだから、魔女も魔法を教えに来ているんだわ。「さあ、こっちにおいで!呪文を教えるよ!!」

170610ams_park4.jpg


もう一人の魔女、じゃない美女。こちらは公園のフェスティバル会場でシャウトするきれいなお姉さん。舞台の周囲にはカメラ小僧ならぬおじさんたちががっつり取り巻いている。むしろこっちのギャラリーがアニマルかもねー。








オランダ便り4 フォンデルパーク Vondelpark Amsterdam

170610ams_park1.jpg

ここ、フォンデルパーク(Vibdekpark)は、アムステルダム最大で、最も有名な市立公園。

私が滞在したフラットからは徒歩3分、アムステルダム国立美術館からもすぐ近く。入り口を入ってすぐ前の大きな噴水を目印に、「ここへ帰ってくればわかるよね~」などと横目にみながらぐるっと周囲をまわることにした。


170610ams_park2.jpg

何度もしつこいようなのだけど、フォンデルパークはオランダにおける私の新宿公園のような場所に違いない!

と思ってワクワクして来たのだけど...。
行けども行けども、緑と水がたっぷりとした景観で、とにかく広い。

ここは確かに公園だけど、むしろ自然の田園的な感じである。1時間歩いても、ほんのちょっぴりしか踏破してないのではなかろうか。

新宿御苑も広いと思ってたけど、多彩に富んでコンパクトにまとまっている。日本庭園あり、イギリス式、フランス式、里山など、うまく組み合わされてまるで「幕の内弁当」みたい。


170610フォンデルパーク4.jpg

芝生に腰を下ろしてちょっと休憩。今日のおやつは、家で炊いたおにぎりと、メロンとオレンジジュース。

このメロンは、フラットの近くの果物屋さんで買った。オランダでもカットフルーツがあるとは思わなかった。甘くてとってもジューシー。


芝生の間から顔を出しているのは、白い小さな菊。カモミールではない。パリでもカンヌでもよく生えている、ありふれた雑草だけど、可愛い。


みんなゴロゴロしているので、私もリラックス。

170613フォンデルパーク1.jpg

『うわー、シャボン玉だ。゜○。。。』
なんて振り返り振り返り、眺めているうちに奥へと入り込み・・・。



170610フォンデルパーク2.jpg

緑の中にかかる美しい橋。橋の上から流れをみているときは余裕だったのだが、
池や川がたくさんあるので、歩くほどに場所がだんだんわからなくなってくる。


20170610フォンデルパーク3.jpg

なんか、さっきもここに来たような気がするが・・・。6時が待ち合わせなので、そろそろ帰ろうと思ったのに方向感覚を失って焦る。



170610ams_park5.jpg


公園の案内所にいたのは老夫婦。珍しくあんまり英語わからないみたいだし、私も焦っているので、

「あのー、わたし迷子なんです」
「どこに行きたいの?」
「お家へ帰りたい」

と、まるで幼稚園児のような会話になってしまう。

一応、地図上の自分の場所を指し示してもらい、なんとなくわかった気がして出口へ向かうも。。。


170610ams_park3.jpg


公園の出入口は全部で8つ。

中をうろうろしているうちに道に迷い、どのゲートから入ったのかわからなくなってしまう。ちょっと出ては外の景色を見て、違えば戻り、道に沿って順番に出てみては、と繰り返しているうちに、ようやく見覚えのある噴水が!!


20170610フォンデルパーク2.jpg

わーよかった!4つ目でようやく元のゲートに戻ることができた。

やれやれ、この広さ、甘かったわあ。。



オランダ便り3 アムステルダムの街 Amsterdam

170609ams_3.jpg

南仏からオランダ、アムステルダムへ移動。約1000kmの距離である。

6月のこの時期、日没(にちぼつ)はカンヌが夜9時だったが、アムステルダムはさらに遅く夜10時、かなり北にあることがわかる。

皆、暗い冬を取り戻すかの様に、夏の光を浴びて長い一日を外で過ごす。

アムステルダムは王宮を中心として、運河が玉ねぎのように幾重にも取り巻いている。東京なら、皇居をお堀が囲んでいるような感じとでもいおうか。



170609amsu_2.jpg

私が滞在したのは、アムステルダム国立美術館のすぐそば。お取引先の香水店(アニンドリアパフュームラウンジ)からも近い。さらに、徒歩3分のところにはフォンデルパークという(まるで新宿御苑のような)大きな公園の入り口もある。まさに理想的なロケーション。


170609amsu_1.jpg

街の雰囲気はカンヌ、モナコの底抜けの明るさとももちろん違い、またパリの華やかさとも違う。落ち着いた外観の建物が並ぶ、シックな街並みである。


170609ams_4.jpg

それまではフランス、イギリス、ドイツに比べ関心の薄かったオランダだが、一昨年から取引が始まって、歴史本などを読んだりしている。

しかし、歴史、芸術、商業など、にわか勉強ではとても追いつかない。思えば鎖国の時代から日本とはかかわりが深く、友好関係にあったので、もっとよく知りたいと思っている。


170609ams_5.jpg

こんなかわいいお屋敷を見ると、童話の世界を思い描いてひとり小芝居などしてしまう。

17世紀、ここは比較的裕福な商人の家。

ファン・ロイスダールは、新しい若い取引相手を午後のお茶に招く。「シャルロッテ、こちらはヴォルフさんだよ。ご挨拶をしなさい」「はじめましてヴォルフ様」「はじめましてシャルロットさん、なんとお美しい・・・。」と差し出された白い手を取り軽く接吻をする。。「お父様、私、ヴォルフ様にピアノを披露いたしますわ」

とかなんとか、本当のところ当時のオランダの風俗や習慣などはまったく不確かであって、歩きながら浮かんだ、単なる妄想である。。


170609ams_トラム.jpg


私は新しい場所に来たら、まず家の周りを歩くことから始める。家に戻ったら、その日歩いた「通り」の写真、地図を一致させる。

そうして今いる位置を確かめつつ、バス、地下鉄、トラム、列車などその地域の公共機関などを使い行動半径を広げていく。

170609ams_rose3.jpg


似たような建物と曲がり角なので、帰り道を迷いそうになる。そんなとき目印となったのがこの赤いバラ。素晴らしい香りがあたりに漂い、家へと導いてくれる。
グーグルマップをを使えば簡単なのだろうけど、いまだにアナログである。


同じアムステルダムでも、郊外に行けばまた異なる雰囲気を持つに違いなく、それはまた少しずつ足を延ばしてみたいと思っている。





【オランダでも売れています!】Annindriya Perfume Lounge

DSC_3409-2.jpg

「ボンジュール」から「グーテンターク!」

オランダ、スキポール空港まで車で迎えに来ていただき、アムステルダムの香水のブティック「ANNINDRIYA PERFUME LOUNGE(アニンドリアパフュームラウンジ)」に到着しました。お取り扱いいただき始めてから約1年半、今回で2度目の訪問になります。



ソファもあるおしゃれなサロンと、ミーティングルーム、中庭に面した明るいサンルームからなる広々とした店内には、プレステージでニッチな香水が並んでいます。


IMG_8071 (640x451).jpg

到着したときに、まさに「ハナヒラク」と「イリスオム」2件の電話注文が入り、お店の方がデリバリーの準備をしてくれています。

こちらのお店はブルーのラッピング。


IMG_8073 (640x427).jpg

どんな方が私の香水を使ってくださるのか、想像するとワクワクしてきます。
IMG_8234 (640x349).jpg

ちょうど渡仏中の6月3日発売の『エクラ』7月号にてご紹介いただきましたので、プロモーションのために南仏やアムステルダムに送ってもらいました!
いまはアマゾンで注文すれば、DHLで届けてくれるのでとても便利ですね!

IMG_8210 (640x436).jpg

店内のほかに、明日のインタビューと明後日のイベントに備えて、中庭に面したサンルームとミーティングルームの2か所に、パルファンサトリの香水を展示しました。

IMG_8280 (640x427).jpg

去年と同じ、お店の前のベンチで記念撮影。

タンポポの種が飛んで行くように、いろいろなところに、こうしてちょっとずつ根を下ろしていきたいと思っています。



アニンドリアパフュームラウンジ➤annindriya perfume lounge


HP用エクラ表紙-1.jpg
エクラ 7月号】              
"大人のたしなみ、夏の「品格」フレグランス"(P,139)にパルファン サトリの「紺白‐Kon Shiro-」が掲載されました!

ニース空港からスキポール空港へ NICE to Amsterdam Schiphol

DSC_3313 (640x398).jpg

南仏のニース空港から、オランダ、スキポール空港へ。
まだ南仏のことも書き終えていないのに、もうすでにアステルダムへ来ている。

この日、カンヌを出て車で30分、ニース空港へ。いつも思うけど、シャルルドゴール空港と違って、なんとなくのんびりムード。


距離は近いがフランスからオランダへと国を移動するので、ちょっぴりだけど今回はフランスで購入したものの免税手続きをここでする。

免税の窓口はどこかと探すと、機械があって、お店でもらった免税書類のバーコードをかざすだけ。書類もそのまま持っていてよい。「え?これで終わり?」

最後がシャルルドゴール出発のときは、窓口で並んで職員のハンコをもらって、封筒でポストに入れたりしたのだけど、今回はまったく簡単だった。すべての空港でそうなのか、ここだけなのかよくわからないけど。




DSC_3337 (640x360).jpg



昔は恭(うやうや)しく郵便で航空券が送られてきて、無くさないように大事に持ち歩いたものだけど、最近ではメールで来たEチケットを印刷、今回はチェックインもスマホで出来て搭乗券はなし、あとはQRコードをかざすだけだ。

ほんの1年でもシステムがどんどん進んでいるので、ついていくのが大変だ。



DSC_3331 (2) (369x640).jpg


今回も、予約したときはAF(エアフランス)の便名だったけど、コードシェアで実際はKLM(オランダ航空)の機体だった。

そのせいなのか、搭乗口に並んでいる人たちもとても背が高い。私はまるでガリバーの巨人の国に来たみたい。190センチ当たり前って感じ。




オランダの男性の平均身長は世界一、女性は世界2位だとか。

それなのに、機内の座席は小さいので、みんな足を折りたたむようにして乗っている。
隣の男性に聞くと、やはりオランダ在住だそう。




DSC_3352 (640x360).jpg

降りてから荷物を受け取るところまでが結構遠い。

前回も思ったのだが、ニース空港からスキポールに来ると、いきなり英語が聞き取りやすくなる。そのことをオランダの人にしたら、

「彼らは訛(なま)っているからね!」

オランダ語の駅名や行き先案内とかにはちょっと困るけど、言葉はどこに行っても、かなりのお歳の方でも英語が通じる。話しかけて尋ねると、丁寧に教えてくれるので安心。


DSC_3354 (640x360).jpg


アムステルダムはパリともカンヌとも異なるテイストで、特にフラットのあるこのエリアはシックで落ち着いた雰囲気。おとぎ話の中みたい。


飛行機であっという間に別世界に来ると、まるで映画のシーンをワープしているみたいな気持ちになる。



IMG_8365 (640x427).jpg


フラットのすぐそば、風に乗って、赤いバラから強い香りがする。まだ、夢の続き。。。



IMG_8339 (640x427).jpg

マティス美術館 ニース Henri Matisse

IMG_7638 (640x427).jpg

「ハイ!Satori, 今日はピクニックに行かないか?」

実はこの月曜日はフランスのナショナルホリデー。5月の末から6月にかけては結構、祭日があったりして、思いのほか仕事にならない。出張前に、オランダの祝日は調べてきたのだけど、フランスのはうっかり忘れていた。



毎年、もうちょっと遅く来るのだが、今回はパリのポップアップストアの関係で渡仏を前倒ししたところ、日本で言うゴールデンウィークに重なってしまい、会いたい人は海外へ、あるいは日本にと、入れ違いだったりしている。

逆に、私にとってのホリデーも多く、今回は美術館巡りなどできてうれしい半面も。

Cannesからニースは車でわずか30分ほど。この日はカンヌの友人と、ドライブしながらニースのピカソ美術館へ連れて行ってもらう。




と思ったら、月曜日は休館日。ええー、祭日なのに休館?日本ならそんな時は火曜日が休館になるのに。。。

IMG_7639 (640x427).jpg

とりあえず、ピクニックのお弁当はニースの小さな市場で買う。焼きたてのバゲットと、アンチョビ、小さなタコのマリネ、チェリー。簡単な食材を買ってマティス美術館のある、アレーヌ・ド・シミエ公園(Parc des Arène de Cimiez)に向かう。


IMG_7647 (640x427).jpg

一昨年はシャガール美術館に行った。とてもよかったが、そのときはもうシャガールだけで胸がいっぱい。他のところに行く気がしなかった。


今回のマティス美術館はそのシャガール美術館のすぐ近く、シミエの丘を上がったところである。



IMG_7654 (640x427).jpg

マティス美術館を囲むような、アレーヌ・ド・シミエ公園(Parc des Arène de Cimiez)の駐車場前には、シミエ・フランシスコ修道院がある。


IMG_7650 (640x427).jpg



これがアメリカの「サンフランシスコ」の語源になった、という歴史ある教会なのだが、今回はスルーしてしまいとても残念。中には有名な「ピエタ」がある。



IMG_7663 (640x427).jpg


ここもオリーブの林がある。ルノアールの家のオリーブより小さいけど、密に植わっていて本数も多い。



IMG_7661 (640x427).jpg

先にこっちに来てたら、もっと感動したと思うんだけど。。。ルノアールの庭の木のほうが風格があったから。

古いオリーブって素敵な木だ。




ベンチに座ってお弁当タイム。バゲットとアンチョビマリネが最高においしい!


到着したときは腹ペコだったので、フォービズム(野獣派)と化してランチにありつくのだった。(意味不明)

IMG_7678 (640x427).jpg


公園の中でお弁当をのんびり食べた後、美術館へ向かう。赤く彩色された建物は、昔はホテルだったそう。



ふーん、なんか、イメージとちょっと違うけど。ここがマティス美術館。


IMG_7680 (640x427).jpg


中に入ると手荷物検査があって、わりに厳しい。と思ったら意外にサンパな警備のお人、

「どっから来たんだ、ジャポネか、俺は日本が一番好きだ!」

などとニコニコしながらおっしゃる。
『わー、いいひと~!』

とか思ったら、次に入場する若い女性にも、
「イタリアから来たの?俺はイタリアンが一等好きだぜ!!」

などとこっちを見ながらニヤニヤ。みんなに言っているのね、いっぱい喰ったわ((笑))


IMG_7693 (640x427).jpg

えーと、中の絵は3つくらい素晴らしいと思うものがあった。
私の好きだったのは裸婦のデッサンと、椅子に座る女性のデッサン。


ほんの一本の線が、女性の二の腕の柔らかさを、そして腰から腿にかけての豊かさを、「視覚」である絵なのに、「触覚的」に訴える。

あと、裸婦の彫刻。真っ黒い塊が横たわり、筋肉の強さ、しなやかさを感じさせる。


女性の体の美しさ、とりわけ「脂肪の乗った丸み」がとても魅力的ということを、南仏で再認識する。

美術館自体の作りが広く天井が高く、そして静かで、すぐ近くで見られるということも、作品を鑑賞する環境としてとても心地よい。


部屋は時代、テーマごとに分かれている。

ある部屋では、なんだかスーラにも似てるし、Renoirにも似てる、タッチの違う絵がいっぱいあると思ったら、若いころに有名な作家の作品を模写した時の習作だそう。そういえば、コピーの部屋とか書いてあったっけ。


謙虚に学び、受け入れ、自分のものに消化していく。



IMG_7687 (640x427).jpg

建物の外、公園の中にはローマ時代の円形闘技場や浴場跡の遺跡が残っている。ヨーロッパは石の歴史だなあと思う。



IMG_7670 (640x427).jpg

兵(つわもの)どもの夢のあと、か。


IMG_7659 (640x427).jpg

古いサイプレスの木立を抜ける。カンファーに甘くバルサミックで濃い緑の香りが混ざり合う。


この木の香りを見るたびに思い出す、アガサクリスティの「サッド・サイプレス」という原題を持つ、「杉の柩」は私の好きな小説。ポワロも登場するロマンティックサスペンスである。

若いころから、この小説の中の光景を思い浮かべていたから、欧州に来れたのかな、とか思ってしまう。



IMG_7658 (640x427).jpg

石積みの階段にも、温かな色合いとリズムがある。公園から教会へ続く。


IMG_7684 (640x427).jpg

外へ出ればまた南仏の明るい日差しがいっぱいにさして、祭日のこともあり子供たちのにぎやかな声が響く。

ちょっと走ればもう海。




夢のような南仏の一日が、走馬灯のようにまた過ぎていく。















「ルノワールの家美術館」Cagnes-sur-Mer

IMG_7465 (640x427).jpg



南仏カーニュ・シュル・メール(Cagnes-sur-Mer)の丘の上、「ルノワール(Renoir)の家美術館」に行く。少女趣味的独善による私的な見解を述べてみたい。




特徴的なくちびる、やや扁平な丸い顔、豊かな腰。

なぜ後半のルノアールの作品のモデルの顔が似ているのか、ここにきてようやくわかったような気がする。


IMG_7421 (640x427).jpg

この日は「ルノアールの家」美術館の、たまたま月一回の無料入場日。



IMG_7429 (640x427).jpg

ルノアールが晩年を過ごした家。まず、アプローチから始まる、大きな古いオリーブの林がとても素晴らしい。


IMG_7434 (640x427).jpg


「このまま絵にしたらいいだけ」(もちろんそうじゃないけど)、というような気もしてくるくらい、柔らかく明るい光と色の美しさ。。。


IMG_7456 (640x427).jpg

ここが彼の建てた家。

成功したルノワールは、健康のこともあり南仏に土地を買い、ブルジョワジーの雰囲気を持つこの家を建設した。家自体はまだ100年余りのもので、古いとは言えないが、さらに2013年にリニューアルされた。



IMG_7452 (640x427).jpg

外からみた窓を、中から見たのが下の写真。


IMG_7526 (640x427).jpg

リビングの窓から、遠く海が見える。バラ色の、なんて幸せな空間。生前の家具をできるだけ忠実に再現しておいてあるそうだ。



IMG_7458 (640x481).jpg

1階には彫刻家のリシャール・ギノ、ルイ・モレルとコラボレーションの作品が並ぶ。とても迫力がある。


IMG_7470 (640x427).jpg

作品の特徴の一つ、腰から臀部にかけてのおおらかな線。どっしりとして暖かく、母性的で強い。


IMG_7468 (640x427).jpg

これはRenoirの最後の妻、アリーヌ夫人の胸像。豊かな胸、やや反った唇、ふっくらとした面立ち。



IMG_7462 (640x427).jpg

彫像の多くはこの反った唇を持っている。息子にもそっくり。


IMG_7518 (640x427).jpg

とても美しい建物。白い階段には光が満ち溢れている。


IMG_7542 (640x427).jpg

生前のアトリエも、イーゼルや道具とともに公開されているが、主人公なしでは、(痛ましくて)写真を載せることができない。


IMG_7544 (640x427).jpg

この少女はアリーヌ夫人によく似ていると思う。


IMG_7514 (640x427).jpg

この家は小高い丘の上に建てられており、テラスからはカーニュの街と、向こうに地中海が臨(のぞ)める。海から吹き上げる風もフレッシュで、リウマチを患っていた晩年のルノアールにはよい気候だったに違いない。





IMG_7524 (640x427).jpg

暮らしを垣間見える「ルノワールの家」
このリビングには、愛と幸せがあるように思う。

「私もこんなおうちに住みたい」という少女趣味的独善。

IMG_7533 (640x427).jpg

どの部屋も、明るい淡い色合いの光で満たされている。ルノワールはポスト印象派、とも言われるそうだが、この家全体が印象派だと思う。

研究者でないから、あくまでもイメージによる見解。

IMG_7567 (640x427).jpg

ビーナスのこの唇に、庭でも会った。扁平な顔と、共通にみられる特徴。ルノアールにとって、最後の妻は最愛の人だったのだと、ここへきてひとりロマンチックに思っている。

それまで、ルノアールの柔らかいタッチは好ましいものの、なぜ彼の描く女性が、彫りの深いいわゆる西洋美人タイプではないのか?そしてなぜ、それなのに人気があるのか、がちょっと不思議だった。

でも、この地に来てこの暖かい母性、豊かさ、素朴なゆえの美徳、というものが少し腑に落ちた気がする。顔は、南方の血が入っているのだろうか。息子の写真も飾ってあったが、お母さんにそっくり。




IMG_7557 (640x427).jpg


作り手としては、「作品」を見てもらいたいのであって、その「生活」を死後にあれこれいじられたくないという気持ちがある。


だから作家の作品はみたくても、彼らの日常を覗(のぞ)くのは気が引ける。とはいえ、この暮らしを見たからこそちょっとだけ作品に近づいた気がするのも確かなのである。



18953191_10154740252575945_8499658891387326251_o (640x480).jpg




ルノアールの作品の中にもある農家の裏手。中では息子が撮った映画が上映されている。
(記憶ではそうだったと思う。)


名物はその地で味わうべきというが、やはりルノアールにしても、シャガールにしても、(ロゼワインにしても)、南仏の光と空気の中で見るのが最も気持ちに訴えると思う。





ビバ!フランス!









サント=マルグリット島 (Île Sainte-Marguerite) 南仏 カンヌ 2

IMG_7184 (640x427).jpg

フランスのカンヌの沖にあるレランス諸島 (Îles de Lérins) 、サント=マルグリット島 (Île Sainte-Marguerite)。
海岸から内陸に入るとそこはまた別世界。おとぎ話の森のような道が続く。
明るい光と鳥のさえずりがこだまする中、この乾いた土の道が郷愁を誘う。

南仏に来るたびに思う、ここは懐かしい夢の中。


IMG_7108 (640x427).jpg

小さいころから夢想癖。現実ではない場所に私の世界が育っていった。
それを助けたのが読書。

時にヒロインになり、時にわき役としてその舞台を生きた。


私の好きな読みもの。

童話。アガサ・クリスティ。デュ・モーリア。コレット、サガン。女性の書いたものが多いかな。
でも、時代小説も読むし、ハードボイルドも読むわ。
映画は小説ほど読まないけど、好きなシーンはある。


フランスに来ると、私はいつも自分の空想の世界に来たのかな?と思う。
はっと目が覚めたら、また東京の自分のアトリエにいるのではないかと。



IMG_7213 (640x427).jpg

なにかのはずみに、

東京のアトリエにいてさえ、あの褪(あ)せた空を見てさえ、内側の私は、蒼く濃いカンヌの海にいることができるし、

冬のある日、歩いているときに頬をなぶる冬の冷たい風に面してでも、南仏の高台に吹き上げるフレッシュな海風を感じることができる。


なので、内側の私と、外側の私はいつもスイッチして、どちらが現実なのか本当のところ分からない気持ちがする。



IMG_7198 (640x427).jpg

この小さなサントマルグリット島でさえ、一つ角を曲がれば、海と内陸で様相が違う。同じなのは、どちらもパラダイスで、そこは懐かしい、静かな、インナーマインドっていうこと。


そんな、異なる世界に住んでいる私が好きだ。そこでの私はのびのびとして、空気と溶け合っているから。




成長って、上に伸びていくだけでなくて、芯の部分を中心に、タマネギのように重ねていく面もあるみたい。

10年ぶんずつはがしていったら、結局10代の私が顕れるんじゃないだろうか。





南仏の車窓から Cannes Nice Monaco 1

IMG_7293 (640x427).jpg

「南仏の車窓から」なんて、どこかで聞いたことがあるような・・・。パリのことを半分も書かないうちに、実はもうカンヌに来て1週間になる。この日はモナコへ日帰り。

カンヌに滞在し、モナコへ初めて行ったのは2009年だった。常には車で連れて行ってもらうのだが、今回は3度目、列車で行くことにした。

車で連れて行ってもらうというのは楽だしありがたいことだけど、その場所が自分の栄養になりきらないって気がする。

自分で運転するならまだしも。


IMG_7278 (640x427).jpg



南仏でいつもケアしてくれる香料会社のP社長の勧めもあった。


「いいか、さとり。カンヌの駅からモナコへ列車で行くのは簡単だ。切符を買って乗れば一本だ。ただしモナコの駅は崖についていて、出口は上と下と右と左で複数あるので、どの出口で会うかちゃんと決めておかないとだめだぞ。帰りは遅くなると危ないから車で送ってもらいなさい。電車に乗っていいのは朝の8時から夜の7時までだ」
「ダ-コ-、よしわかった。そうする。」

というようなやり取りがあって、この日ひとりカンヌの駅へと向かう。

彼は10年以上、私の行動パターンを見ていて
『このくらいは自分でできるだろう』
というあたりを見極めて提案してくれる、ありがたい存在である。

といっても、モナコの駅に着いたらまた知人が迎えに来てくれるので、子供の一人旅か、お使いみたいなものである。



IMG_7312 (640x427).jpg

駅で尋ねながら切符売り場へいくと券売機が。
「ねえねえ、わたしモナコまで切符を買いたいけどどうやるの?」
というような感じで駅員さんに聞く。

とても親切な駅員のおじさんが(って人のこと言えるような年じゃないけど)教えながらどんどん手続きをして買ってくれた。

「じゃ、3時21分の列車だからね。そこ、階段降りて右行って、また昇ったら1番線だよ」
「ええっ?! 今、3時19分じゃない!あと2分後なんて、私、走らなくちゃ!」
「だいじょうぶだいじょうぶ、どうせ10分は遅れるから、充分間に合うよ」


IMG_7282 (640x427).jpg

慌ててホームに行くと、すぐに列車が入ってくる。3時21分メントン行きって、これに乗るのかな?
乗り込もうとするマダムに、

「すいません、私モナコに行きたいんですけど、これでいいのかしら?」
「そうよ、この列車よ」

尋ねながら続いて乗ると、後ろのお兄さんも、「これでいいよ」とか声をかけてくれる。



IMG_7283 (640x427).jpg

そういえば「1等に乗れ」と言われたけど、どのあたりかわからず、前へ前へといって先頭車両の2階にのぼる。空いているのでとりあえずここに座ることにする。



IMG_7286 (640x427).jpg

落ち着いて窓辺に座れば、右は紺碧(こんぺき)の海が広がる。

列車は早く走っているのだろうけど、海が広いからゆっくりと感じる。ごく普通のローカル線に乗っているようだ。

明るい海と、白い船がたくさんとまっているのが、南仏だということを思い出させる。自分がここにいるのがとても不思議な気持ちだ。


IMG_7301 (640x427).jpg

Cannesを出てからニースを経て、モナコまで1時間弱。岸壁が迫ってくるともうすぐ到着。路線図を持ってこなかったので、車内のアナウンスと前のサインボードが頼りなので、注意して聞く。

前から車掌さんが切符を切りにまわってきた。
そういえば、駅にゲートはなかった。2年前にオランジュから乗ったTGVもゲートってなかったよね。
中の検札で済ませているようだ。

「すみません、モナコは次ですよね?」
すると他の席からも「そうだよ」と声がかかる。



IMG_7309 (640x427).jpg

で、あっけなく到着。来るだけだったら簡単だ。来るだけならね。来て何をするかが大事。


ロンドンでもテロが続いているし、フランスに来てから知人たちに「このへんの治安はどうなんだ?」と聞いたところ、全員が、
「世界中どこだって安全なところなんかないよ」と同じことを言う。

「でも日本は今のところ安全よ」
「だって、地震があるじゃないか」

これも同じ答え。




IMG_7303 (640x492).jpg



乗ってきたのはこんな列車。






IMG_7308 (640x427).jpg



「Hi Satori!」

の声に手を振り、ビズ。
そうだっけ、ここは改札がないもんね。入場券はいらないから、「中で待ってて」といった意味が分かったわ。「なぜ?」がわかっていくのがとても嬉しい。

香料の仕事をしているおかげで知り合いが増えていく。ネットの活用も進み、日本からのバックアップもあり、重要なポイントを多くの人に助けられて、ちょっとずつ経験値をあげている。

人からみたら簡単なことでも、私の中では、昨日の自分より少し前進。

スローな私だけど。




フランス、電子レンジでご飯を炊く方法 how to cook rice

IMG_6818 (640x427).jpg

これは電子レンジでご飯を炊くための、樹脂製の炊飯器。
少し長い滞在では、ご飯を食べたくなるので、電子レンジ炊飯器を持っていく。

海外出張を元気に過ごすためには、やっぱりおうちごはんを中心にすること。
それもお米を食べることが私にとっては大事。

毎日外食では、胃が疲れてしまうから。



アパルトマン(フラット)ならキッチンで簡単なものが作れる。
電子レンジもオーブンも、キッチン道具も一通りそろっているので、かなり凝ったものもやろうと思えば可能である。(ロールキャベツとか、巻きずしとか)

が、自分ひとりの口を賄(まかな)うならご飯にプラスして、近所のスーパーで野菜やらチーズやらオリーブやら、お総菜(そうざい)の一品も買えば素敵なディナー。

あとワイン、カンヌならロゼは絶対。



IMG_6842 (640x427).jpg

お米はあらかじめ、ジップロックに1合ずつ量って日本から持っていくと便利。今回は1Kg(=7合)、つまり7袋のお米を持参。


IMG_6822 (640x427).jpg


陶器の土鍋風のものとか、毎年色々もって来たけど、これが一番軽くて使いやすい。
持ってきた炊飯器は、帰りは地元の知人にあげてしまう。

パリも、カンヌの知人も一渡りしたので、今回はアムステルダムで置いてくる予定。


器の中で直接研いで、水加減をし、30分ほどほとばしておく。

電子レンジは、こちらはそのままではパワーが強いので、
小さいパワーに切り替えて、500w~600wで10分間調理する。


IMG_6824 (640x427).jpg


そしてまた、20分ほど蒸らす。ふたを開ければほら、炊き立てのご飯が。


研いでからできあがりまでは1時間くらいはかかるのだが、プロセスとしてはほぼ待つだけなのでほとんど手間いらず。


今日はちょっとやわらかめだったかな。

IMG_6826 (640x427).jpg

1合で小さいおにぎりが4つできる。
1つか二つを夕食に食べて、残りは冷蔵庫や冷凍庫に入れておく。
使うときレンジで温めて、お弁当に持って行ったり、夜、こ腹のすいたときに食べる。

サランラップはアパートに備え付けてあるものだが、とりあえず最初の日にスーパーに行ったときに買っておくと便利。


IMG_6838 (640x427).jpg

こんなふうに、海苔とみそでおにぎりを頂けば、とっても元気が出ちゃう。

お味噌は鰹節と混ぜて、2センチくらいの味噌玉にしてラップにくるみ、5つも持ってくるだろうか。
お湯をさせばみそ汁になるし、とても便利だ。


IMG_6938 (640x427).jpg

この日は、カンヌの対岸の小さな島にピクニック。チキンと、ゆで卵とシーザーサラダ(ドレッシングは別の小さいジップに)、きゅうり、カシューナッツ。そしておにぎりの海苔はアルミ箔で別に包んでおいて、その場で巻いて食べる。



他にも、
①ジップロックに入れたお米に水を入れ、②ぴっちり口をしめ、③そのまま鍋で煮るとご飯が炊ける

という方法もネットで見たことがあるが、まだ試したことはない。



レトルトのご飯も便利だが、持っていくには重いのと、ちょっと匂いが嫌だ。
お米はソウルフード。

ご飯の炊ける匂いは、日本人にとってソウルスメルだと思う。



パリ 6 ヴァンドーム, リシャールミル Richard Mille

IMG_6507 (640x427).jpg

よく晴れて暑い。今日のパリ34度。ヴァンドーム広場にて、リシャールミルのイベント。

IMG_6520 (640x426).jpg

たまたま歩いていて、ベンツのヒストリーカーが並んでいるところに遭遇。

時計ブランド、リシャールミル(Richard Miille)のブティックがヴァンドームに8月2日にオープンするので、そのためのデモンストレーションのようである。パリでは大きな会社がスポンサーになったイベントをよく見かける。




「最高質のパーツを集めた高度な技術を駆使した、いわば「レーシングマシン」に匹敵するエクストリームウォッチを製造することなのです。」(ブランドウェブページから)http://www.richardmille.jp/about/



リシャールミルは「時計界のFI」というコンセプトだそうだから、このイベントはあえてのクラッシック、ちょっとひねった趣向なのかしら。場所が歴史あるヴァンドーム広場だしね。


IMG_6512 (640x427).jpg




時計のことはあまり詳しくないのだが、リシャール ミルは一流品を集めた某デパートの展示会で見かけたことがある。印象として線が太くダイナミックな感じで、でも、ごつい感じではない。

今までみた時計とすごく違うインパクトがあった。48gのトゥールビヨンなんて信じられない(今はもっと軽いらしい)。

昔は18金などでできていて「重いから高級」なんてイメージもあったけど、いまではそれも野暮ったい。ダイヤがたくさん入っているからいいという考えも、貧しさの裏返しだわね、なんて。

究極の機能やデザインに価値を見出すというのが、数寄者、道楽者なんだろうな。



IMG_6517 (640x427).jpg




IMG_6521 (640x427).jpg


IMG_6522 (640x427).jpg

古いベンツのスポーツカーも素敵だけど、

リシャールミルの時計のデザインでは、ナダル(RAFAEL NADAL)のモデルの中で私はこれが好き。→RM035


犬も歩けば棒に当たるというが、出逢いというのは歩かなければない。
わからないなりに、見るということは刺激になっていいと思う、パリの一日。


パリのお花屋さん 5 Florist ①

IMG_6674 (640x427).jpg

パリのお花屋さん、ちょっと歩けばすぐお花屋さんがある。素敵なところはたくさんあるけど、
ホテルの近く、7区にあるこのお店は新鮮な感じで気になっていた。



IMG_6681 (640x427) (640x427).jpg

今はシャクヤクの時期で、山盛りの芍薬(しゃくやく)の花が並ぶ、というより積んである。
シャクヤク20本でたったの20ユーロ、たっぷりの花を部屋に飾るなんて素敵!


IMG_6678 (640x427).jpg


そして、少し開いた花はどんどんと回収し、茎を短く切って安売りしていく。
このバケツが一束、とてもゴージャス。

お客様も引きも切らずというよう。
花とキャンドルは特別なものではなく、こちらでは日用品みたいに密着しているようである。



日本でも、お花は身近なものだったと思うのだけど。



IMG_6684 (640x427).jpg

エコールミリテールの近く、Cler 通りにあるお花屋さん「cler fleurs 」



パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ