Parfum Satori

2012年10月アーカイブ

ハロウィン Halloween

121031ハロウィン.jpg

ハロウィンなんて、私の子供時代にはやら無かったぞ。カボチャと言えば冬至に食べるものと決まってたし。

仮装したり、「Trick or treat!」とドアを叩いてお菓子をもらって回れるなんて、子供たちには楽しいイベントだ。
でも、日本ではもっぱら大人が盛り上がり。


アゲラタム かっこうあざみ(郭公薊) Ageratum

121024アゲラタム.jpg

アゲラタムの小さな蕾から糸のような花びらが伸びて、遠くから見るとふんわりとした紫の雲のようだ。

かっこうあざみ(郭公薊)ともいう。キク科植物。

 

ダルマイヤー  dallmayr Fruchtgelles

20121028dallmayr1.jpg

ドイツ、ミュンヘンの「ダルマイヤー」のフルーツゼリー。

もともとは老舗のデリカテッセンで、コーヒーやハムが有名なお店らしい。
フランスのフォションのドイツ版みたいなところかな?


 

ウスバヤブマメ Amphicarpaea edgeworthii Benth.

20121028やぶまめ.jpg

少しうす暗い林の地面近く、ヤブマメは船のような細い形の花は、蔓性の、マメ科の植物である。
小さな花だがはっとするような青。

 

水引とヤブマメの、赤と紫が絡み合うように咲いているのが、まるで着物の柄のようだ。

しっとりと美しい。

秋バラと春バラ Rosaceae

121021ダブルデライト.jpg

秋バラは香りがとてもクリーンだ。

形も引き締まっている。

 

蜂とシュウメイギク(秋明菊)Anemone hupehensis var. japonica

121025シュウメイギク.jpg

シュウメイギク(秋明菊)は、名前と違って菊の仲間ではない。
学名にも入っているように、アネモネと同じキンポウゲ科の植物である。

匂いはあまりない。無いと言ってもいいと思う。

 

おやすみ キンモクセイ Kinmokusei

121026キンモクセイ.jpg

とうとう、昨日の嵐でキンモクセイが散ってしまった。
うーん、日曜日にやっぱりくればよかった。。。

小さな花たちがオレンジ色に地面を染めて、また一年の眠りに入る。
おやすみ、キンモクセイ。

 

洋ナシのタルト LA VIEILLE FRANCE 1834

121022洋梨のタルト1.jpg

洋ナシのタルトが好き。

気が付けば、このところまた、食べ物と花の記事ばっかり書いているが・・・。

 

カタバミ(オキザリス ・トライアングラリス) Oxalis triangularis

121027オキザリスカタバミ1.jpg

カタバミなんて、あまり目を引かない道端に咲くつまらない花・・・。
と思ったらこんな派手な種類もある。

ブラジル原産のピンクのカタバミ、オキザリス・トライアングラリス。
大きな三角の紫の葉がとても変わっている。

秋のバラ autumn rose

121014秋バラ2.jpg

秋のバラ咲き乱れる新宿御苑のローズガーデン。

 

風に乗ってふわりふわりと甘酸っぱいバラの香りがやってくる。

秋のバラは香りがいい。

ペンタス Pentas

121020ペンタス.jpg

ペンタス Pentas
夏から秋にかけて咲くアフリカ原産の花。


花壇に行儀よく並び、明るく、派手な割に背景になってしまう。
舞台の群舞は、華やかであっても目だっていはいけない。

そんな花。


つい立ち止まって気を惹かれるような趣(おもむき)が感じられにくい花である。

アカネ科。

 

➤キンモクセイの香水 オードパルファン「SONNET(ソネット)」の商品案内はこちら

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに。希少なキンモクセイの天然に香料が香りに深みを与えています。
やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。

➤ブログ最新記事に戻る 

GINZA 11月号

121018GINZA.jpg

マガジンハウスの「GINZA」11月号にパルファンサトリの取材記事が掲載されています。

特集「私らしい香りを探しに・・・」195P

 

株式会社マガジンハウス
マガジンワールド「GINZA 185」 http://magazineworld.jp/ginza/185/  

キンモクセイ(金木犀)のにおいはなぜ遠くまで届くのか osmanthus

121013キンモクセイ.jpg

キンモクセイ(金木犀)の香りは、花の香りの中でもっとも遠くまで届くそうである。
なぜそうなのか?をまじめに研究している香料会社もある。

新宿御苑では、バラも、タイサンボクも、ジンチョウゲもクチナシも、風に乗って遠くまで、どれもよく匂うけれども・・・。
キンモクセイは特別なのだそうだ。

 

フジバカマと蜜蜂 藤袴 Eupatorium fortunei

121016フジバカマ.jpg

秋の七草のひとつ、フジバカマ(藤袴)である。 

昨年より少し早く咲きはじめたようだ。
薄いあずき色の蕾から、細い糸のような花びらが伸びている。

これがいっぱいに咲くと、色はもっと淡くなりフワフワした一つの塊になって見える。

 

ムラサキシキブ 紫式部 Japanese beautyberry

121014ムラサキシキブ.jpg

「ムラサキシキブ」の名の通り、秋になると鮮やかな濃い紫色の実が鈴なりにつく。
こんもりとした感じの低い木は、この美しい色の果実でたくさんの細い枝をしならせるのだ。

初夏、この木には淡い桃色の花がさく。
秋の派手な実に比べて地味な花であまりめだたないので、ムラサキシキブと言えばこの果実のほうが印象に残っているようだ。

 

ムエットについて mouillette ②

121012ムエット白.jpg

この白い細長い紙は、ムエット(匂い紙・scent strip,smelling-strip)といいます。
香料や香水のにおいをかいで評価するための紙です。

 

昨日は、店頭などに並んでいるブランドの広告用ムエットを紹介しましたが、通常ラボで使うムエットは白く、細長い、少し厚いこのような形をしています。

ムエットについて mouillette

121011ムエット1.jpg

香料や香水のにおいをつけて、香りを評価するための紙を、ムエット(匂い紙・scent strip,smelling-strip)といいます。

アトリエで調香するときや教室では、通常白い細長い紙を使いますが、ブランドの店頭にはもっと幅広の、いろいろな形のものがおいてあります。

これらには、香水のイメージを見た目で伝えるため、香水名が書いてあったり、ボトルをかたどったりと、さまざまな情報が盛り込まれています。

キンモクセイの香り Osmanthus fragrans var. aurantiacus

121010キンモクセイ2.jpg

どういうわけか、今年はキンモクセイ(金木犀)の花の足並みがそろわない。
たびたびの嵐のせいかな。

9月の終わりには咲き始めた木もあったのに、タイミングが悪いのか、一斉に鈴なりに咲くキンモクセイの花をまだ見ていない。

通常は、花は1週間ほどで咲き切ってしまうものだけど。

シスト Cistus ladanifer/ココリコ KOKORICO

121009シスト.jpg

 

この10年、シアー感のある香りが続いたから、逆にシストのような重く強い香りが流行り初めているのかな。

このところ食べ物と植物の話ばかりと言われたので、たまには香料のことも書いてみる。

寒露 KANRO is the 17th solar term

20121008キク.jpg

寒露は24節気の第17番目。


露が冷気によって凍りそうになるころ、冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、こおろぎなどが鳴きやむころ

カラスウリ Trichosanthes cucumeroides

121007カラスウリ.jpg

白いカラスウリの花。
レースのような花弁の先がカールして、うす暗い森の中にぽっかり浮かんでいる。

Trichosanthes cucumeroides

 

マカロン大好き ♡ La Precieuse

121006マカロン2.jpg

ふっくら、ハートの形が可愛いマカロン。
いとおしい~♡

「どれひとついただくとするか」
ふんわりした外側と、中の柔らかいクリームがとってもおいしい。

ヒガンバナ(彼岸花) Lycoris radiata

121005ヒガンバナ赤.jpg

ヒガンバナ(彼岸花)が、くるりくるりと巻いている。

秋の新宿御苑。
雨上がりの森は、ブラックペッパーオイルの匂いがする。

ついで、桜の葉のクマリンの甘い匂い。

 

朝の静かなこの時間が好き。

 

植物界の契約/kingdom Plantae ②

121004サギ.jpg

 

植物は、ただ奪うことはしない。
対価を支払い、報酬を与える。

 

ある時は、昆虫に蜜を提供することによって、花粉を媒介してもらい、

またあるときは鳥たちに果実を与え、甘い果肉に種子を潜ませる。
鳥はしらず、植物の繁栄に貢献しているのだ。

 

それは「あなたも幸せ、私も幸せ」の精神。

 

植物界の契約/kingdom Plantae

121002植物園母子森.jpg

 

植物界には厳格な契約があり、そのたゆまぬ履行によって秩序が保たれている。

 

日本人が几帳面な国民性を持ってきたのは、この「植物契約の中で育ったから」という考え方はどうだろう。

新宿御苑に通い始めてつくづく実感することは、植物たちは本当に生真面目だということだ。

秋は夕暮れ  Makura no sōshi 

121002富士.jpg

秋は夕暮れ。
9月も半ばを過ぎたころから、夕闇がはやく降りてくるようになった。

10月、机に向かって夢中になっていると、陽が落ちるのに気がつかないうちに
うっかり暗くなっていたりする。

キンモクセイの香り/パルファンサトリのソネット「Sonnet」Osmanthus

120930キンモクセイ.jpg 


 

パルファンサトリのキンモクセイの香り「SONNET (ソネット=叙事詩/小さな詩)」です。



香水「ソネット」は、子供時代の幸せな思い出。それはいつの世代にも繰り返し訪れる暖かい記憶を指しています。

 

この香りの中心にあるオスマンタス(きんもくせい)は、幼いころから私の大好きな花です。毎年、秋の透明な空気の中、このオレンジ色の花が咲くと「ああ、秋も深まってきた」と感じる方もおおいのではないでしょうか。

 

でも、さみしい秋ではなく、実りの秋という充実感があり、それは子供時代の幸せな思い出とつながっています。

 

この香りに触れるとき、親や祖父母たちも、小さい頃にこの花の記憶があるのではないかしら、さらに次の世代まで、この花の香りを好きになってくれたらいいな、と願って創りました。



ソネットというのは、もともと「小さな詩」という意味で、イタリア風、フランス風、イギリス風ソネットなどあり、韻(いん)をふんだ14行からなる定型叙事詩です。

「ABAB CDCD EFEF GG」 からなるシェイクスピアのソネットは有名です。

「韻を踏む」が、何世代をも重ねて情景が想い出される、そんなイメージで香水に名前をつけましたが、ここでは形式こだわらず、もう少し柔らかい形の「小さな詩」を書いてみました。



パルファンサトリは日本の美しい季節と香りを語り継ぎたいと考えています。どうぞ、コレクションのシリーズをお試しください。

 

 

Sonnet(叙事詩/小さな詩)

 

夕暮れ時の透明な日差しが

部屋の奥まで伸びて

 

花の香りが呼んだから

庭のテラスへおりてみた

 

橙色の星の花を

白いハンカチに包んで

 

私と似た面差しの

6つの少女が笑っている

 

花は時を告げるように

季節とともに巡ってくる

 

追憶のとき

少し褪せた家族の写真に

 

思い出が韻を踏んで 幾世代も訪れる

くり返し ソネットのように

 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ