Parfum Satori

ほおずきチェリー「なでしこ」 食用のホオズキ

111015ほおずきチェリー3.jpg

ほおずきチェリー「なでしこ」という、食用のホオズキ。

デパ地下の野菜売り場で売っていた。
和紙にくるまれた果物かしら、と思ったら、なんとホオズキだった。

フルーツトマトのような大きさで、色はみかん色。
きちんと箱につめられてなんとも愛らしい。

思わず買ってしまった。

つまんで実をかいでみると、酸味のあるフルーティな香りがしてくる。
発酵したお酒のような匂いもある。

かすかにバニラのような甘さと、白い花の匂いもする。

口の中に生のままほおばる。
皮がプチっとはじけて、なかからフルーツトマトとパッションフルーツを合わせたような、やや青味のある酸っぱいお味が広がる。
種のぷちぷちとした触感も面白い。

ビタミンがたっぷりという感じだ。

ちょうど教室の生徒さんが来ていたので、それぞれ感想を聞いてみた。

「チェリーとプラムを足したみたい。みかん?」「何かの味に似ている・・・いちぢくの種」「ややえぐみがあるけど、さわやか」「キウイのまんなかのところ」「後口がバニラみたい」

などなど。

111015ほおずきチェリー2.jpg

ほおずきと言えば、よく熟れた赤い実をもんで、そっと中の種をとりだし、口の中で鳴らしたりして遊んだ。

どちらかといえば観賞用。
夏にお盆の飾りとして使うもので、食べるなんて考えなかった。

が、ヨーロッパで食用のほうずきは親しまれているらしい。

1110145ほおずきチェリー1.jpg


とにかく、このカラにとっても価値がある。

カラから外してしまうと中身もただのプチトマトみたいだし、食べてしまったらカラはただのカラだし。

天ぷらにしたり炒めたり、熱を通すともっと甘さが増すそうだ。
はずしたカラにもどしてお皿に盛りつけたら、なかなかおしゃれな一品になりそうだ。

➤おすすめ商品  淡く優しい日本の桜。 オードパルファン さくら

▶パルファンサトリ 香水  "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)"

南仏コートダジュールの夜明けや夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む...そんな美しい情景を香りに託しました。
目を閉じて香りをまとうと、心にやさしい色と輝きがひろがり、新しい旅へと誘われる...。
ニュアージュローズは人生の喜びや美しさを情緒豊かに感じる女性のための香りです。

ツイッターやってます。 parfumsatori

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ