Parfum Satori

フェンディの書類カバン Fendi antique

131211フェンデイアンティークバッグ.jpg

今から25年前に私の父が亡くなり、形見として私が貰ったフェンディの書類カバン。
父も使っていたものなので、少なくとも35年以上は前のものだと思われる。

カバンは薄手で軽く、大きさもちょうどいい。父を偲んでずっと愛用していたのだが、布地は擦り切れ、革のトリミングや持ち手もだいぶ傷んでしまった。

1年前、ついに持ち手の金具が本体からすっぽり抜けてしまった。
留め具はズッカ柄(フェンディのF)の生地に埋め込むように入っていたので、正面の取り付け部分が裂けてしまっている。

ブランドに持ち込んで修理ができるか見てもらったのだが、「表の布を一度はがし裏を張り直すなど大修理の上、生地がかなり弱くなっているので、はがす途中でどうなるか保障できない」という。

仕方がなくそのまましまっておいたものである。

 

ある日、たまたま知人とその話になり、とても上手なカバンの修理の店があると聞いた。
早速そちらに持ち込んで見てもらった。

お店では壊れたところだけでなく、持ち手やトリミングの皮革の部分も全て取り替える修理を薦められた。

どこまでオリジナルを残すか迷ったのだが、棚に飾るものでなし、これからも使っていきたいと思ったのでフル修理をお願いすることにした。

2か月くらい経ち、もう預けたことも忘れていた頃に電話がかかってきて、このほどやっと手元に戻ってきたのである。

 

表の柄の裂けたところはきちんと修理され、傷はまったくわからなくなっている。
持ち手は埋め込みではなく縫い付ける形式に変え、革はすっかり新しくなり、金具もピカピカになって帰ってきた。

新しいもののようだが、蓋の背の生地が擦り切れているのが年月を物語っていてとてもいい。
内側の革も元のままになっている。

新しいバッグを買ったほうがいいかな、と思うくらい修理代がかかったけど、やはり直してよかった。

大事に使う、そうしたら上手に古くなっていくものだ。まるで育てるようなもの。
35年の歴史を買うことはできない。


 

父が亡くなった3か月後、このカバンから書きかけの遺言状が見つかったことを思い出す。

思い出も買えない。

 

 

 

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ