Parfum Satori

三人の糸つむぎ女 グリム Brüder Grimm

120721スズカケの木1.jpg

グリム童話に「三人の糸紡ぎ女」という物語がある。

新宿御苑の千駄ヶ谷門をはいるとすぐ、とても大きなスズカケの木が三本あって、
私はいつもこの木に会うたびに、この「三人の糸紡ぎ女」を思い出すのだ。

                  Ψ Ψ Ψ

ある娘が王国のお后にみこまれ、王子のお嫁さん候補として糸紡ぎの試験を受けることになりました。
しかし怠け者の娘には糸を上手に紡ぐことができません。

三つの部屋にぎっしり詰まった麻を前にして途方に暮れている娘を、こっそり助けてくれたのがこの三人の糸紡ぎ女たちです。

一人目はおおきくて平べったい片足をしており、二人目は下くちびるが足もとまで垂れ下がり、三人目は片手の親指の幅が広くなっていました。

三人は力を合わせて山盛りの麻をあっという間に紡いでいきました。

120721スズカケの木2.jpg

無事に糸紡ぎの試験に合格した娘は、結婚式にこの三人を招きます。
驚いた王子はこの異形の女たちに尋ねました。

「なぜそんなに足が広いのですか?」
「糸車を踏むからだよ」
「なぜそんなにくちびるが垂れ下がっているのですか?」
「糸をぬらすために舐めるからだよ」
「なぜそんなに指が太いのですか?」
「糸を指で撚(よ)るからだよ」

女たちが口々に言う言葉に、王子は考えました。
「それなら私の美しい花嫁には、金輪際(こんりんざい)糸紡ぎをさせないようにしよう」

こうして娘は王子と結婚した後、もう糸を紡がなくてもよくなりました。

                  Ψ Ψ Ψ

グリム童話は寓話であって訓話ではない。
すっきりしない話も多いのだが・・・。


この変わった形のスズカケの木はちょっとユーモラスで、大きな足の糸紡ぎ女のよう。
閉園後の新宿御苑、彼女たちは夜中にこっそり動き出しそうだ。

 

オードパルファン「SONNET(ソネット)」の商品案内・ご購入はこちら

トップはマンダリンのシトラスと、クラリセージのティーノートから爽やかに始まります。そして甘い桃のようなオスマンサス(キンモクセイ)の香りは、やわらかいフローラルの広がりに、やがて、木の暖かいラストノートへと移ろっていきます。

☆マザーロード66 オードパルファン


パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ