Parfum Satori

香水ブランドができるまで⑤香水瓶探し perfume bottle

110711アンティーク.jpg



私は香水瓶を探していた。
なぜならば、日本には気に入ったボトルがなかったのだ。

16年前に、一人で仕事を始めて、香料をようやく手に入れたものの、香水は入れ物がなければ持ち運ぶことはできないし、ボトルが素敵でなければ手に取ってもらえない。

「香水瓶は、鏡台の上に置いた時から香り立たねばならない」といったのはフランソワ・コティ、
「ボトルは香水の住む家」といったのは有名なボトルデザイナーのピエールディナン。

フランスにはあんなにたくさんのボトルがあるのに、、、

海外ブランドの香水瓶はとてもきれい。
でも、そこまでオリジナルのものでなくても、もう少しベーシックなものがあるのではないか。

実際、わずかではあるが目にしたことはある。ようやく探し当てた素敵な既製品の瓶は、フランスの製造メーカーから最低6000本のオーダーで輸入しなければならないという。


当然大手化粧品会社は自分のブランドのオリジナル型を持っているし、小さい化粧品会社は香水を作ることはあまりないようす。
ほかに、国産ボトルの買えるところがないか、香料会社や、パフューマー、瓶の問屋さんなど関係のありそうなところに聞いても、さっぱりたどりつくことはできない。

のちに、逆に他社パフューマーに「さとりさんの香水瓶を分けて」と言われることすらあった。
香水を作る製造過程はかなり分業化されており、香料業界といえどもドンピシャの人でなければ知らないらしい。

そのころは、インターネットの検索なんかほとんど使われていなかったから、電話帳で調べて日本のボトル製造メーカーも訪ねてみた。

いわく、日本での需要は薬瓶とか食品用のボトルがほとんどで、既成の香水瓶は限られているとか。
そういえば、どこのメーカーに行っても同じボトルが置いてある。
オリジナルの香水瓶を作るためには金型から作る必要があり、となると最低ロットも多い。

フランスのきっちりしたボトルを作るオートメーションの機械では、1日の製造数は万単位。
日本でも千単位でないとコストに見合わない。

ある程度の大きな仕事があれば別だが、当時の私ではとうてい1年で消費するのには無理な数字だった。



そうはいっても仕事には喫緊(きっきん)に必要なので、とりあえずできるだけシンプルなボトルを探し、それを使いながら模索を続ける。
『瓶がシンプルならば、ラベルやちょっとした工夫で素敵になるはず・・・』

パソコンとプリンターの使い方を調べ、紙屋さんやハンズなどで素材を選び、今思えばこういうことが、少ない数でもなんとかやりくりする方法を覚えるのに役に立っている。
また、スクールで教えるのにも、そういった実践的なエッセンスが生きていると思う。

「あれがないからできない」とかいわないよう、問題解決法を学んでもらいたい。

まあ、一行で言ってしまえば、たった一行のことであるが、この行間(ぎょうかん)にある苦労を察していただければ幸いである。(苦労自慢が受けるのは昭和世代だけかもしれないが)


2年くらいそんなふうに探していただろうか、ある日、フランスに縁のある人と会った時、その話をしたら、「じゃあ、フランスへ行って探したらいいですよ」
なんて軽く言われ、
『そんな、雲をつかむような...。』
と絶句したものの、周りからの
「行ってみたら?」という声で、その後アシスタントをしてくれることになるR子ちゃんと行くことにする。

ちょうど、マルセイユに知人もいたので、ついでに香料を探しに行くことにした。

このくだりは2009年にアップしたブログ、昔の回想録として書いている。


2009年の記事➤マルセイユまで 
② http://parfum-satori.com/blog/2009/03/--1.html

③http://parfum-satori.com/blog/2009/03/--2.html
④http://parfum-satori.com/blog/2009/03/-4.html
⑤http://parfum-satori.com/blog/2009/03/post-79.html

つづく
➤さくら
明るくみずみずしい花の甘さが、うすべに色のふんわりパウダリーに変化します。やさしくもきりっと美しい日本の「さくら」。匂い袋のような和の花の香りです。

➤ニュアージュローズ
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

「Nuage Rose (ニュアージュローズ=バラ色の雲)」商品案内はこちら

 

RAGRANTICA(フレグランチカ)にさくらの香水が紹介されました

香水専門ウェブデータベース「FRAGRANTICA(フレグランチカ)」にパルファンサトリの「さとり」がフォーカスされました。 Best-in-Show-Cherry-Blossom PARFUM SATORI SAKURA< Cherry Blossom> [Fragrantica]  photo by Tsutomu Takasaki

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ