Parfum Satori

重陽(ちょうよう)の節句 Double Ninth Festival

20160909菊尽くし.jpg

今日は重陽(ちょうよう)の節句。

3月3日が桃の節句なら、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節句であり、
9月9日は菊の節句である。

1月7日は月日が重ならないが、七草の節句で、合わせて五節句となる。



今日は「菊尽くし」で、菊の物を重ねてもいいので、母の作の菊の茶碗と菊の皿と、菊の干菓子を誂えてみた。

与一の車輪も、菊のように見えるとのご指摘も。



さとり「菊の節句だから菊尽(きくづ)くしじゃな~」
与一「ちょうよ~(そうよ~)」 


101110菊オランダ.jpg

菊は日本的な花のようだが、平安の初期に中国から渡来したようである。
万葉集には一句もない。

鎌倉時代に後鳥羽上皇が菊の花の紋所を使ってから、皇室とのゆかりが始まり、やがて日本の象徴になったという。

この写真はオランダ菊。
日本から渡った菊が、ヨーロッパで人気が出て盛んに栽培された。

艶(あで)やかな色彩が、西洋から見たオリエンタルな感じだ。
19世紀末、西洋絵画の中の菊や工芸品などに見られるデザインがこんな風にこってりしている。

ひなびた野菊の風情とは異なるが、これはこれでまた美しいと思う。

重陽の節句を、英語でDouble Ninth Festival,というと、ずいぶん印象が違う。


100929菊尽くし.jpg

これは「菊尽くし」という日本舞踊の演目である。
5歳の舞台で、菊の笠を両手に踊っている私。

後ろに黒子役の先生がいて、小さい声で振付を教えてくれている模様。



3月3日の雛祭りに対して、9月9日は「後の雛」といって、虫干しを兼ねてもう一度お雛様を飾ったりもするらしい。

今日はまだ蒸し暑く湿気があるので、旧暦の重陽の節句(10月9日)には、お雛様を出してみようかな。


201610月生「フレグランスデザイン」講座

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ