Parfum Satori

十六夜の月(いざよいの月)

20110913十六夜.jpg

 

昨日は十五夜だったから、今日は十六夜(じゅうろくや、いざよい)である。
ほぼ満月に近い。

 

 

十五夜より少し遅い月の出なので、それが躊躇(ためら)っているようにいざよう。
ということから「いざよい」となったそうだ。

なんと風情のある言葉。
日本には、月を表す言葉がたくさんある。
行事も、いろいろあるようだ。

それだけ、月とともに生きてきた文化があるのだろう。

 

新月から二日目の既朔(きさく)、三日月、7日目と21日目は細い弓張月(ゆみはりづき)、十三夜月、小望月、

十五夜の満月からは、十六夜(いざよい)、17日目の立待月(たちまちづき)、18日目の居待月(いまちづき)、19日目の寝待月(ねまちづき)、20日目は更待月(ふけまちづき)、と言う。

立って待ったり寝て待ったり、少しづつ月の出が遅くなり「早く出てこないかな」、という気持ちの表れが感じ取れる。

 

20110913十六夜2.jpg

2011年9月13日夜7時過ぎ。東の空に出てきた十六夜の月。

雲が少しかかっている。

煌々と照らす満月は人々を魅了するが、その明るさはもののけのようでもあり、逆に魔を祓うようでもある。

 

それにひきかえ、「月に雲」は、景色の変化に趣(おもむき)がある。

「雲がなければ嫌で候」(くもがなければいやでそうろう)
と言った利休より前の茶人は誰だっけ?

武野紹鴎だったかな?(村田珠光だ。)

この情緒を味わえるのは、日本ならではの感性かと・・・。

 

 

シンプルなシルクのシャツに、パールのネックレスをさらりと着けた美しいひと。
月のきらめきのように細やかな光の粒子が、白いオーラとなって、その素肌から匂い立ちます。

パルファンサトリ ブラックラベル

 

パルファン サトリの香水は、すべてSATORI自身のオリジナル処方により調合された特別感のある香りです。「自分らしい香りを楽しみたい」「人と同じは嫌」という方にこそお試しいただきたいコレクションです。

パルファンサトリ・オードパルファンのご紹介はこちら

パルファンサトリ フェイスブックページはこちら

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ