Parfum Satori

秋の香り サンマの香り Cololabis saira/Pacific saury

20160928サンマ1.jpg

サンマってこんなに青かったんだ!
知人の家でバーベキューをするからと呼ばれていったところ、立派な秋刀魚がたくさん。

目が澄んで、ほどよく脂の乗った体には、青い班が浮かんでいていかにも新鮮。

パラリと振られた塩が、この後の期待をそそる・・・!

20160928サンマ2.jpg

盛大に上がる炎。

炭屋さんで買って来たそうだ。(たぶんそういってたと思う)
都心では炭屋さんなんて珍しいなあ。

煙と共に、油の焼ける香ばしい、そして少し苦い香りが漂ってくる。
もう、唾液どころか胃の方で待ちかねて、胃酸がぎゅっと出てきてしまいそう。



炭の炎にあぶられて焦げた皮がパリッとしてる!
この場合、美味しいっていうより、うまいって言いたいところ。

都心では、今どき七輪(しちりん)で焼くっていうことはもちろん難しいし、ガスではこうパリッとはいかない。

家のキッチンも臭いがついてしまうので、焼き魚、特にサンマは敬遠される。

20160928サンマ3.jpg

背骨に沿って箸を入れ、まず背の部分をパカッととって食べる。
身の間からふわっと湯気が上がって、焦げた香りと一緒に、うま味のある甘さが、柔らかく匂う。

醤油、大根おろしはもちろん必須。
しかしそれを添えたあとは写真どころではなく、一気に食べてしまった。


こんなに美味しいサンマを戴くと、味と香りの記憶を汚したくないから、なまじのところでは食べたくないって思っちゃうな。

ビーフもラムもよかったけど、なかなか家では食べられない秋刀魚が今日の逸品。

長雨が続く後の秋晴れの休日、ご馳走様でした。







➤今咲いています!キンモクセイの香水 オードパルファン「SONNET(ソネット)」


トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージエッセンスのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに。金木犀の天然香料も深みを与えました。



パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ