Parfum Satori

2012年3月アーカイブ

三月さくら オカメ桜 2012 新宿御苑 sakura

120331オカメザクラ2.jpg

この桜は少し濃いめのピンク。
「オカメ」という。


 

心温まる春の花、サンシュ/新宿御苑 sanshu

120330サンシュ2.jpg

サンシュユと桜が咲くと、「野も山ものどかな春の景色」といった風情のピンクと黄色。

さすがに今日は空気が緩んで、花曇りの下で春の花が咲いている、新宿御苑。
明日からの花見客に備え、門の警備は慌ただしかったけど、中の道は静か。

風の音がさやさやと木々を揺らすばかり 。。。

和紙の素材 ミツマタ 三又 mithumata

120327三俣.jpg

コウゾと並んで、和紙の原料として使われるミツマタ。
木の枝が三つの股に分かれているから、「みつまた」という。

ラッパスイセン 黄色い水仙 Narcisse

120329ラッパズイセン.jpg

白い日本水仙は終わり、黄色のラッパスイセンが開きはじめると、春も本番という感じがする。
これから、次々と咲く花を追いかけるのに忙しい忙しい。

野の花② ハコベ ホシノヒトミ  hakobe

120327はこべ.jpg

まあどうでしょう、こんなに愛らしいハコベ。

白い花はうすみどりの柔らかいマントにくるまれて、まだつめたい風から身を守っている。

 

黄色のミモザ アカシア mimosa Acacia

120326ミモザつぼみ.jpg

代々木駅から紀伊国屋書店に行く途中、小さな広場にミモザ(アカシア)の木が何本かある。

ここのミモザは背が高いフサアカシア。
ちょうど今、咲き始めたところだ。

フサアカシアの葉の雰囲気は、同じマメ科の合歓(ねむ)の木によく似ている。
羽根のように軽く柔らかい葉が、春の風になびいている。

野の花①ホトケノザ  新宿御苑の春

120323ホトケノザ.jpg

小さな雑草の花が咲いている。

ホトケノザ、ホシノヒトミ、ささやかな花に癒される。

 

泣こう

120311春の小川.jpg

四方から受けるストレス

何気ない言葉がきつく感じる

私だけが頑張っている

そんな固く締まった冬の心

椿 つばき カメリア 新宿御苑

120323ツバキ赤新宿御苑.jpg

椿は陰樹。
あまり日当たりのよくない場所によく植えられる。

新宿御苑でも、薄暗い森の中にある。
大輪で華やかなのに、暗い感じがするのはそのせいだろう。

ようやく、梅の開花 新宿御苑2012

120322梅 新宿御苑.jpg

こんな日をずーっと待ちわびていたけれど、ようやく春の陽気になって梅がだいぶ咲いてきた。
本当に待ちくたびれてしまった。

サンダルウッド 白檀 sandalwood 香料

120321サンダルウッド.jpg

サンダルウッド(白檀)は香水のラストノートとして重要な素材である。
この木材の芯の部分を水蒸気蒸留して香料を得る。

 

サンダルウッドは東南アジアに生息する木で、他の植物に寄生して成長する。
成熟までは60年ほどかかり、木材から香料を得られるようになるまでに25年かかる。

さくらのジェラード

120320さくらのジェラード3.jpg

さくらのジェラード。

ピンク色のジェラードをひとさじ口に入れれば、ふんわりほどけるさくらの香り。

 

ホテルオークラ カメリア

 

▶パルファンサトリ 香水  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

➤日本の花。春の香り オードパルファン「さくら」

 

クリスマス・ローズ ヘレボルス

120319クリスマスローズ白.jpg

これから盛りを迎える新宿御苑のクリスマス・ローズ、まだつぼみもたくさんある。

 

クリスマス・ローズと言っても、バラの仲間でもない。
また、原種のヘレボルス・ニゲルは確かにクリスマスの頃に咲くのだが、最近一緒にクリスマス・ローズと言われるようになった、ヘレボルス・オリエンタリスは2月から4月頃まで咲きつづける。

カーターリースヒェン/グリム童話

番人小屋.jpg

グリム童話の中でも白雪姫、イバラ姫(眠れる森の美女)、灰かぶり(シンデレラ)などは有名だ。

また、3人兄弟のテーマはよく登場するが、このケースはほとんど末っ子が成功する。
ほかにも寓話(擬人化された教訓)であったり、勧善懲悪とか、苦労した末にハッピーエンドといったパターンの物語が多い。

しかし、愚かな人間の日常を描いて最後まで愚かなまま終わる、というような、何を言いたいのかよく分からない、ヘンな話はあまり知られていないだろう。

 

カーターリースヒェンもそんな話の一つである。

梅(うめ)と桜(さくら)の競演 新宿御苑

120315カンザクラ.jpg

ところどころ、カンザクラが見ごろを迎えている。
花つきがよく、濃い目のピンクがぎっしりという感じで咲く。

大きな花の小さなアヤメ 三寸菖蒲

120315三寸菖蒲2.jpg

今日の発見。背の低い菖蒲が咲いている。もう?

このところ天気がいいので、毎朝、新宿御苑へ行っている。
今日はまだ風が冷たいけど、日差しは春。だいぶ暖かく感じる。

日本水仙 房咲き 八重 ナルシス

120314スイセン2.jpg

私の花好きを知って、いつも自宅の庭の花を持ってきてくださる方がいる。
この日は水仙の束をいただいた。

ウインドウと、ドレッサーの前に分けてさくっと活けてみる。
とってもいいにおい。

 

レストラン KITANO 平河町・永田町

| コメント(1)

120313北野アームズ1.jpg

地下鉄永田町駅出口から徒歩1分、アパートメントホテル「北野アームズ」の1階レストランKITANO。 

ランチはいつも永田町の人たちでいっぱいだが、夜はゆったり。
二人で静かに過ごしたいなんていう時にはお勧めの場所。

マカロン・ラスク

120310アオキ.jpg

SADAHARU AOKIのマカロン・ラスクというのかな?
お土産でいただいた。

いつものように半分くらい食べたところで、写真をとることを思い出した。
シャメだから色がきれいではないが・・・。

さくらのかおり

12110311sakura2.jpg

春色の桜が咲くにはもう少し。

でもオシャレはいつも、前倒しだから。

白いはなびらが重なってうすべに色に染まる・・・。私たちを慰めてくれる優しい花。


一足先に、春を自分のものにする。
ふんわりした甘い花の香りは、匂い袋に変化していく。

日本の花。春の香り オードパルファン「さくら」


 

ひよどり ヒヨドリ 新宿御苑探訪

  120310ヒヨドリ1.jpg

はじめてひよどりの写真を撮った。

御苑の中は道が入り組んだり、分かれたりしている。
地図は持たないで気の向くままあっちこっち、、熟知しているつもりでふと方向感覚を失うことがある。
そんなときはところどころの立て看板を見て歩く。

見てるつもりで気付かないことも多い。
昨日もあったはずなのに、今日初めて知ることがある。
ばったり出会った植物や鳥たち。

どこかでギアがかみ合って、会う準備ができたということだ。

 

春の駆け引き

120309雨ぞら.jpg

優しくするから

気を許したら

また突き放されて

冷たくされて

ゆめほたる 夢ホタル

 120309ゆめほたる.jpg

 

水辺の草にとまるホタルみたい・・・。

柔らかく細い緑の茎に、黄色い毬のような花が、ポンポンとさく。


 


2012年の梅とメジロ 新宿御苑

120307メジロと梅3.jpg

東京は本当にこの2日間あたたかくなって、体がとっても楽ちんだ。

しっとりと湿りを帯びたあたたかい空気が、寒さで固まった体を優しくいたわる朝の新宿御苑。

気温ひとつで体調が断然違い、肩のこわばりがふんわりほどける。
 

アミガサユリ バイモ ぐるぐる②

120306ばいもゆり.jpg

緑の網目筋が入った小さなアミガサユリの花。
バイモともいう。
花の付け根からしゅるんとした細い葉が伸びて、先がくるりと反転する。

この「くるくる」で他のものに巻きついて体を支えるのかと思うが、アミガサユリが地面から生えている写真をみると、自立しているようだ。

まきひげ ぐるぐる らせん うずまき 春のブーケ

120305春のブーケ.jpg

まきひげ、ぐるぐる、らせん、うずまき

お豆のひげは、からむところがなかったら、どんどん伸びて自分に巻きついていく。

カンザクラ 寒桜 sakura

120304カンザクラ.jpg

 

カンザクラ(寒桜)のつぼみが一杯に膨らんでパラパラと咲き始めた。

ためらいがちに、開いたさくら。

 

福寿草(ふくじゅそう)② 晴れの日の新宿御苑

120303フクジュソウ.jpg

雨上がりの福寿草、ほら、笑った。

 

福寿草(ふくじゅそう) 曇り空の新宿御苑

120302フクジュソウ1.jpg

昨日とうって変わって雨もよいの朝。
新宿御苑に行くのやめようかな・・・。

 

迷ったが「ちょっとだけでも」と結局行くことにした。
雨が降りそうなので一番に日本庭園の梅を見にいく。

ジベルニー(Giverny) フランス

120301ジベルニー.jpg

おととい新宿御苑にいったとき、ジベルニー(ジヴェルニー)のことを思い出して書いたので、以前に撮った写真を載せてみた。

モネは花を愛し、自分の庭を維持するために絵を描いて売ったという。
「モネの庭」という写真集そのままの景色。

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

本店を移転いたしました!<br/>@六本木ショップ/アトリエ

本店を移転いたしました!
@六本木ショップ/アトリエ

「パルファンサトリは、本店を六本木に移転いたしました!
新しいショップ&アトリエでみなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

上質なくらしの色と香り<br/>紺白

上質なくらしの色と香り
紺白

光をふくんだリネンのように柔らかく癒されるこの香りは、男女を問わず、お着けいただくことができます。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

 「レフィル10」商品のご紹介     お買い物

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

カテゴリ

月別 アーカイブ