Parfum Satori

2011年6月アーカイブ

キョウチクトウ 夾竹桃 新宿御苑

110630キョウチクトウ.jpg

今、白いキョウチクトウが咲いている。これは、南国の花プルメリアの仲間。

念ずれば花ひらく 坂村真民 ホオノキの下で

110629ホオノキの実.jpg

「念ずれば花ひらく」はホオノキを愛した詩人、坂村真民さんの詩だ。

クマバチの飛行 アジサイ 新宿御苑

110628くまばちとアジサイ.jpg

大きな羽音を立てて、クマバチが飛んでいる。アジサイの花に蜜があるとは?

あいきょう者のハクセキレイ 新宿御苑

110627新宿御苑の鳥.jpg

愛きょう者のハクセキレイ。新宿御苑でよく見かける小さい鳥だ。

幸せとよろこびに生れつく人あり

110626カンヌ.jpg

終わりなき夜に生れつく人もあり

 

 

牧野富太郎博士

110624植物知識.jpg

 

牧野富太郎博士は、たくさんの植物随筆を書いておられる。

植物が好き。牧野図鑑

110624ホタルブクロ.jpg

植物が好き。ごくありふれた草でも、じっと見ていればその形の不思議さ、自然の営みの偉大さに心打たれるものだ。

  

 

 

台湾 台北 2

110623台北鳥スープ.jpg

台北にて、ホテル近くのレストランで中華を食べる。


旅先ではどうしても、疲れが出て胃腸が働かない。

それで朝はおかゆを食べ、夜も軽めにしようと思ったのだが、いざ食べ始めたらおいしくて♪



上は鶏のスープ。上湯雛火敦翅(文字が見つからない)

あっさりして薄味で、おなかにとっても優しい。

 

110623台北豚肉いため.jpg

 これは、豚肉の細切り炒めを餅(ピン)にはさんで食べる。(青葱醤肉糸糸)

ちょっとこってりかと思ったけど、パリパリの皮が香ばしくって、ついたくさん食べてしまった。


中華はどこで食べても、味付けは少し甘めで、辛め。

ニンニクとトウガラシが何にでも入っている感じ。



このあとも、豚の三枚肉をとろとろに煮込んで、万頭にはさんで食べる成都壜子肉(あてる漢字がないので、雰囲気)など何品か頼んでみた。


すごくおいしい・・・が、すぐにおなかがいっぱいになってしまい、思ったほど食べられなかった。やはり、胃はデリケート。 


翌日は有名なディンタイフォンに連れて行かれ、ショウロンポウを食べた。

新宿の近くのデパートにもチェーンがあるが、「台湾の本店ははるかに美味しい、味が違うんだ」と台湾の人が自慢するだけあって絶品。


これも、一つづつは小さいけど、いろんな種類が次々運ばれてくるので、すぐに満腹になってしまう。食べきれず残念だった。


ちなみに「ショウロンポウは一口で食べる」、という日本の常識は

「熱くて危険だから私たちはやらないよー」

と現地の人が笑っていた。


 


いわゆるデパ地下は、イートインやフードブティックが並んでいる。日本食も人気があるもよう。

麻布茶房というカフェや寿司、ドーナツ、クレープなど日本語の店も多数みられる。


日本という看板(ブランド)は好きだけど、中身は台湾仕様(好み)というのが成功の秘訣のようだ。


ま、フランス製のブランドチョコも、日本では味が違ったりなんて、どこでもなんでもそうだけど。。。

昨日も言ったように、三越は20件近く、阪急デパートやそごうなど、(日本ではちょっと終わった感のあるデパート)がたくさん。


上の階には当然、ユニクロやMUJIといった日本のブランドも人気がある。 


 

110623台北muji.jpg

滞在中、爪が壊れたのでネイルサロンでバイオジェルをしてみた。

ホテル隣の阪急デパートの中、日本のチェーン店だった。


台湾でもネイルアートが人気だそう。

見本のチップは色合いなどちょっと日本とテイストが違うけど、仕事はとても丁寧で値段は半分くらい。


若いきれいなお嬢さんたちは日本で研修をし、資格をとったそうで、日本語も上手。お祖父さんが話せるという人もいた。


今、80歳くらいの人はみな日本語ができる。その時代は日本語教育が学校でされていたからだ。


ちょっとしゃべったところでは、日本大好き、渋谷の109は人気だという。(私が日本人と言うこともあって?)



限られた場所しか言ってないけど、街は清潔だし、人はおっとりとして優しい。

ちょっとのんびりでスローだけど。

110623台北101.jpg


写真は、台北101という高層ビル。101階あり、2008年までは世界一の高さを誇っていた。


このあたりは、少しモダンなファッションビルや、高級ブランドがたくさん入ったビルもある。

そういう場所はバーニーズやコンランショップなんかと変わらない。


台湾の普通のデパートは東京のデパートとはちょっと雰囲気が違う。

大きなスクリーンに映ったシュウウエムラのプロモーションビデオも、ややケバイ感じだ。

色、だけでなくて、映像が明るくて派手。


けど、中国で仕事をしている知人は、「台湾は全然中国じゃない、日本と変わらないよ」と言っている。

確かに、日本の中でも東京と地方のデパートでは差があるし。


こちらのお金持ちのマダムは、なぜか超ミニスカートをはいている人が多い。

お手入れして足に自信があるのかな。

私はお行儀が悪いから、ちょっと無理だな。(いや、年齢的にも無理でしょ)



タイ、シンガポール、クアラルンプール、マレーシア、香港、台湾。

子供のころに行ったきり。


あまりアジア圏を旅行していないけど。。。

うん、わずかでも、アジアの一部を感じてこれてよかった。



▶ パルファンサトリ おすすめ商品  みずみずしいグリーンが、澄んだ空気を深呼吸したような気分。

            オードパルファン 睡蓮(すいれん)パルファンサトリ


▶ パルファンサトリ おすすめ商品  春の湧水を思わせるシトラスの透明感のあるフレッシュな香り。

            オードパルファン 苔清水(こけしみず) 


▶ パルファンサトリ おすすめ商品  ただ爽やかなだけではない、ほろ苦い抹茶の香りです。

            オードパルファン 織部(おりべ) 


 

台湾 台北 1

  110622台北空港.jpg

台湾の台北に4泊して、昨晩東京に戻ってきた。これは到着時の台北空港で撮影。

マザーロード66

| コメント(1)

110107MR66ミニとフル.jpg

 

6月20日月曜日の読売新聞夕刊東京版にパルファンサトリの香水マザーロード66が5段抜きで出ています。もし機会がありましたらご覧になってみてください。

http://www.parfum-satori.com/jp/collection/motherroad66.html

カシワバアジサイ

110619カシワバアジサイ1.jpg

カシワバアジサイは、普通の萼アジサイを中心からずずーっと引っ張って、円錐状にしたような感じ。

チロリアンランプ アブチロン

110618チロリアンランプ.jpg

アブチロンなんて、薬の名前みたいだけど、チロリアンランプのほうがお似合い。

びわ、枇杷、ビワ

110617びわ2.jpg

ピンポン玉くらいの枇杷(びわ)の実がなっている

雨後のキノコ

110615キノ2.jpg

 

雨後の筍ならぬ、雨後の茸。夕べの雨でしっとりした新宿御苑の広い芝生に、早朝、小さな傘を持つ白いキノコが。

 

クロユリ 黒百合

 110614くろゆり2.jpg

  クロユリは、変わった雰囲気ですてき。

 

 

 

玉川上水・内籐新宿分水道と新宿御苑

110615ギボシ.jpg

玉川上水と新宿御苑が関係あるなんて知らなかった。

玉川上水・内籐新宿分水道というんだって。


 

青山スパイラルマーケット stationery

110613スパイラルマーケット.jpg  

日曜日、青山スパイラルマーケットでstationeryのお買いもの♪

梅雨とアジサイ あじさい 紫陽花

110610青額アジサイ.jpg

あじさいの花は、思い出の中で梅雨とカタツムリとセットになっている。

タイサンボク 大盞木 百蓮木  泰山木

110611タイサンボク1.jpg

タイサンボクは、「泰山木」ではなくて、本当は「大盞木」と書くそうだ。

ショッキング エルザ・スキャパレリ /Elsa Schiaparelli 1936

110604スキャパレリ ショッキング1.jpg

ショッキングという名の香水。エルザ・スキャパレリ 1936

明治神宮奉納盆栽展 BONSAI

110608ボンサイ展.jpg

明治神宮内殿の回廊で、奉納盆栽展をやっていた。

モンシロチョウ 御苑の生き物

 

110607モンシロチョウ.jpg 

都会ではあまり見かけなくなったモンシロチョウも、緑の多い新宿御苑や明治神宮ではよく飛んでいる。

ラ・コッコラ再び La Coccola

110608バーニャカウダ.jpg

 

味が忘れられなくて、イタリアンのラ・コッコラ(la coccola)に再び行ってきた。

菖蒲

110606菖蒲2.jpg

明治神宮御苑の中の菖蒲園、ハナショウブ。今2分咲き。

 

アンティークのレタースケール、秤(はかり)

110528手紙の秤.jpg

手紙を量るレタースケール。アンティークの秤。

青嵐

110603青嵐.jpg

青嵐、青葉のころ吹くさわやかな風。

巨大な花 タイサンボク 泰山木

110603タイサンボク2.jpg

 

赤ちゃんの頭ほどある巨大な花、タイサンボク。新宿御苑で。

名残惜し・・・。バラの盛りを過ぎて 新宿御苑

| コメント(2)

110601ジュード ジオブスキュア ローズ.jpg

今日のジュードジオブスキュア。まるでルドゥテ (Pierre-Joseph Redoute)の図鑑のような美しさ。名残惜し・・盛りを過ぎたけど、まだまだきれいな新宿御苑のローズ 

パフューマー・大沢さとり

「パルファン サトリ」は、フランス調香師協会会員・SATORI(大沢さとり)の香水ブランドです。コレクションはすべてSATORI自身の処方により調合された特別感のある香り。初めて香水を試される方や、外国の強い香水に疲れた方にもお勧めです。日本の気候と情緒に合う、優しくおだやかな香りをお楽しみください。

SATORI'S ピックアップ

パルファンサトリのオススメ商品や関連ブログ記事などをご紹介いたします。

六本木アトリエ・ショップのご案内

六本木アトリエ・ショップのご案内

みなさまのご来店を心からお待ちしております☆

東京都港区六本木3-6-8-2F

Tel 03-5797-7241

オードパルファン<br />SATORI(さとり)

オードパルファン
SATORI(さとり)

同じ重さの黄金より価値のある、最高の沈香木・伽羅の香りを表現したパルファン サトリの代表作品です。

ギフトに!お試しサイズ<BR/>10本レフィル

ギフトに!お試しサイズ
10本レフィル

ちょっとしたギフトに、10本レフィルA。パルファンサトリの香りを少しづつお試しいただけます。フルボトルをプレゼントする前に、二人で一緒に香りを選びましょう。3240円。

  「 レフィル」のご紹介 

フレグランスデザイン講座 <br/>パルファンサトリ

フレグランスデザイン講座 
パルファンサトリ

調香を学び、オリジナルの香りを作る講座です

抹茶の香り<br/>織部(おりべ)

抹茶の香り
織部(おりべ)

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりとした甘さが残ります。

>

カテゴリ

月別 アーカイブ