Parfum Satori

2012年6月アーカイブ

ワルナスビ Solanum carolinense

20120630ワルナスビ.jpg

ついた名前が「ワルナスビ」

「俺だって好きでこんな姿になったわけじゃなし、人間様の都合で勝手に名前をつけないでくれ」って言っているかもしれない。

さくらんぼ 佐藤錦 チェリー cherry

120629佐藤錦サクランボ1.jpg

さくらんぼの季節もたけなわ。
やはり果物は旬に食べるに限る。

 

香料の安全性 イフラ The International Fragrance Association (IFRA)

120628ラボ.jpg

香料業界では、安全性の確保のためにIFRA(The International Fragrance Association )やRIFM (Research Institute for Fragrance Material)といった自主規制を実施する組織を設立しています。

IFRAは1973年10月ベルギーのブリュッセルで創立されました。香料業界の発展のために組織された国際機構で、日本は創立時から参加しています。①芳香原料の生理学的活性(皮膚や人間の身体に対する効果)に関する科学的データーの研究と調査。②適用される法律、規制の収集。③これらの情報の会員および利害関係機関への普及、の3項目の達成を目的に活動しています。RIFMもまたIFRAと連携をとり活動をしています。

 

ザクロ グレナデン Punica granatum

120627ザクロ花.jpg

 

ザクロの朱色の花が咲いている。
どこの庭にもよく植えてあり、学校の帰りにこの朱い色の花を塀越しにながめて通学したものである。

二つの香水を混ぜて使ってもいい?Question

20120626オルガン.jpg

Q. 2種類の香水を、自分で混ぜて使ってもいいのでしょうか?

 

A. 一般にはお勧めできません。

 

一本の香水は、100以上の香料で処方されています。
それらは熟練した調香師によって、心地よい香りになるように、絶妙なバランスで構成されています。

ほんの十万分の一の香料が入ることによって、香りが劇的に変わったりします。
それぞれは完成した香りですので、二つ以上を合わせるとそのバランスが崩れてしまいます。

例えばおいしいからといって、カレーとスキヤキの二つを混ぜ合わせたら、両方が台無しになってしまいますよね?

自分でミックスするように計画された香水セットのような商品は別として、やはり名香はひとつづつ楽しまれる方がよいでしょう。

 

 

パルファンサトリの香りを少しづつお試し戴けます。女性向きの優しい香りA、男性にお勧めのさわやかなB「10本レフィル」香りのマナーブック付き。3150円送料無料 

☆パルファンサトリの香水の知識➤香水と調香のはなし

 

ナツツバキ 娑羅樹 Stewartia pseudocamellia

120624ナツツバキ.jpg

ナツツバキ、見つけた。

「今日のさんぽの目的は、目的を持たないこと。」

いつもは門をはいった分かれ道のところで、何を見に行くか考えて方角を決めるのだが、その日は目をつぶってくるくる回り止まった方向に向かって歩き始めた。

クチナシの白い花 ガーデニア Gardenia jasminoides Ellis

120625ガーデニア2カマキリ.jpg

ガーデニア、クチナシの香りがする。
初夏から夏にかけて、この季節に咲く木の花はいい匂いのものが多い。

花の香りに誘われてくる蝶を待ちかねているのだろうか、ほんの1センチくらいの赤ちゃんカマキリ。

 

カワラナデシコ 撫子 Dianthus superbus

120622ナデシコ.jpg

「ナデシコ」という名は誰でも知っているに違いない。

大和撫子(ヤマトナデシコ)やナデシコジャパンなど、日本女性を指す言葉として日常使われている。

また、切れ込みのある五弁のはなびらのモチーフは、和の小物や浴衣の柄にも使われてなじみのある形である。

 

 

タイサンボク 泰山木 Magnolia grandiflora L.

120620タイサンボク1.jpg

タイサンボクのまっしろなフードの中にはシャンデリアのような蕊が包まれている。
大きな肉厚の花びらは、たっぷりとしてボリューミー。

遠目には朴ノ木(ホオノキ)の花にも似ている。
でも、タイサンボクは純白で上品だし、もっとすっきりとした香りである。

タイサンボクは初夏にかけて長く咲き続ける、大好きな花のひとつ。

 

嵐の爪あと 新宿御苑 SHINJUKU GYOEN NATIONAL GARDEN

120621新宿御苑3.jpg

おとといの嵐で、たくさんの木が折れた新宿御苑。
昨日の朝はまだその爪あとも生々しかったが、今朝に同じ場所を見に行ったところ、一日のうちにずいぶん片付いている。

アメリカキササゲ C. bignonioides

120616アメリカキササゲ1.jpg

アメリカキササゲの花。
くま蜂が蜜を求めてやってきている。


昨日のような台風の後は、大きな木が折れていたりするものだから、どうなったかなと心配していた。
今朝、新宿御苑に行ってみたら、やはりたくさんの枝が道に散っている。
折れている桜の木もあった。

雨と台風  typhoon 

120503ame .jpg

今夜は台風。
ごうごうと轟(とどろ)く風の音がすごいし、ちょっと不安な夜を過ごしている。

低気圧のせいで体がだるい感じがする・・・。
とか言って、早く帰宅してしまった。

あじさい 紫陽花 Hydrangea

120614あじさい.jpg

 

梅雨に入って、アジサイの美しい季節になった。

 

植物学の父、牧野先生によると「紫陽花」という字は間違いだそうだ。

でも、当て字としてはなかなか素敵だと思うのだが

あめんぼ water strider

120615あめんぼう.jpg

今日はまだ雨が降っていないと思って出かけてきたが、池の水面にポツポツと波紋が落ちている。

「傘、持ってこなかったなあ・・」

高い木の森を抜けて、池のほとりに立ってみると雨が降っているわけでもなさそうだ。
よく見ると、そこにはアメンボがたくさん。

薔薇園 rose garden 新宿御苑 2012③

120610マーガレットメリル.jpg

マーガレットメリルはアイボリーホワイト。
とても品のいい容姿、バラらしいバラ。

強い香り。

 

バラ園 Rose Garden 新宿御苑 2012②

120609アラベスク.jpg

匂いはないか、ほとんど感じられないバラたち。


それでもやはり美しい、アラベスク。
赤と白の絞り模様が珍しい。

 

八重のドクダミ(蕺) Houttuynia cordata

120615ドクダミ八重2.jpg

八重のドクダミを見つけた。

新宿御苑にあるとは聞いていたのだが、探していたときはわからなかった。

バラも終わってしまったし、この日はあてもなく道を歩いていたところ、八重咲きのドクダミ群生地を偶然発見したのだ。

フラウ7月号に「satori」オードパルファンが掲載されました☆

120613フラウ7月号.jpg

FRAU(フラウ)7月号 永富千晴さんの「キレイのたくらみ」に、satori オードパルファンが紹介されました。147ページ

 

フラウ最新号 ➤http://frau-web.net/ 

金平糖 あじさい confetti

120612金平糖 アジサイ.jpg

寒色系の金平糖(こんぺいとう)をあじさいの葉に乗せてみた。

なんとなく気分がさっぱりしない雨の一日。
6月のお薄茶の干菓子としていかがかと。
実はこれは母のアイデアで、いつもちょっとした遊びを取り入れている。

お気に入りお帽子 Sugri Salon Aoyama

 120611黒の帽子2.jpg

素敵な帽子のブランド「Sugri」さんが青山にサロンをオープン!
オープニングにL子ちゃんと行ってきた。

お帽子にマッチした素敵なインテリアも楽しい~。

 

 

山王祭 御神輿  The Sanno Festival

120610たいこ.jpg

昨日の雨がからりと晴れて、梅雨の合間に響くおはやしの音。
家のベランダから通りの方をうかがうと、どうも御神輿や山車が出ている模様だ。

そこでサンダルをつっかけて物見に行ってみた。

匂いのあるバラ⑤Scented Rose Garden

120608芳純.jpg

パリのCatherine公園に数本のバラの木が並んでいた。

斜め横のベンチに座って公園を歩く人たちを眺めていると、多くの人がバラに近寄ってその香りを吸う。

何本もある中で、真ん中のピンクの大きなバラ。
その木のてっぺんに咲いているバラだけに顔を近づけている。

お母さんは子供を抱き上げて、おじいさんはその高い鼻を近付けてエレガントに、若い男性も照れることなく。

 

匂いのあるバラ ④ Scented Rose Garden

120605エスメラルダ.jpg

エスメラルダ、甘いバラの匂い。

香りは雨上がりの朝に濃密になる。

匂いをみるために引き寄せると、カップから前夜の雨がこぼれる。
大きくて、花びらがパリッとして、ロングドレスを着たガラの主役のようなバラだ。

 

リフレイン・ノート refrain note 香水ソムリエ®ワード

| コメント(2)

120607トキノキ.jpg

Y 「・・・ところでいつもさとりさんを思い出す瞬間は、お気に入りの香水をつけた日の夜、お風呂に浸かった瞬間のかほりが大好きだと思うときです。これは何ノートというのでしょうか!?」

匂いのあるバラ ③ Scented Rose Garden

120605アンブリッジローズ.jpg

アンブリッジローズ。(Ambridge Rose)
まるでおとぎ話の本から出てきたようなプリンセスなバラ。 

バラらしい強い香り。シトロネロールとゲラニオール。

ニンフェオ ミオ Ninfeo mio

120604トマトのへた.jpg

2010年、2011年発売のマス・フレグランスをまとめてみる機会があった。

この2年で発売された200点余りのリストの中から、名前を見ただけで見る気のなくなるものをはずし、50点をチェック、その中で面白かったものを記憶のために書き留めておく。

ノイバラ 野ばら Rosa multiflora

120605ノイバラ.jpg

 

野ばらの詩

わらべはみたり 野なかのばら 清らに咲ける その色めでつ

あかずながむ くれないにおう 野なかのばら

今でもそらで歌える、小学校の唱歌。
でも、この野ばらの詩の節は二つあって、少し歌詞が違ったような気がする。

河津桜のさくらんぼ cherry

120603チェリー1.jpg

桜の花が終わり、さくらんぼがなった。

直径1センチくらいの小さなさくらんぼ。
全部の桜がサクランボになるわけではない。

ソメイヨシノは実がならないか、あってもまれだ。

 

びわ Eriobotrya japonica

120602びわ2.jpg

今年もまたビワの季節がやってきた。

新宿御苑のビワの木。
どうしたわけか、今年は大きなほうの枇杷の木は不作。
去年は無数になったビワの実をつつきに、10mはあるこの大きな枇杷の木にたくさんのカラスが群がっていたのだが、今年は静かだ。

亀ダッシュ すっぽん soft-shelled turtle

120601すっぽん1.jpg

 「今、新宿御苑で珍しいものを見た!」

思わずツイッターでそうつぶやいた。
道の真ん中に「スッポン・・・・・。」

それは今週の初めのこと。
人気のない新宿御苑で、朝一番でバラを見に行こうと歩いていて遭遇した。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ