Parfum Satori

どしゃぶりの雨

 

110819.jpg

日本でも、熱帯のスコールのようなどしゃぶりの雨が、しばしば降るようになった。

先週までがうそのように、本当に急に涼しくなって、このまま秋になってくれたらいいなあ、と思う今日。

 

昨日は、家を出ようとしたら、にわか雲行きが怪しくなってきて、いきなり大粒の雨が降り出した。

駅までの3分だから、大丈夫かな?と思いつつ、しっかりとした雨支度をしないで傘一本で出たところ、こんどは駅を降りたときには土砂降りになっていて、水しぶきで景色が真っ白になっている。駅の改札では、少し小止みになるのを待つ人でいっぱいだ。

こちらは時間も迫っていたのでやむなくアトリエに向かったが、着くまでに半身びっしょり、靴もびしょびしょに。

初めはできるだけ濡れないように、水溜りを避けたりと気をつけていたが、そのうち抵抗むなしくなるにつれ、「どうでもいいや」と開き直りの気分になった。 

 

 

昔読んだエッセイに、こんなエピソードが載っていた。

同じ大学で運動部に入っている男子が二人。帰宅途中の駅で急に雨が降り出したとき、一人は「どうせ濡れるのだから」とシャツを脱ぎカバンにしまって雨の中に飛び出し、もう一人はカバンからレインコートを出してしっかりと着て、濡れないように帰った。数年後、シャツを脱いだ学生は商社マンとして世界中を飛び回り、レインコートの彼は銀行に勤めた。

どちらも適切な対応であって、考え方の差が、その後の生き方の違いにもなっていった・・・という内容だった。

 

誰が書いていたのかなあ?ちょっとできすぎだがありえそうな話ではある。

アトリエでスカートを絞り、靴をドライヤーで乾かしながら、そんなことを思い出したのであった。

 

 

 

◇関連記事   11/08/04  走り雨

▶関連記事 11/07/04 雨のにおい

▶関連記事 10/06/15 日本の香水とパリの香水 

 

 

▶爽やかなラフランス(洋梨)の香りから始まり、明るいローズとバイオレットの優しいトーン。ニュアージュローズこちら→Nuage Rose(ニュアージュローズ=バラ色の雲)

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り <br/> Mizunara -ミズナラ‐

最新作☆新緑の風と芳醇な樽の香り 
 Mizunara -ミズナラ‐

ミズナラの「新緑の風」と「芳醇な樽(たる)」の香りが組み合わされた、男性におすすめのフレグランスです。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ