Parfum Satori

アラビアコーヒーの花 Coffea arabica

10140516コーヒーの花1.jpg

初めて見たアラビア・コーヒーの花。
たった一輪、咲き残っていた。

純白の5枚の花は白い長い蕊(しべ)を持ち、花びらがらせんに反っている。
ジャスミンやテイカカズラにも似た姿である。

コーヒーの花は一日ほどしか開花しないそうだから、危ういタイミングだ。
他の花は茶色く縮れ、枯れてしまっている。


「珈琲の花はジャスミン調の香り」
そう書いたものを読んだことがあるので、クリーミーな甘い匂いを想像していたが、
顔を近づけてみると、思いのほかすっきりとしたシトラス、グリーン、フローラルな香りだ。

ジャスミンのあのこっくりとした甘さは少ない。

10140516コーヒーの花2.jpg

しかし花が開き始めてからどのくらいの時間が経っているかわからないので、もっと後になったらボリュームのある香りに変化するのかもしれない。

一輪だけでなく、たくさんの花が咲いていたら、また違って感じられるだろう。

10140505コーヒーの花.jpg

実は2週間前に温室に来た時には、このコーヒーの木には、小さな緑色の、固い印象の花が鈴なりについていた。

本で見た写真では、もっと大きな白い花だったので、
「これからもっと花びらが伸びて白くなるのか?それともこういう種類なのだろうか?」
と興味が湧いて、ずっと観察を続けたいと思っていた。

ところが連休が明けてものすごく忙しくなってしまい、だいぶ日がたってしまった。

だから、もう花は終わってしまっただろうと諦めていたところであった。

この、黄緑から白に変わる途中の段階が見たかったなあ。

10140505コーヒーの花2.jpg

2週間前のそのとき、ツボミはほんの少し口を開いていた。

木は3メートル近くあるが、花は低いところにも咲いているので、そばによって香りを確認してみる。

グリーン・ビターな香りがする。
まるで、コーヒーの苦みの様な匂い。

コーヒーのあの特有の香りは、豆を焙煎した香りなのだから、花からコーヒーの匂いがするというのも不思議なものだ、そう思ってまたよく嗅いでみた。

コーヒーを飲んだ時、口に残る苦みの部分だけの香り。香ばしさ抜きで。


お茶の苦みのシス-ジャスモン?
でも、もう一度香りを嗅いで反芻し、記憶の中から近いものを引き出したところ、ステモン(stemon)の苦味のほうがしっくりくる。

10140505コーヒーの花3.jpg

ステモンは茎(ステム)を折ったときに匂うような、フレッシュで癖のある苦いグリーンの香りだ。

ルー(ヘンルーダ)というミカン科の草の葉をもむと、このステモンの匂いがする。
ミュゲやイチジクの葉、トマトやスイセンにも入っている。



ステモンとコーヒーは香調の上では結びつかないけれども、花の蕾をそう感じたことが自分にとっては大切で、どのくらいの重さでか、というと、

①もし私がコーヒーの調合香料を作るなら、ステモンを隠し味に使うかもしれず、
②さらに将来「日曜の午後」というテーマで香りを作ることがあったとしたら、そのコーヒーベースを処方の中に使うかもしれない、
③だから「日曜の午後」にはステモンが微量入っているかもしれない、

という程度に大切。


130407コーヒー豆.jpg

①蕾・・・ビターグリーン
②花・・・シトラスグリーンフローラル
④焙煎豆・・・ピラジン系のローストされた苦みのある香ばしい香り

今まで気にしたこともなかったが、この③に入るはずの生豆の香りも、一度嗅いでみたいものである。

上は、2013年4月7日にアップしたアラビアコーヒーの写真。
コーヒーの木がどういう年間サイクルで、花を咲かせているのかまだ不明。





ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

➤パルファンサトリの毎月のサンプルプレゼントは「ニュアージュローズ」です。

ルファンサトリの香りをお試しになりたい方に、サンプルをお送りしています。南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。この機会にぜひサンプルでお試しください。


ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

➤パルファンサトリの香りをお送りします。 →今月のサンプル「イリスオム」


フレグランスデザイン講座 体験教室

調香体験教室 バラの香り  

日時:5月10日(土)13:00~14:30  

http://parfum-satori.com/jp/topics/2013/12/1181400.html 


パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ