Parfum Satori

2014年9月アーカイブ

いずれゆく彼の岸にて待て君

140928仏様のリング2.jpg

もっとも多感な時期を共に過ごした友人が去って一年。

通夜、告別式、四十九日とのいくつもの儀式を経て、少しずつ心の整理がついていくのだろう。

あの日と同じ秋晴れの一周忌にて、境内から墓地に向かえば、やはりあの日のように金木犀の香りが漂っている。
ふと顔を上げれば墓の傍らに、まだ背も低くまばらな花をつけた、若い木が植わっていた。
その幹の幼さが、亡くなって歳月の浅いことを語っているように思う。

「本当に明るいひとだったから・・・」
この花に特にふさわしいような気がして、彼女の面影が重なるのだった。


深い悲しみも、此(こ)の岸では日々煩悩にまみれ、思い出す心の痛みも間遠になる。
どんなに近しいと言っても、肉親の悲しみには及ばないのだ。

彼(か)の岸にて待て、君。

きんもくせい ソネット Sonnet Osmanthus

121013キンモクセイ.jpg


今年もまた、金木犀(きんもくせい)の季節がやってきた。


きんもくせいの香りは、幼い頃の記憶に繋がっている。


秋の透明な空気の中、甘いこの香りが漂うと、ランドセルを背負って走った通学路を思い出すって書くのは毎年のこと。

こんな風に香りに昔を懐かしむのは私だけではないだろう。

多くの人が思い出を共有できるのは、金木犀ならでは。


この花が終わると、秋はぐっと深まり、冬へと向って行く。
まるで、陽が沈む一瞬に空が赤く輝くように、この香りは秋の空を染める。



☆キンモクセイの香水 ソネット ☆

年に十日しか会えないキンモクセイの香りを、いつも身につけていたい・・・。パルファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。

ルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「ソネット」です。ジューシーなネクタリンピーチとオスマンサスの組み合わせで、幸せな気分に。






ヒュミディテ Humidité

140919雲.jpg

ときに、遠く内陸まで届く海の匂い。
満潮と低気圧で、海水が川をさかのぼって来るのだろうか。
エレベーターを待つテラスから、重い雲の連なりが見える。




または夏の終わりの夕方。

激しい雨が落ちてきたかと思うと突然にやんで、濃密な夜が来る。

湿度。
アスファルトの道に流れてくる甘くカンファーでスパイシーな香り。

水たまりを避けながら、足早に通り過ぎようとした。
その道脇の小さな植え込みが街灯に照らされている。

ローズマリーとタイムと濡れた土の匂い。
大粒の水滴にたたかれて葉から香ばしいエッセンスを飛ばしている。

140919夜.jpg


そしてある晩、古い住宅街の路地を抜けると、
どこかの家の浴室から昔風のシャンプーの匂いが漂ってくる。

懐かしく、少し、憂鬱な。
なぜ?

小さな頃の記憶が、自分の年齢を哀しませるのだろうか。


闇と匂い。
風が匂いを運び、雨が落とし、湿度が再び持ち上げる。


哀しい気持ちは悪いことじゃない。

心が動かないことが不幸なのだ。






☆キンモクセイの香水 一足先に☆

パル ファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。7月パルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「ソネット」です。ジューシーなネクタリンピーチとオスマンサスの組み合わせで、幸せな気分に。



ハナゾノツクバネウツギ  Abelia×grandiflora

140911新宿御苑ハナゾノツクバネウツギ.jpg

ハナゾノツクバネウツギ、アベリアの仲間。
ベル状の白い花をたくさんつける。
7月末に撮影。

名前の由来は花の落ちたガクの部分が「ツクバネ」という植物の種子と葉の形に似ており、花はウツギに似ているからだそうだ。
その「ツクバネ」というのは、羽根突きで使う羽根のこともさす。
植物と遊戯の道具、どちらが名前の始まりなのかはよくわからない。

スイカズラ科。ハニーグリーンノート。



フランスから帰ってきた後、8月はあまりの暑さにとても散歩に行く気がせず、かと思えば雨だったり、また仕事が忙しく、新宿御苑にはほとんど行くことができないまま夏が過ぎてしまった。

ようやく秋の気配と思ったら、今週から休園でがっかりだ。


今は蚊の捕獲調査中とのことだけれども、感染した蚊がいないを願っている。

新宿御苑は生き物の暮らしのサンクチュアリ。
いることが判明したら、薬剤を散布することになるのではなかろうか。

蚊を退治するために薬をまいたら、蜘蛛(くも)やトンボのような蚊にとっての天敵や、ぼうふらを食べてくれる池の中の生き物まで死んでしまうのではないかと、蚊に刺されるよりもそちらのほうが心配である。

なんだったら、寒くなって蚊がいなくなる冬まで休苑してもいいから、薬を使わないですめばその方がいいと思うけれども・・・。




☆キンモクセイの香水 一足先に☆

パル ファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。7月パルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「ソネット」です。ジューシーなネクタリンピーチとオスマンサスの組み合わせで、幸せな気分に。



ルビーと18金のルーペ lupe 拡大鏡  magnifying glass 2

140901ルーペ1.jpg

先日、18金のルーペのことを書いていて思い出した。

十年前、母の誕生日のためにオーダーしたペンダントルーペ。
懐中時計のようなバチカン(吊り下げ金具)がきれいな、
これも18金のハンドメイドである。

最近あまりしていないので、どうしたのか聞いてみたところ、目の手術をしてからよく見えるようになったので使っていないと言う。

そういえば新聞なども裸眼(らがん)で読んでいるのでびっくりなのだが・・・。用がなくなって結構なことではある。

むしろ私の方が必要だろうと、「さとりが使ったらいいよ」と言うので、また私の手元に戻ってきた。
あげたものを返すなんて、これも、母と娘の気安さだろうか。

140901ルーペ2.jpg

どこの家庭のお母さんも同じだと思うが、「欲しい物ある?」と聞いても、母は「何もいらない」という。

確かにたいがいのものは持っているので、頭を悩ませるところだが、
ただの装飾品ではなく、実用品できれいなものをプレゼントしたいと思った。


当時、首から提げるルーペが流行って、よく眼鏡店で見たものであるが、どれも安っぽく(実際に安いし)ゴテゴテとした飾りがある。

こういうシンプルですっきりしているデザインのルーペは、イタリアなどにはあるのだが日本では探しても既製品で見つかることはない。

それで、日本で特注で作ってもらったのであるが、たぶん1つだけ作るなんて、面倒な仕事はもうしてくれないと思う。

懐中時計の竜頭(ネジ)にあたる部分には、小さいカボションのルビーを入れてもらった。
ここのパーツをはずすと枠が外れて、レンズの交換ができるようになっている。


ほとんどの人はたかがルーペにこんな値段をかけるなんて、ばかばかしいと思うかもしれない。
でも、一生もの、というより何世代でも使える。

安物をいくつも持たないで、いいものはひとつだけで充分。
いつも身に着けて、しかも長く使うのがエレガントだ。





☆キンモクセイの香水 一足先に☆

パル ファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。7月パルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「ソネット」です。ジューシーなネクタリンピーチとオスマンサスの組み合わせで、幸せな気分に。






パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ