Parfum Satori

植物園の巣穴 梨木香歩 Kaho NASHIKI

120731植物園の池.jpg

 

植物園の巣穴かあ・・・。
大阪出張の帰り、新幹線の待ち時間にちょっと立ち寄った書店にて、魅力的なタイトルの本を見つけた。

帯に「月下香の匂ひ漂う一夜。」と書いてある。

手にとってパラパラとめくり、時間がないので「あとがき」を先にちら読みすると「静かで温かなゴールが用意されている」という一言があり、買うことにした。

ちょっと疲れた時に、やさしく癒してくれるような本が読みたかったから。

 

120731植物園の巣穴2.jpg

それは植物園に勤める主人公が、湿地帯に生える大きな木のうろと、しくしく痛む虫歯との間にさまよう夢と現(うつつ)の物語。ほのぼのしたおかしみのある小説である。


怪異譚と言っても、夢の中では奇妙なことも理屈にあっているように、きちんと筋が通っている。

最後まで読むとすべての出来事が意味のある符丁であり、伏線とともに論理的に組み立てられた内容となっているのがわかる。

著者の名前からもっと現代風の小説を想像していたが、古色めかしい文章でとても奇妙な感じを受けた。まるで、夏目漱石の三四郎を読んだ時のような、さらさらと淡々とした流れるような文体。
最近ではちょっとお目にかかれない、とても品がある感じがした。

時代が古いのだから、文体も古めかしいのか。
奇妙な空間に引き込まれてしまう。

読みながら寝てしまい、私の夢の中にまでおかしなものが登場してちょっとうなされた。


120731植物園の巣穴.jpg

呼んでいる途中思い直して『昔の小説かな、、昭和初期の人かしら』と途中でもう一度、著者のプロフィールを読んでみると、思いのほかまだ若い方だ。

なんと文庫になってまだ1カ月だった。

これまでの著書には「西の魔女が死んだ」など有名な作品もあるではないか。
本当に世間知らず(書籍しらず)だと冷や汗。

もともと小説には内弁慶なこともあり、新しい作家に手を出すのは慎重なのであるが、あまりのおもしろさにこのあと2冊すぐに買ってしまった。

「家守奇譚(字が出てこない)」早速に面白い。
この人の本を読みつくすまで、しばらく楽しみである。

 

植物に対する愛情がたっぷりの内容で、何回も読み直してみると、植物学の父、牧野富太郎先生のユーモアを彷彿とさせられる。

さらに、科学の目と不思議世界は中谷宇吉郎先生の随筆の様でもある。

自分も植物が好きなので、植物園の様子や草花の名前などとても興味深い。
一緒に散歩しているような気分で、一気に楽しく読んでしまった。

 

仕事の後も、メール、フェイスブックやツイッターなどをしていると、あっという間に時間が過ぎて、以前より本を読む時間が少なくなってしまった。

以前はベッドで本を開かないと眠れなかったものだが、ときどきは携帯を持ったまま寝落ちしていることもある。

やっぱり、本はいいなあ。
電子図書もあるけれど、紙の手触りに癒される。。。

 

「 日本の四季は細やかに移ろい、独特の情緒をはぐくみました。

私たちは、季節とともに訪れる繊細な花や緑の香りを慈しみ、雨や雪の匂いまで文化に反映させてきたのです。

そんな美しい日本の情景を香りに織り込んだ、パルファン サトリのコレクションは、そこはかとなく漂う優しいトーンが魅力です。





 ☆パルファンサトリ フレグランススクール

クール関連ブログ記事や、スクールページも合わせてご覧ください。


スクールトップ

http://parfum-satori.com/jp/school/


詳しくは、スクール関連ブログ記事

http://parfum-satori.com/blog/cat235/

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ