Parfum Satori

NBAロゴ1978年

 130617高校時代.jpg

久しぶりに捻挫をした。数十年ぶりである。

今日はごく個人的な日記である。(まあいつもそうだけど)

 

先週土曜日の朝、人気のない新宿御苑の中を機嫌よく歩いていたところ、
歩道のマンホールの横に大きな段差があったのに気が付かず、あっと気がついた時は「ぐきっ」という音とともに倒れていた。

 

― うーむ、起き上がれない・・・。
― 思ったより事態は深刻なようだ。
― しかし遠くから人がこっちに歩いてくるのがちらっとみえる。
― これは恥ずかしい。いかにもトロイ・・・。
― 早く起きなければ・・・。

 

短い間に考えが頭の中をぐるぐるとまわる。


衝撃からどのくらいたっていたのだろう?
ゆっくりと半身を起こしあたりを見回す。


帽子が遠くにすっとんでいる。
なにげなさを装いながら立ちあがり、帽子をひろって被っているうちに、横を若い女性がなにごともなく通りすぎていった。

― 見ないふりをしてくれたのかな。
― 労(いた)わられても照れくさいものだし。

 

ちょっと足首がブラブラするが、骨が折れたようではないのでアトリエまではなんとかいけそうだ。
こうなると距離があるが新宿御苑の中ではタクシーを呼べるわけでもない。

片足だけ引きずると、反対側に負担がかかるので、能の歩き方のように(またはアシモ君のように)しずしずと歩いて戻った。

帰り道、

― あーあ、あの時分かれ道でバラ園のほうに行っていたら、転ばなかったのに・・・
― あの暗い池沿いの道から、橋のほうに出たとき一瞬まぶしかったからなあ・・・


これは腫(は)れそうだ、と思ったときに後悔がよぎる。


 130620夏椿3.jpg

新宿御苑に入ってから、ひとつも写真を撮る前に転んでしまったので、帰り道に見つけたナツツバキをとりあえず撮影。

これはにおいがあまりない。
ナツツバキは一日で花は落ちてしまうから、まだきれいなまま苔の上に散っているさまがとてもきれいだ。


って、道草を喰っている場合じゃないのだ。
一刻も早く戻って「冷やし、圧迫し、高く上げ」ないと悪化してしまう。

しかしこの時になって、「よくカメラを壊さなかったものだ」と吾ながら感心。

長袖を来ていたとはいえ、手やひじは全くケガをしていないのは幸いであった。




久しぶりの捻挫(ねんざ)からいろいろ思い出すものがあった。


高校・大学時代は練習で、しばしば捻挫をしていたものである。


中学の頃は、捻挫をすると練習が休める上、ちょっと大事にされたりしたものだが、
1970年代アメリカからプロバスNBAの情報や最新のトレーナー技術が入ってきてからというもの、
けがをしたからと言って休めるわけでもなく、体育館のすみでアイシングとテーピングをして即、試合に復帰しなければならない。


痛い分、損。


懐かしく思い出しながら、新宿御苑から戻ってすぐに流水で冷やす。


もとバイトのT君(彼もバスケット部)に電話をして、テーピング用のテープを買ってきてもらう。


何十年ぶりに見るのだが、受け取ってみると当時のテープ類とまったく変わっていない。

しかし彼はテープだけ置くと、無情にもそのまま練習に行ってしまったので、仕方なく自分でテーピングをする。


久しぶりなのでちょっと手間取ってしまう。

 

130617テーピング.jpg

あとは足を上げたままにして、血が下りてこないようにすれば腫れなくていいのだが、仕事があるのでそうもいかず、ついアトリエ内を歩いてしまう。

だんだんズキズキがひどくなってきて、ちょっと冷や汗も出てきたけど・・・。


健康な時、思いのほかアトリエ内を歩きまわっていることに改めて気付いた。


健康ってありがたいな。



と言っているまに1週間。
足はもう大丈夫なので書いてみた。

 

さて、トップの写真は大学時代の合宿中のシーン。


当時の私は男の子みたいなショートカットで、むかって右隣は今も親友のひとり。
「ねえねえ、顔の写真出してもいいかなあ?」と聞いたら、
「どうせ今と全然違うし、誰もわかんないだろうからいいよ」ということでツーショットである。


感慨深い。私が来ている星☆のトレーナーは、NBAのどこのロゴだったんだろう?

 

 


 

 

 

パルファンサトリ・メンズ マザーロード66

http://www.parfum-satori.com/jp/collection/motherroad66.html

 

「香り」を言葉で表現し提案するのが香水ソムリエ®です。

パルファン サトリ フレグランススクールの他の記事


ブログ最新記事に戻る➤ブログ「パルファンサトリの香り紀行」, 調香師が香りでつづるフォトエッセー

 

 

 

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ