Parfum Satori

手活けのバラ A kept mistress

120701ブラクティー ローズ.jpg 

 

手活けの花、それは遊女を身請けして囲うこと。

モダンローズは戸外にあっては充分に美しさが引き立たない。
窓辺越しのほの明るい部屋の中でこそ映える生き物だ。
世話をするほどに立派に咲く、お金のかかる女。

よく切れるハサミで、五枚葉のついた3分咲きの蕾を摘む。
太くまっすぐな茎を深いバケツに浸けると、たっぷりと水揚げをした葉はパリッとして、いよいよ存在感を増す。

人気のない広間のまん中でその花を開き、バラはゆったりと時間を支配する。

ブラック・ティー。

120701バフビューティ ローズ.jpg

一方のオールド・ローズは、庭の明るい光の下が似合う。
例えばバフ・ビューティー。

細いステムに重そうな頭を垂れて、乱れて咲くバラの庭。
もう、庭バラの時期は過ぎてしまったけど、目を閉じればよみがえるあの初夏の匂い。

一年を24時間に数えれば、5月は朝の10時。

人生が72歳のときは、朝の10時は30歳、一日が96歳なら、40歳である。
寿命が延びても1日が長くなるわけでなく、ただ一年が早くすすむだけだ。

 

120701ノバラ ローズ.jpg

もっと素朴な一重のバラは野にふさわしく、たくましい幹と鋭いとげに可憐な花を咲かせる。


手をかけるほど輝く花、しかして荒れ野でも枯れない生命力のある花、それはローズ。
したたかであれ!女性はこうでなくては!!

 


▶パルファンサトリ  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ