Parfum Satori

2013年10月アーカイブ

ガレット・ドゥ・ポンム Galette de Pommes 

131031ガレット・デ・ポム4.jpg

お隣のよしみということで、毎年、服部先生からこのガレット・ドゥ・ポム(galette de pommes)をいただく。

今年もリンゴの季節になったのか・・・秋も深まったなあという気分になる。

 

キノコ 

131028きのこ.jpg

雨のあと、何もなかった草はらにニョキニョキと生える小さなキノコ。

一日で出現するなんて、不思議。

 

そして、こんな日当たりのよい場所ではまた1日くらいで消えてしまうだろうキノコ。

 

どこからかやってきて邪魔にもならずいつの間にかいなくなる。
でも、見えない胞子の形でどこかに存在している。

隠者か、風流人のような生き方、してみたい。

Christophe Laudamiel × AZUL by moussy

131028azul2.jpg

10月25日、南青山 "IDOL"にてChristophe Laudamiel(クリストフ・ラウダミエル) が調香した、"AZUL by moussy" のブランドセント "in the spotlight" のローンチパーティーが開催されました。

オードトワレ、ロールオンパフューム、練り香、キャンドルなどの製品を発売。

明るいフレッシュなトップノートからはじまり、お店のダークな雰囲気に合うウッディが官能的に香ります。

 

ゆる散歩 秋バラを見に行く会

131027バラ2.jpg

週3回から少なくとも1回、私は新宿御苑を散策しています。


時期によって目的の花があることもありますし、ぶらぶらしていて偶然何か見つけることもあります。
それによって、季節の花が今どこで咲いているか、またいつごろ咲きそうかを知るのです。

ひとり気の向くままに足を向け、花の香りをみては写真を撮ります。


例えばフランス式庭園から母子森、日本庭園とまわって園内を1周すると約1時間。
立ち止まる以外はかなり速く歩き、6000歩ほどのウォーキングになります。

 

ノコンギク Aster microcephalus var. ovatus

131026ノコンギク1.jpg

 

「民さんは野菊のような人だ」

「野菊の墓」(伊藤左千夫)の中で政夫が言う有名なセリフである。

 

ノコンギクがそれと定かではないが、野にも山にも咲くありふれた小さな花は、派手ではないがどことなく品がある。
薄紫の一重のこのノコンギクの姿が、素朴で愛らしい民子にふさわしいような気がする。

 

新宿御苑の玉川浄水分水道にて。

 

 

 

バッグの中身

 131025バッグの中身.jpg

毎日持って歩くハンドバッグがあんまり重いから、いったい何のせいなのか量ってみた。

 

カギ 84g

サイフ 346g

手帳 258g

ケータイ 121g

名刺入れ 42g

メガネとケース 80g

ペン 28g

口紅 22g

ティッシュ・ハンカチ・手袋  70g

こまごました物の入ったポーチ 132g

ハンドバック本体  770g

合計  2383g

 

多分、最低限のものしか入っていないと思われる。(自分では)

ここに来週タブレットから変更する予定の、スマートフォン151g が入ると2.5Kgを超える。

1Kgの鉄アレイを2個持って歩くより重い。 
日々トレーニングしているようなものだ。
どうせなら鉄アレイ型のバッグにして両手に分けて持って歩くとか?

 

 

しかし肩がこる。重いと感じるのは歳なんだろうか?

余計な荷物はいらないんだけどなー。

 

話が飛ぶようだが。

知らないことを「知らない」と言えるのは強さだ。偉くなるにつれて自分の無知を隠そうとするのは、歳をとって心が弱くなった証拠である。と思う。

 

守るものが多くなったから、簡単には恥をかけないというのもあるかもしれない。

でも、守るのは自分以外のものでありたい。

 

とすると余計な荷物というのは自尊心であるか。。。

 

 

 

 

パパイヤ papaya

パパイヤ.jpg

温室のパパイヤが豊作だ。
実際にパパイヤの実の生(な)り方を間近で見るのはこの時が初めて。

花も満開だ。

果実の集団の上のほうを見ると、ちいさな黄色い花が幹にはりつくように固まって咲いている。
つまり、下から上へと実がついていくようである。

下のほうの実が先に熟して黄色いことからもわかる。

 

バナナは逆に上から下へ花が咲き実が下へ生っていく。

フジバカマ 藤袴 thoroughworts

131022フジバカマ2.jpg

今日、新宿御苑の温室でフジバカマの鉢植えを見た。

入口の所に2-3の絶滅危惧種の植物と一緒に置いてあったのだ。

「ああ、フジバカマだ・・・」

足早に通り過ぎようと通った時に、思わぬ甘い香りが漂っているのでびっくりした。


思わず近づいて香りを吸う。


生花の状態でフジバカマがこんなにいい香りがするとは思わなかった。

 

 

今まで何度も野外や切り花でフジバカマの花を見て香りを確認したつもりであったが、これといって特徴的な匂いが感じられなかったのだ。

乾燥させるとクマリンという桜餅の匂いの成分ができて甘い粉っぽい香りがする。

なので、古来匂い袋などに入れたそうである。

 

セイタカアワダチソウ Solidago altissima

セイタカアワダチソウ1.jpg

セイタカアワダチソウとアキノキリンソウ、どっちがどっちか名前をいつも間違えてしまう。
この、頭頂部あたりに花の房が放射状にたくさんついているのがセイタカアワダチソウと思われる。

 

背が高くなって花が小さな粒の粟(あわ)のようだから?それとも泡のようだから?

 

これは、花粉症の原因と言われたこともあったので、花を見ると避けて通るようにしていたがそうでもないらしい。この花粉は重くそれほど遠くに飛ばないそうである。

 

しかしリスキーな花と思い、いまのところそばによって香りをかぐ気にはならない。

 

アキノキリンソウは花穂が1本で、もっと花付きがまばらである。
そう思って以前撮ったそれらしき花の写真を用意してみたが、いざ比較のために乗せようとしたところ、葉の形がどうも違うのでさらに調べたらそれはキンミズヒキであった。

こんどアキノキリンソウをみつけたら写真を撮っておきたい。

 

セイタカアワダチソウ.jpg


セイタカアワダチソウは外来種であり、周囲の植物に対する成長抑制物質を根から分泌し、ほかの在来植物を駆逐していく。

また、肥沃な土地から栄養をどんどん取って背が高くなったそうである。

ススキに変わって一時勢力を伸ばしたそうだが、繁殖しすぎて土地がやせてしまったことや、今度は自身の出す抑制物質によって徐々に衰退、再びススキが盛り返してきたそうである。

欲張ると結局、身を亡ぼすっていうやつかな。

 

地下における隠れたる闘争、植物も受け身ばかりではないようだ。
草食系というやつもなかなかに侮れないかもしれない。

 

 

 

 

ニュアージュローズ Nuage Rose  ボトルリニューアル

ニュアージュローズ白.jpg

ニュアージュローズ☆2013年10月25日、パルファンサトリ プレミアムコレクションのホワイトラインとして、香りはそのままに、内側から白い光を放つようなフロストボトルで登場!

 

 

香りのイメージ

南仏コートダジュールの夜明けや夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

 

☆ただいまサンプルをお送りしています。ご希望の方はオンラインショップからお申し込みください。

今月のサンプルプレゼント ニュアージュローズ

 

詳しい説明はこちら➤オードパルファン ニュアージュ・ローズ 50ml 16,000(税別)

ホトトギス 杜鵑草 Tricyrtis hirta

131019ホトトギス2.jpg

この3年間で一番きれいに撮れたホトトギス。

天気の良い日の日当たりは光が強すぎてきれいに撮れないけど、木陰はかえっていいみたい。 

 

こういう不思議な形の花を見ると、つくづくと自然の妙味を感じてしまう。
またこの名前の付け方がいいなあ。

 

 

131019ホトトギス3.jpg

「橘の香をなつかしみほととぎす花散る里をたづねてぞとふ」

この歌に出てくるのは鳥の不如帰(ホトトギス)。源氏が花散里(はなちるさと)を訪ねて詠った歌。

和歌には植物の杜鵑草(ホトトギス)を詠った歌は少ないようである。

 

131019ホトトギス.jpg

これはまたずいぶんと賑やかに満開である。

活けるには2~3輪がちょうど好い塩梅だが。

 

 

ユリ科

花にある斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることからこの名になったそうである。
ひょう柄のように班が鮮やかで強い。10月の茶花。

 

以前のホトトギスの記事

2011年9月19日 ホトトギス 茶花

2012年9月22日  ホトトギス 杜鵑草 Tricyrtis formosana 
 

萩の上露(はぎのうはつゆ) 源氏物語第四十帖 The Tale of Genji

萩1.jpg

 

台風のせいでもうとっくに散ってしまっただろう萩(ハギ)の花。

 

七草にも読まれている萩はピンクの優しい秋の花である。

萩の花 尾花 葛花 撫子の花  女郎花 また藤袴  朝貌(あさがお)の花

 

マメ科の花らしく、一輪をよくみれば藤(フジ)やエニシダの花とよく似ている。

が、花はもとより柔らかな枝と丸い葉の形がいかにも優しげで、はかない秋の風情を漂わせている。

秋にはしめやかな花が合う。

 

萩.jpg

 

源氏物語の第四十帖 御法、「萩の上露」。
病床の紫の上を見舞う光源氏と明石の姫君の三人は、庭の萩を眺めながら和歌をやりとりする。

 

おくと見るほどぞはかなきともすれば風に乱るる萩のうは露 (紫の上)

ややもせば消えをあらそふ露の世に後れ先だつほど経ずもがな (源氏)

秋風にしばしとまらぬ露の世を誰れか草葉のうへとのみ見む (明石の姫君)

 

翌朝、紫の上の命ははかなく消えていくのである。

 

萩はその優しげな姿とは別に、荒れ地でもよく育つ野趣な花であるから、紫の上は萩というよりむしろ露に違いない。

 

 

 

広尾の庚申塔(こうしんとう)

131017庚申塚.jpg

人は罪深いものであって、悪いことをしない人というのはいない。
しかし罪悪感というのがあるので、悪事をした後はみな悔いたり怖れたりしながら生きていたのだろう。

 

この庚申伝説、自分の悪事を夜中に報告する虫が体内にいるという発想には、どことなくおかしみも感じる。
民間伝承は怖さだけでなくブラックユーモアを持つようだ。

 

 

港区指定有形文化財

歴史資料 広尾の庚申塔

庚申信仰は、庚申の日の夜に体内にすむ三尸虫(さんしちゅう)が、眠っている間に体内を抜け出して、天帝にその人の罪科を報告して命を縮めるといわれているため、眠らずに一晩を明かすもので、講の形をとって地域住民の交際の場となっていました。庚申塔は庚申信仰を具象的に表現する塔として、室町時代後期以後各地で盛んに建てられました。(下立札より抜粋)

131017庚申塚2.jpg

 

 

10月27日(日)13:30~ 調香体験教室 バラの香り  

ローズ体験.jpg

今年も秋のバラの季節がやってきました。

 パルファンサトリの調香体験教室では、バラの香りを作ります。

  ・時間- 1時半から90分程度

  ・費用- 一般10500円    

ローズ体験2.jpg

 

 

体験講座では、このバラの香りを1/2オンスつくり、香水瓶に詰めてお持ち帰りいただきます。 きれいなギフトボックス入り。 受講料・教材費10500円 約90分 (要予約)

次回体験講座は2013年10月27日(日)13:30~  パルファンサトリ 11Fアトリエ

 

☆要予約  お問い合わせメールまたは電話で。
メールでのお申し込みにはお名前、ご住所、お電話番号をお知らせください。

☆締切10月25日(金)13:00まで

☆定員になり次第締め切らせていただきます。

お申込み、お問い合わせメール https://parfum-satori.com/jp/contact/  

パルファンサトリ 03-5787-7207

 

 

▶ 10月サンプル ニュアージュローズのサンプルをお送りします。 

10月25日ボトルリニューアルでニュアージュローズが再登場!

 

▶パルファンサトリ  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

赤い蝋燭と人魚 The Mermaid and the Red Candles

131012ろうそく.jpg

和蝋燭(ろうそく)は、洋ろうそくに比べてすすが少なく長時間持つという。

櫨(はぜ)の木の実から採れる蝋(ろう)で作られる。
櫨(はぜ)はウルシ科の植物で、古くは暖かい西日本で栽培され全国に出荷された。

蝋は漆(うるし)の実からもとれるが、櫨のほうが大きく収穫量が多い。


寒い北の国、米沢の上杉鷹山(うえすぎようざん)は漆蝋(うるしろう)で産業を興し藩財政を立て直そうとしたが、南の櫨の蝋が流通したことによりうまくいかなかった。

131012ろうそく2.jpg

小川未明の「赤い蝋燭と人魚」は小さい時によく読んだ有名な童話である。
短いがとても悲しい、暗い話。

舞台は日本海に面した北のある漁村がモデルになっているという。

 

老人夫婦に拾われた娘は人魚の姿をしていた。娘はお宮に備える蝋燭に絵付けをして生計を支える。やがて蝋燭の海難除けの効果が評判になると、娘の美しさと珍しさを狙って人買いがやってくる。 人魚の娘は檻に入れられ連れ去られてしまう。

 

その後の結末の凄惨さより怖かったのは、あれほど神様からの授かり物と大切にしていた娘なのに、お金のために見世物に売り渡してしまう、鬼のような老夫婦の変貌ぶり。

信仰心が篤(あつ)く善良な人間も、欲の前にはこんなに弱いものなのか。
人は、心に鬼を飼っている。



 

傘.jpg
 

一心に蝋燭に絵を描く娘のひたむきさが一層哀れである。


赤に塗りつぶされた最後の蝋燭はもう人々を守ってはくれない。

Les Amis de Langue Francais

131009フランス語婦人会2.jpg

Assemblee Generale

Le Presidente et les membres du comite des ALF vous invitent toutes,nouvelles et anciennes ,a assister a l'assemblee Generale qui aura lieu le mercredi 9 Oct,2013 a la residence de France.

 

Grace a l'amabilite de Son Excellence l'Ambassadeur de France et de Madame Helene Masset, notre Presidente d'honneur.

 

 

 

 

http://parfum-satori.com/fr/ 

Produits
URL
Presse
URL
Blog officiel
URL

 

寒露(かんろ)二十四節気 Hanlu,Kanro

131008カラスウリ2.jpg

二十四節気の第17、秋分から数えて15日。

「露(つゆ)が冷気となって凍りそうになるころ」という日なので本来は寒いはずなのだが、今日のこの暖かい陽気はどうしたものか。

 

 

131008カラスウリ.jpg

寒さが凝(こ)って赤く宿った去年のカラスウリ。

ことしはまだ、青い。

 

いずれゆく彼の岸にて待て君。

 

 

 

➤キンモクセイの香水 パルファンサトリのオードパルファン「SONNET(ソネット)」

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに、やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。 希少な金木犀の天然香料が香りに深みを与えています 

 

 

 

キキョウ 桔梗 Platycodon grandiflorus

131005キキョウ.jpg

 萩(はぎ)の花 尾花(おばな) 葛花(くずばな) 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花  (万葉集・巻八 1538) 

青い五弁の星の花。

七草の朝貌(あさがお)は桔梗を指すという。

 

131005キキョウ2.jpg

いまにもはじけそうに膨らんだキキョウの花。

 

花入れに活けた桔梗の「ポン」と咲く瞬間を見たいと思いながら、気が付くといつも開いている。

 

 

メルボルンとタスマニア Melbourne

メルボルン.jpg

今日、オーストラリアのお客様が訪ねて見えた。
メルボルンから日本へワーキングビザできたという。

オーストラリアにいるときに、香水専門のSNS「ベースノート(Basenote )」に載っているパルファンサトリの記事を読み、興味を持ってHPを見たのだそうだ。

コンセプトがとても面白く、ぜひ香りを見てみたいと思っていたとか。
日本に来て5か月、ようやくこの店を訪ねてこれたということである。


 

一通り男性用の香水を見終わって雑談になった。

「私もMelbourneに行きましたよ。海岸ごしにタスマニア島が見えました」

そういうと彼はちょっと戸惑った顔をしたと思うと笑って、
「タスマニアはとても遠いから、Melbourneからは見えません」

「えええっ!」『だって、オーストラリアナンバー1の高さを誇るユーレカタワーの部屋の窓から、住人がそういったのに・・・!』

「もし見えたとすればそれは近くの小さな島、フィリップ島じゃないかな?」

 

上の写真は以前メルボルンに行った時に、ユーレカタワーの上から撮った写真。
そのときのブログにもそんなこと(タスマニアが見えるとか)書いていた。

タスマニアは世界地図で見るとメルボルンのすぐそばにある小さな島だ。・・・と思っていた。

しかしお客様が帰ってからすぐに調べてみたら、タスマニアはメルボルンからは240キロも離れているし、小ぶりの北海道くらいの大きさがある。

海岸から見る水平線はおよそ5キロ先。

まったく疑わなかったが、
高層タワーの上からでも15キロくらい先しか見えないそうだから、タスマニアは丸い地球の向こうに隠れて見えるわけがないのだ。恥ずかしいなあ。

なるほど・・・。しかし万が一にも蜃気楼があったら・・・?まあありえないけど。
はて、蜃気楼ってどのくらい先まで見える可能性があるのかな?



 

明日はパーティーがあるから、何か香水をつけていきたかったそうだ。

彼は「強い香りがいい」というので

「女の子にモテたい?」
「もちろん!」


「じゃあ、マザーロード66がいいと思いますよ。男性は強い香りだったら女性にアピールできると思っていますが、『あれ?いい匂いだけど・・何だろう?』とそばによって見たくなる程度に香るのが一番いいの。」


それを聞いて快活に笑う若い彼。
きっと人気者になるんじゃないかな?

私の知っているオージーってみんな明るい。

ミズヒキ Persicaria filiformis

131003ミズヒキ.jpg

 

ミズヒキという。
細い線のような茎に、数ミリ卵型の赤い蕾が点々とつく。

 

日陰に咲く地味な花なのでつい見過ごして、花を開くのをじっくり見たことがなかったが
暗い中にちょうど陽がさして鮮やかに目を引いたので気が付いた。

「あかまんま」という植物をまばらにしたようでもあるが、あの野卑な桃色とは違い、
花色は紅(べに)色で、開くと内側が白い。

 

茶花としても使われる。
この鄙びた味わいが良い。

 

季語は秋。 

 

131003ミズヒキ2.jpg

 

 

➤キンモクセイの香水 パルファンサトリのオードパルファン「SONNET(ソネット)」

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに、やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。 希少な金木犀の天然香料が香りに深みを与えています

次回予定!調香体験教室 バラの香り  10月27日(日)13:30~

130928サーシャのバラ.jpg

 

パルファンサトリの調香体験教室では、バラの香りを作ります。

 

体験講座では、このバラの香りを1/2オンスつくり、香水瓶に詰めてお持ち帰りいただきます。 きれいなギフトボックス入り。 受講料・教材費10500円 約90分 (要予約)

次回体験講座は10月27日(日)13:30~  パルファンサトリ 11Fアトリエ

 

☆要予約  お問い合わせメールまたは電話で。
メールでのお申し込みにはお名前、ご住所、お電話番号をお知らせください。

☆定員になり次第締め切らせていただきます。

お申込み、お問い合わせメール https://parfum-satori.com/jp/contact/  

パルファンサトリ 03-5787-7207

 

 

▶ 10月サンプル ニュアージュローズのサンプルをお送りします。 

10月25日ボトルリニューアルでニュアージュローズが再登場!

 

▶パルファンサトリ  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。

目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー  

クロアゲハと彼岸花 / Papilio protenor 

131001クロアゲハ3.jpg

秋の日差しは音も無く静かに射す

 

春の騒がしさ、夏のまばゆさ、冬の温かさとも違う透明でしんみりとした光である

 

131001クロアゲハ2.jpg

 

うすくらい木蔭にまだらに落ちちらちらと揺れる

それは蝶の羽ばたきにも似て

影を一層くろく闇にする

 

 

 

 

☆イリスオム・ブラックラベル

☆satori オードパルファン・ ブラックラベル

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ